呪術廻戦

『呪術廻戦』乙骨憂太の登場にツッコミ! 即退場もあり得る…?

  『呪術廻戦』の乙骨憂太といえば、前日譚の主人公で、作中随一の人気キャラ。最近の本編登場後から大きな話題を呼び、ツイッター上でトレンド入りを繰り返してきた。2月22日発売の『週刊少年ジャンプ』12号では、乙骨の伝説に新たな一ページが加わったようだ。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています 最新話となる第1…

つづきを見る

アニメ『呪術廻戦』19話バトルシーンに驚愕! 一流アニメーターの妙技が海外でも話題

  まるで劇場アニメのようなド迫力のバトルを描いてきたアニメ『呪術廻戦』(MBS/TBS系)。2月19日放送の19話『黒閃』では世界レベルのアクションシーンが描かれ、国内外で大きな反響を巻き起こしている。 ※アニメ『呪術廻戦』最新話の内容に触れています 「呪術高専」東京校と京都校の交流会が行われている最中、突…

つづきを見る

アニメ『進撃の巨人』第10話“深夜”に脅威の視聴率! オワコン説を完全払拭

  2月14日に放送されたアニメ『進撃の巨人 The Final Season』(NHK)第10話の視聴率が2.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが判明。深夜アニメにも関わらず、高視聴率を記録して話題になっている。 ※アニメ『進撃の巨人』最新話の内容に触れています 第10話で描かれたのは、…

つづきを見る

『呪術廻戦』がジャンプの看板に!?『ONE PIECE』越えの“掲載順”が話題

  2月15日に発売された『週刊少年ジャンプ』11号の〝掲載順〟が、ネット上で大きな話題になっている。 『ジャンプ』11号の巻頭カラーは、原作・鎌田幹康、作画・福井あしびによる新連載『クーロンズ・ボール・パレード』。その次は芥見下々の『呪術廻戦』、その次に尾田栄一郎の『ONE PIECE』、堀越耕平の『僕のヒ…

つづきを見る

『呪術廻戦』新キャラが市丸ギンっぽい!? 風評被害に『BLEACH』ファン激怒

  あらゆるヒット作に一人は存在する、京都弁のキャラクター。バトルマンガではミステリアスな〝強キャラ〟である場合が多く、熱烈なファンが付きやすいのが特徴だ。2月15日発売の『週刊少年ジャンプ』に掲載された『呪術廻戦』の最新話にも京都弁をあやつる新キャラが登場し、読者の関心をかっさらっている。 ※『呪術廻戦』最…

つづきを見る

『呪術廻戦』アニメで意外な設定が明らかに! 原作ファン驚愕「驚きを禁じえない」

  呪術師と呪霊との壮絶な戦いを描くアニメ『呪術廻戦』(MBS/TBS系)の最新話が、2月12日に放送。原作ファンが予想もしていなかった設定が明らかとなり、ネット上で大きな反響を巻き起こしている。 ※アニメ『呪術廻戦』最新話の内容に触れています 第18話「賢者」では、呪術高専東京校の伏黒恵と京都校の加茂憲紀が…

つづきを見る

『呪術廻戦』休載でジャンプが“合併号”扱いに…「だからタイムラインが静かなのか」

2月8日発売の『週刊少年ジャンプ』10号は、作者・芥見下々の急病によって『呪術廻戦』が休載に。漫画ファンからは「先週が合併号」といった心無い声があがっている。 コミックスのシリーズ累計売上が2500万部を突破するなど、間違いなく『ジャンプ』の看板のひとつになった『呪術廻戦』。もはや〝ネクスト鬼滅〟という二つ名を飛び越え…

つづきを見る

アニメ『呪術廻戦』作中最大の“百合”展開! クソデカ感情爆発の『BLEACH』イズム

2月5日深夜に放送されたアニメ『呪術廻戦』(MBS/TBS系)の最新話で、作中最大となる〝百合シーン〟が登場。濃密に絡み合うヒロインたちの様子に、ネット上で歓喜の声が巻き起こっている。 ※アニメ『呪術廻戦』最新話の内容に触れています この日に放送された第17話「京都姉妹校交流会-団体戦3-」では、呪術高専東京校と京都校…

つづきを見る

『呪術廻戦』パロディ動画が話題!『僕とロボコ』作者の“呪術愛”が重すぎる

TVアニメ化をきっかけに大ヒットを記録している漫画『呪術廻戦』。日本だけにとどまらず、アジア圏での人気も高く、ネクスト『鬼滅の刃』との呼び声も高い。そんな話題作をめぐって、ネット上ではとあるパロディ動画が出回っているらしい…。 その動画はアニメ「呪術廻戦」第1期のED映像をモチーフとしたもの。制作を行ったのは、ジャンプ…

つづきを見る

『呪術廻戦』“乙骨先輩”登場でジャンプの売り上げ増加? 物語のカギは左手薬指の指輪か…

人の生み出した〝呪い〟をめぐって、呪術師と呪霊がバトルを繰り広げる漫画『呪術廻戦』。2月1日発売の『週刊少年ジャンプ』も爆裂的な盛り上がりを見せ、ツイッタートレンドを独占した。その中心には、〝乙骨先輩〟こと乙骨憂太の存在があった。 ※「呪術廻戦」最新話の内容に触れています センターカラーの第137話「堅白」には、なんと…

つづきを見る