呪術廻戦

『呪術廻戦』193話で禪院真希に死亡フラグ…? 呪霊直哉は五条vs甚爾のセルフパロディか

人気漫画『呪術廻戦』の第193話『桜島結界(3)』が、8月8日発売の『週刊少年ジャンプ』36・37合併号に掲載された。怪物となった禪院直哉と、別の意味で怪物クラスな禪院真希による戦いが白熱しているが、そこで不吉なフラグを浮かび上がることに…。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています ここ数話の展開を振り返ると、死亡し…

つづきを見る

『ジャンプ』史上最強キャラは誰!? 孫悟空に勝てるのは…

漫画好きが集まると、必ずと言っていいほど「どのキャラクターが一番強いのか」という話題になるもの。とくに『週刊少年ジャンプ』の作品には戦闘力の高いキャラが多数いるため、議論が紛糾しがちだ。本稿では、そんな難題に1つの結論を出そうと思う。 「ジャンプ」に伝説を残した猛者たち 最強キャラ議論において、まず名前が挙がりやすいの…

つづきを見る

『呪術廻戦』の“BLEACH化”が加速!? 192話に「破面篇みたいになってる」

漫画『呪術廻戦』を代表するクズイケメンとして人気の禪院直哉。8月1日発売の『週刊少年ジャンプ』35号に掲載された第192話『桜島結界(2)』では、そんな彼がさらなる“変態”を遂げ、読者たちが大盛り上がりしている。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています 巨大な芋虫のような呪霊と化してよみがえった直哉は、一目散に禪院真…

つづきを見る

ジャンプに“第2の呪術廻戦”誕生!?『ALIENS AREA』で五条悟風の上司が大活躍

『週刊少年ジャンプ』で今年6月から始まった新連載『ALIENS AREA』が、にわかに盛り上がりを見せている。メガヒット作品『呪術廻戦』を思わせる要素によって、心をつかまれる読者が急増しているのだ。次なる“覇権”として羽ばたけるだろうか。 ※『ALIENS AREA』最新話に触れています 同作の主人公・立浪辰己は、宇宙…

つづきを見る

『呪術廻戦』禪院直哉イモムシ化は名著が元ネタ?「カフカの『変身』を思い出した」

『呪術廻戦』ファンの間で圧倒的な人気を誇るキャラクターが、7月19日発売の『週刊少年ジャンプ』33号でまさかの再登場を果たした。その姿はすっかり変わり果てているが、はやくもネタキャラとしての魅力が爆発しているようだ。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています 第191話『桜島結界(1)』では、鹿児島の桜島結界で「死滅回…

つづきを見る

『チェンソーマン』第2部主人公はキムタクが元ネタ? 沙村広明がジャンプ作家に与えた影響

『無限の住人』や『波よ聞いてくれ』などの大ヒット作を生み出し、ずば抜けた存在感を発揮している漫画家・沙村広明。画力や画面構成において天才的なセンスを誇っているが、その影響は『週刊少年ジャンプ』の人気作家たちにも及んでいたようだ。 「ジャンプ」を影で支える沙村広明 まず挙げられるのは、『チェンソーマン』第2部の開幕によっ…

つづきを見る

禪院直哉が呪霊化!?『呪術廻戦』190話に登場した“口の悪いイモムシ”が話題に

7月11日発売の『週刊少年ジャンプ』32号に、人気漫画『呪術廻戦』の第190話『東京第2結界(9)』が掲載された。ますます混迷を極めるデスゲーム「死滅回游」において、新たな敵が参戦し、その正体を探る読者が続出しているようだ。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています 東京で繰り広げられていた秤金次vs鹿紫雲一(かしも・…

つづきを見る

秤金次のキャラがブレブレ!?『呪術廻戦』189話で“頭脳派”に転向してしまう

6月27日発売の『週刊少年ジャンプ』30号に、『呪術廻戦』の189話『東京第2結界(8)』が掲載された。呪術高専3年・秤金次と400年前の術師・鹿紫雲一(かしも・はじめ)が激闘を繰り広げるなか、思わぬツッコミの声が飛び交っている。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています 電撃を操る鹿紫雲の攻撃によって、致命傷を負わさ…

つづきを見る

“禪院家の良心”もクズだった!?『呪術廻戦』禪院蘭太は善人面した差別主義者なのか…

『呪術廻戦』には闇の深い設定がいくつもあるが、その中でも“特級”に当たるのが禪院家。男尊女卑の忌まわしき風習がまかり通る家で、数々のクズ男を輩出してきた。今回は、クズの中の良心といわれている「禪院蘭太」の本性について検証していきたい。 作中では「好青年キャラ」を通したが… 蘭太は第150話にて、最初で最後の登場を果たし…

つづきを見る

秤金次の“4分11秒”が短すぎ?『呪術廻戦』188話は引き延ばし展開へのアンチテーゼか

6月20日発売の『週刊少年ジャンプ』29号に、『呪術廻戦』の第188話『東京第2結界(7)』が掲載された。秤金次と鹿紫雲一(かしも・はじめ)のスピーディーな戦闘シーンに、一部の読者たちは首をかしげてしまったようだ。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています デスゲーム「死滅回游」において、秤の前に立ちはだかったのは、電…

つづきを見る