封神演義

関智一、三木眞一郎、子安武人と共に活躍!『エヴァ』声優・結城比呂の現在は…

人気の浮き沈みが激しく、つねにスターが入れ替わっていく声優業界。1990年代から2000年代のアニメシーンを振り返ると、結城比呂が大活躍していたことが印象深い。その後、彼はどのようなキャリアを辿ったのだろうか。 さまざまな大ヒットアニメに出演 結城は、清らかなハイトーンボイスが持ち味の男性声優。女性にも引けを取らないほ…

つづきを見る

ジャンプ史上もっとも革命的な女性キャラ?『封神演義』人気を支えた妲己の魅力

『週刊少年ジャンプ』の名作漫画には、必ずといっていいほど魅力的な女性キャラクターがつきもの。その中でも異色の輝きを放っていたのが、藤崎竜の『封神演義』に登場した妲己(だっき)だ。なぜ彼女の存在は画期的だったのだろうか。 読者にトラウマを植え付けた悪女 「封神演義」は、古代中国の「殷」を舞台にした歴史SF。妲己が皇后とな…

つづきを見る

『NARUTO』ロック・リーで大活躍も…ジャンプ声優・増川洋一の現在

『週刊少年ジャンプ』作品で主要キャラクターを演じた声優は、世間から大きな注目を集めるもの。しかしその後、人気声優の座を維持することは決して容易ではない。今回は2000年ごろに活躍したジャンプ声優・増川洋一のキャリアについて振り返ってみよう。 増川は1999年、藤崎竜の人気コミックを原作としたアニメ『仙界伝 封神演義』で…

つづきを見る

アニメ『覇穹 封神演義』は何が悪かったのか… 待望のリメイク版も“超駄作”認定

藤崎竜の漫画『封神演義』といえば、1990年代の『週刊少年ジャンプ』で人気を博したレジェンド作品。その人気から2度にわたってアニメ化されたが、いずれもファンの期待を大きく裏切って大コケしている。とくに2018年のリメイク版『覇穹 封神演義』は、不評のあまり〝存在しなかった〟ことにする人も。一体何がそこまでファンの逆鱗に…

つづきを見る

ジャンプ作品は“クソゲー”の宝庫!? 原作ファンが頭を抱えた「迷作ゲーム」3選

『週刊少年ジャンプ』からは大ヒット漫画の数々が生まれており、ゲーム化された作品も少なくない。しかしクオリティーが必ずしもウェルメイドとはいかないようで、ファンから〝クソゲー〟認定されてしまうことも。今回はそんな「ジャンプ」発の迷作ゲームを3つご紹介していこう。 “ハズレ”を引いてしまった国民的漫画 <その1>『ONE …

つづきを見る