女性

義両親と暮らすなんて絶対イヤ…「二世帯同居」を避けるべき理由とは?

現代においては、「結婚する=夫婦2人での生活をスタートさせること」だと認識している人が多いだろう。厚生労働省の「平成30年 国民生活基礎調査」によると、65歳以上で子ども夫婦と同居している人の割合は、年々減少傾向に。核家族化が進んでいることがうかがい知れる。 しかし世間には、「結婚したら何が何でも子ども夫婦と同居するべ…

つづきを見る

我慢するのはいつも私だけ…「身勝手な妹を甘やかす両親」が許せないという悩み

幼い頃は喧嘩を繰り返しつつも、それなりに上手くやっていけた「きょうだい」という存在。ところが、大人になってから揉め事を起こすと、埋められない溝ができてしまうことも…。とある掲示板では、身勝手な妹の振る舞いをめぐるトラブルが大きな話題を呼んでいた。 投稿者の女性は既婚者であり、実家にて両親と同居中。夫は養子縁組していない…

つづきを見る

「結婚を前提とした同棲」は破滅への道? 同棲が女性を不幸にする理由…

恋人と同棲するとなったら、後々のトラブルを避けるためにも双方の親に報告しておくのが無難。しかし、いざ同棲する旨を伝えると、思わぬ反対にあってしまうことも…。とある掲示板でも、「彼氏の親に同棲を反対されて困っている」という女性の書き込みをめぐって、さまざまな意見が出ているようだ。 投稿者は以前がんを患い、毎日一錠の薬を飲…

つづきを見る

「夫に帰って来て欲しくない…」 知らず知らずのうちに妻を蝕む『夫源病』とは?

笑顔があふれる家庭にしたい――。結婚する時は誰しもそんな風に思っているはず。しかし生活を共にするうちに、愛していた人がストレスの根源になってしまうこともある。とある掲示板では「夫と一緒にいると体調が悪くなる」というトピックが立てられ、女性たちの注目を集めているようだ。 投稿者は夫と結婚してから7年が経つという女性。夫が…

つづきを見る

地元に戻らない=親不孝!?“子離れできない親”との向き合い方

進学や就職、結婚をきっかけに親元を離れると、ふたたび親元に戻る際にはさまざまな問題が浮上する。一度築き上げた生活のすべてを手放さなくてはならないからだ。とある掲示板でも、母親から「地元に帰って来てほしい」と懇願されて悩む女性の書き込みが話題となっている。 投稿者の母親は、電車で2時間半、車で高速を使っても1時間かかる距…

つづきを見る

親子間で“性的ニオわせ”はNG!? お互いが不快にならないためのマナー

幼少期の頃まで、親はどんなことでも相談できる存在。しかし、思春期を迎えたあたりから少しずつ心の距離が生まれ、親に相談できない秘密も増えてくる。世間には、どこまで親に打ち明けるべきか悩んでいる人が多く存在するようだ。 とある掲示板では、恋人との肉体関係にまつわる投稿が大きな話題を呼んでいる。投稿者の女性はアラサーで一人暮…

つづきを見る

「結婚の時にまで格差があるんだ…」姉妹差別にうんざりする女性に“縁切り”のススメ

残念ながら、世の中には兄弟や姉妹の間で待遇に差をつける親が存在する。冷たく扱われた子どもは悲しみを抱え、最終的には親子の縁を切りたいとまで思ってしまうことも…。とある掲示板でも、“姉妹差別”にうんざりしている女性の書き込みがあり、たくさんのアドバイスが寄せられている。 投稿者は、昔から姉と格差をつけられていたという女性…

つづきを見る

アラサー女子に4℃のアクセサリーはNG? 一発で愛想が尽きる「地雷プレゼント」問題

カップルの間で愛を確かめ合うには、記念日やイベントの度にプレゼントを贈ることが必要不可欠。とはいえパートナーが何を欲しがっているのか察するのは、意外と難しいもの。よかれと思って選んだプレゼントによって、思いもよらない地雷を踏んでしまうこともあるようだ。 最近ではツイッター上で、アクセサリーブランド『4℃』の商品を贈られ…

つづきを見る

カラダの関係で心は救われない? 性欲にまみれた“地獄”を描いた漫画『少年のアビス』

「すごいことなんてない。ただ当たり前のことしか起こらない」。2000年代にカルト的人気を誇ったアニメ『フリクリ』に登場するセリフだ。ノストラダムスの大予言から約20年、世界中でパンデミックが巻き起こる現在でさえ、人々が生きているのは〝当たり前〟の日常。人生を一変させる出来事なんて起こらないし、自分がある日突然理想の人間…

つづきを見る

「育児してるのは私なのに…」 娘が“パパっ子”になってしまったママの切ない悩み

イクメンという言葉が定着しつつも、大半の家庭ではパパよりもママが育児を担当する時間の方が長いよう。食事の世話やおむつ替えなど、毎日のタスクが山積みでママはいつもてんてこまい。ところが、一生懸命育児に心血を注いでいるにもかかわらず、子どもが“パパっ子”になってしまう場合もあるようだ。 とある掲示板に寄せられたのは、自分の…

つづきを見る