幽☆遊☆白書

実写版『幽☆遊☆白書』爆死確定? 桑原のキャスティングが“逆にアウト”な理由

漫画原作の実写化で鬼門となるのは、何よりもキャスティングの問題だろう。先日発表されたNetflix版『幽☆遊☆白書』に関しても、激しい議論が巻き起こっていた。しかし世間で取り沙汰されているのとは別に、桑原和真役のキャストは、とある問題点を孕んでいるようだ。 フツメンキャラにイケメンを抜擢 「幽☆遊☆白書」の桑原といえば…

つづきを見る

実写版『幽☆遊☆白書』は解釈違い!? ファン激怒の理由は“過去の栄光”が原因か…

Netflixにて、2023年12月に配信される予定の実写ドラマ『幽☆遊☆白書』。はやくも主要キャラクターのキャストが続々と発表されているのだが、ファンたちの反応は芳しくない。むしろ怒りを抑えきれない人も多いようだ。 『ジャンプ』の名作を実写ドラマ化 「幽☆遊☆白書」は、1990年から1994年まで『週刊少年ジャンプ』…

つづきを見る

『HUNTER×HUNTER』完全復活に必要なのは…? 冨樫義博が明かした現状に悲鳴

『幽☆遊☆白書』や『HUNTER×HUNTER』などで知られる漫画家・冨樫義博の展覧会『冨樫義博展 -PUZZLE-』が、10月28日から開催されることが決定。それに伴い、自身の近況を記した直筆メッセージも公開されたのだが、読者の間に大きな衝撃が走っている。 長期休載の末に明かされた衝撃の真相 冨樫は展覧会の開催にあた…

つづきを見る

飛影が“炎殺黒龍波”を…! ジャンプ史上最もかっこいい「瞬殺シーン」3選

バトル漫画にはいくつものお決まりが存在するが、その中でも少年心をくすぐられるのが敵を瞬殺するシーン。圧倒的な実力差によって、強敵と思われていた相手を一瞬にして葬り去る様はなんともクールだ。今回は数々の傑作バトル漫画を生み出してきた『週刊少年ジャンプ』から、少年漫画史に残る「瞬殺シーン」を振り返ってみよう。 冨樫義博が得…

つづきを見る

『SLAM DUNK』の“あきらめの悪い男”も! ジャンプの「ヤンキーキャラ」3選

ヤンキー漫画の総本山といえば『週刊少年マガジン』だが、『週刊少年ジャンプ』にもさまざまなヤンキーキャラが登場する。むしろ同雑誌のスローガンである友情・努力・勝利を体現する存在こそ、ヤンキーだと言えるだろう。そこで今回は、熱い生き様で読者を魅了したやんちゃな「ジャンプ」キャラについて語り尽くしていこう。 大人になって初め…

つづきを見る

『幽☆遊☆白書』の「四聖獣編」は面白い! マンガ通なら理解できる濃密な面白さ

『幽☆遊☆白書』といえば、1990年~1994年にかけて『週刊少年ジャンプ』で連載された冨樫義博の大ヒット作。今でも熱狂的なファンが多くいる漫画だが、物語序盤の「四聖獣編」については《唯一の汚点》《一番つまらないエピソード》といった扱いを受けている。しかし本稿では、漫画好きの視点で「四聖獣編」の名誉挽回を試みていきたい…

つづきを見る