元ネタ

実はテキトー!?『シン・エヴァンゲリオン』の専門用語を紐解いたら意外な結果に…

今年3月に公開され、ついに興行収入77億円を記録した『シン・エヴァンゲリオン劇場版』。「エヴァンゲリオン」シリーズといえば、劇中に登場する難解で衒学的な用語が作品の大きな魅力だ。しかし同作に関しては、専門用語の決め方が案外テキトーだとファンの間で話題になっている。 最初にファンからツッコまれたのが、ヴンダーがネルフ本部…

つづきを見る

『ウマ娘』との共通点も!?『みどりのマキバオー』のモデルになった名馬たち

ここ最近、実在の競走馬をモデルとしたゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』が大ヒットを記録している。同作をきっかけとして、歴代の名馬たちに関心をもつ人も増えているようだ。 とはいえ、競馬をモチーフとした作品はなにも「ウマ娘」だけではない。1990年代に連載された競馬漫画『みどりのマキバオー』も、競走馬をモチーフとしたキャ…

つづきを見る

『チェンソーマン』マキマ“祈祷”の元ネタは? 作中に散りばめられた映画オマージュ

いつの世も、優れたクリエイターは他人の作品に感銘を受けて名作を生み出すもの。大人気漫画『チェンソーマン』の作者・藤本タツキの場合は、その対象が「映画」だったらしい。彼はかなりの映画マニアであり、主人公・デンジがサメの魔人と共闘するシーンが「どう見ても『シャークネード』だ」と話題になったこともある。 同作では他にも数多く…

つづきを見る

『チェンソーマン』藤本タツキは“引用の悪魔”!? キャラの魅力を紐解く映画たち

現在もっとも勢いのある漫画の1つとして、誰もが『チェンソーマン』の名前を挙げる。同作は謎めいた世界観や予想不可能なストーリー展開によって、熱狂的なファンを生み出してきた。作中には「チェンソーの悪魔」の力をもつ主人公・デンジを始めとして、個性豊かなキャラクターたちが登場する―。 というのは、いかにもありきたりな作品紹介。…

つづきを見る

『PUI PUI モルカー』“AKIRAオマージュ”に歓喜の声!「摩擦煙に敬意を感じた」

SNS上で話題になっているフェルトアニメ『PUI PUI モルカー』(テレビ東京系)第8話が、2月23日に放送された。作中で、歴史的傑作アニメ『AKIRA』を彷彿とさせるシーンが登場し、歓喜の声が続出している。 今年1月に放送が始まった『PUI PUI モルカー』の舞台は、モルモットが車になった世界。普通の車は登場せず…

つづきを見る