大上賢一

“世界1位”のVTuber・桐生ココが電撃引退! 運営に批判殺到「闇しか感じない」

6月9日、「ホロライブ」所属の人気VTuber・桐生ココが電撃引退することが明らかに。約120万のチャンネル登録者数を誇り、順風満帆な活動を行っていた矢先の発表だった。突然の引退にファンたちは大荒れしているようだが、一体彼女の身に何があったのだろうか? 桐生ココは〝異世界からやってきたドラゴン〟という設定で、2019年…

つづきを見る

アニメ『邪神ちゃん』韓ドラパロディで炎上!? 化石オタクに「時代が止まってる」と呆れ声

人気アニメ『邪神ちゃんドロップキック』のYouTube公式チャンネルにて、韓国ドラマ『梨泰院クラス』のパロディ動画が公開される模様。しかし偏った思想をもつ一部のアニメファンは、韓ドラパロディに猛反発しているようだ。 現在アニメが2期まで放送されている、何でもありな神保町ご当地アニメ(?)の『邪神ちゃんドロップキック』シ…

つづきを見る

『呪術廻戦』16巻“うずまき”が修正!「お叱りが入った?」と邪推する声も

6月4日に発売された『呪術廻戦』の16巻には、ホラー界の巨匠・伊藤潤二の『うずまき』をリスペクトして話題になったシーンが登場する。しかし『週刊少年ジャンプ』掲載時と比べてアレンジが加えられており、《さすがに怒られたのでは?》と邪推する読者もいるようだ。 問題のシーンが描かれたのは、最悪の呪詛師・夏油傑が「うずまき」とい…

つづきを見る

『ウマ娘』“ドケチ”プレゼントに賛否… ユーザーの心をもてあそぶ運営陣

今年2月24日のアプリリリースから勢いを増し続け、一躍大人気コンテンツへとのし上がった『ウマ娘 プリティーダービー』。ゲームだけでなく公式ツイッターも勢いを増しており、ついにフォロワーが100万人を突破した。それを記念してゲーム内でプレゼントが贈られたものの、ユーザーからは賛否の声が続出している。 今回の「フォロワー1…

つづきを見る

『ポケモン』“ダイパおじさん”激怒! リメイクパッケージに「パチモン感がすごい」

5月26日、「ポケモン」ファン待望の新作『ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』のパッケージデザインが公開された。しかし〝ダイパ世代〟のおじさんたちには不評だったようで、ネット上で「デザインがダサすぎる」と話題を呼んでいる。 同作は、2006年に発売された『ポケットモンスター ダイヤモンド・…

つづきを見る

ヤンジャン新連載もアンチヒーロー漫画…“正義=悪”が流行るのはなぜ?

5月27日に発売された『週刊ヤングジャンプ』26号より、アンチヒーロー漫画『イビルヒーローズ』が連載を開始。アニメ化もされた『怪物王女』の作者・光永康則が原作を手掛ける注目作品だが、ネット上では《またアンチヒーローものか…》などと賛否両論の反響を呼んでいる。 「明白な英雄は正義ではない」という衝撃的なキャッチコピーが入…

つづきを見る

『鬼滅の刃』複製原稿でもサンプル詐欺! 集英社の“言い訳”に購入者激怒で大炎上

『週刊少年ジャンプ』に連載され、日本を代表するコンテンツとなった『鬼滅の刃』。昨年10月に公開された『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』が興行収入400億円を突破するなど、今でも話題は尽きない。しかし明るいニュースの一方で、SNS上では同作をめぐる「サンプル詐欺」騒動が巻き起こっているようだ。 騒動の火種となっているのは…

つづきを見る

アニメ『スーパーカブ』主人公が“イキリバイカー”に!?「ちょっとキツい」と苦言殺到

美少女×バイクをテーマとした春クールアニメ『スーパーカブ』(TOKYO MXほか)に、視聴者から「主人公がイキり始めてて嫌い」との声が続出している。朴訥とした田舎娘だった主人公・小熊が、いつの間にか〝キリバイカー〟になってしまったという。 同作は「両親もいない、お金もない、友達もいない、趣味も将来の目標もない」という〝…

つづきを見る

『ウマ娘』にディープインパクト登場!? 社長の牝馬落札は実装への布石なのか

『株式会社サイバーエージェント』の代表取締役社長・藤田晋氏が、5月21日に2歳の牡馬を4億7010万円で落札。この牡馬がディープインパクト産駒であることから、ネット上ではディープインパクトのウマ娘化に期待が高まっている。 サイバーエージェントグループの『Cygames』が手掛ける『ウマ娘 プリティーダービー』において、…

つづきを見る

『ウマ娘』廃課金でも勝てない? 初の対人イベントが悲惨すぎる「つまらなくなった」

大人気アプリ『ウマ娘 プリティーダービー』で、初めての本格的な対人戦イベント『チャンピオンズミーティング タウラス杯』が終幕した。ユーザーの反応は千差万別で、「楽しかった!」と絶賛する人もいれば、引退を決意する人も。大会の結果によって、くっきりと明暗が分かれたようだ。 5月10日から18日まで行われた『タウラス杯』は、…

つづきを見る