城門まもる

中国からゲームとBLが消える日… 止まらない“文化弾圧”に不安の声

日本のアニメ・漫画文化が海外に浸透していく一方で、アジア圏ではさまざまなチャイナリスクが顕在化している。中国本土ではその問題がさらに過熱しており、「将来的にサブカルチャーが衰退していく」という予測が濃厚となっているようだ。 最近注目を集めているのは、8月3日に中国の国営経済紙に掲載された記事。その記事は若者の間で流行し…

つづきを見る

『ルパン三世』次元大介の声優に意外な共通点! 全員“ジオン軍人”だったことが話題に

今年10月から放送予定のアニメ『ルパン三世 PART6』(日本テレビ系)で、次元大介役の声優が大塚明夫にバトンタッチされることが明らかに。このキャスト変更により、ゲームやOVAを含めると次元役の声優は歴代4人ということになるのだが、全員に不思議な共通点があるのだという。 大塚の前に次元役を演じていたのは、『妖怪人間ベム…

つづきを見る

『ガンダム』は風化しない!『エヴァ』『鬼滅』とは異なるコンテンツの力

「ガンダム」シリーズといえば日本を代表するロボットアニメだが、2015年から2016年にかけて放送された『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』を最後に、地上波アニメの新作は発表されていない。世間では「落ち目ではないか」という声も多いが、果たしてそれは真実なのだろうか? 落ち目という印象を生んだ背景としては、今年3月に…

つづきを見る

『東リベ』221話ドラケンに衝撃展開…!「絶望した」「鈴木達央のせい」と阿鼻叫喚

9月8日発売の『週刊少年マガジン』41号に掲載された漫画『東京卍リベンジャーズ』の最新話が、大きな話題を呼んでいる。最終ページにて人気キャラクター・龍宮寺堅(ドラケン)の衝撃的な姿が描かれたことにより、ファンの間でさまざまな憶測が飛び交っているようだ。 ※『東京卍リベンジャーズ』最新話の内容に触れています 読者を動揺さ…

つづきを見る

アニメ『ポケモン』は悪人に優しい世界? 第79話の展開に「モヤる」「それでいいの?」

9月3日の『ポケットモンスター』(テレビ東京系)では、ジョウト地方にある日蝕城(にっしょくじょう)を舞台としたエピソードを放送。そこで描かれた悪役の〝裁き方〟をめぐって、ネット上でちょっとした議論が巻き起こっている。 ※アニメ『ポケットモンスター』最新話の内容に触れています 第79話『月と太陽、コハルとハルヒ』では、サ…

つづきを見る

アニメ『ポケモン』78話が厄介オタクを助長?「タチ悪すぎ」「警察突き出せ」

8月27日の『ポケットモンスター』(テレビ東京系)は、何者かの手によってサクラギ研究所のデータが消されてしまう…というエピソードを放送。犯人の常軌を逸した行動原理に対して、視聴者から戦慄する声があがっている。 ※アニメ『ポケットモンスター』最新話の内容に触れています 第78話『狙われたサクラギ研究所!』では、サトシとゴ…

つづきを見る

『ウマ娘』公式がゴリラに向けて注意喚起!“スクラッチゴリラ”とは一体…

8月18日、TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』の第11話~第13話を豪華特典とともに収録した『ウマ箱2 第4コーナー』が発売された。特典の1つとしてスクラッチカードが封入されているのだが、そこに記された〝意外な注意喚起〟が波紋を呼んでいる。 『ウマ箱2 第4コーナー』のスクラッチカードは、スマー…

つづきを見る

サンデー『双亡亭壊すべし』最終回! 鬼才・藤田和日郎が描いたテーマとは…

『うしおととら』や『からくりサーカス』で知られる藤田和日郎の漫画『双亡亭壊すべし』が、7月21日発売の『週刊少年サンデー』34号で最終回を迎えた。2016年から約5年にわたって連載されてきた人気コミックの完結に、読者からは感嘆の声が相次いでいる。 ※『双亡亭壊すべし』最終話の内容に触れています 同作は、大正時代から存在…

つづきを見る

『ONE PIECE』ゾロの勝率が微妙すぎる!?“戦闘員”の肩書はく奪か…

物語も佳境を迎え、ますます盛り上がっている『ONE PIECE』の「ワノ国編」。ルフィ率いる「麦わらの一味」はさまざまな強敵と激闘を繰り広げているが、とくに目立っているのがロロノア・ゾロだ。しかし一部の読者からは、「戦績が微妙すぎる」というツッコミが相次いでいる。 「ワノ国編」でゾロが戦ったのは、モブを除くとバジル・ホ…

つづきを見る

『ジョジョASB』は何故“伝説のクソゲー”なのか? 発売即ワゴン行きになったワケ

さまざまな人気作品のゲーム化を手掛けてきた『バンダイナムコエンターテインメント』。そのお粗末なクオリティーから炎上騒動を巻き起こすこともあり、大人気『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズの作品もクソゲー扱いされてしまったようだ。 とくに「ジョジョ」ファンのやり玉にあがっているのが、2013年8月に発売された『ジョジョの奇妙な…

つづきを見る