僕とロボコ

某『ジャンプ』作品が政権批判!? 攻めた時事ネタに驚きの声「危険すぎる…w」

日常会話において「政治と宗教と野球はタブー」と言われるが、とくに政治の話はトラブルを招きやすいもの。娯楽作品である漫画でも事情は同じで、デリケートな扱いが求められる。そんな中、6月21日発売の『週刊少年ジャンプ』29号でまさかの政権批判が繰り広げられ、大きな話題を呼んでいるようだ。 火種となったのは、宮崎周平によるギャ…

つづきを見る

“デスマンガ”の予言ふたたび!? 某『ジャンプ』野球作品に打ち切りフラグ

『週刊少年ジャンプ』で連載中の『僕とロボコ』というギャグ漫画をご存知だろうか。同作は名前を書かれた人間が死ぬ「デスノート」のごとく、作中でネタにしたものに不幸が訪れる〝デスマンガ〟ではないか…と囁かれている。6月14日に発売された「ジャンプ」28号でも、また新たなターゲットが生まれてしまったようだ。 「僕とロボコ」は、…

つづきを見る

コラボのたびに逮捕者… 某『ジャンプ』作品が“デスマンガ”だと話題に

ダークな内容ながら、異例のヒットを記録した漫画『デスノート』。名前を書かれた相手が死ぬデスノートを巡り、さまざまな人間模様が描かれた。最近、このデスノートとまったく同じ現象が、『週刊少年ジャンプ』の作品において発生。一部のファンから《デスマンガだ》と恐れられているらしい。 話題の渦中にあるのは、「ジャンプ」2020年3…

つづきを見る

『呪術廻戦』パロディ動画が話題!『僕とロボコ』作者の“呪術愛”が重すぎる

TVアニメ化をきっかけに大ヒットを記録している漫画『呪術廻戦』。日本だけにとどまらず、アジア圏での人気も高く、ネクスト『鬼滅の刃』との呼び声も高い。そんな話題作をめぐって、ネット上ではとあるパロディ動画が出回っているらしい…。 その動画はアニメ「呪術廻戦」第1期のED映像をモチーフとしたもの。制作を行ったのは、ジャンプ…

つづきを見る