打ち切り

ジャンプ『ブラクロ』が打ち切りに!? 唐突な超展開&掲載順に不安の声…

『週刊少年ジャンプ』で連載中の人気漫画『ブラッククローバー』に、ちょっとした異常事態が生じている。最新話にてシュールな展開が描き出され、打ち切りを心配する読者が相次いでいるのだ。 「ブラッククローバー」は、2015年から連載が続いている「ジャンプ」中堅漫画の1つ。中堅といってもTVアニメが長期にわたって放送されている上…

つづきを見る

ジャンプ打ち切りレースに『マッシュル』参戦!? 掲載順“ドベ1”でファン動揺

新たな作家の連載が始まると、掲載枠を確保するために漫画が打ち切られていく…。『週刊少年ジャンプ』では、つねに連載の存続をかけて熾烈な争いが繰り広げられている。そんな中、11月15日に発売された「ジャンプ」50号では、突如『マッシュル -MASHLE-』の掲載順が最下位に。ファンの間で心配の声が相次いでいる。 「マッシュ…

つづきを見る

ジャンプに“伝説の打ち切り漫画”爆誕!「俺たちの戦いはこれからだ!」が現実に…

かねてから打ち切りが囁かれていたファンタジー漫画『レッドフード』が、11月8日発売の『週刊少年ジャンプ』49号をもって完結した。そのラストシーンにて痛烈な皮肉が仕込まれており、漫画好きの読者たちを唸らせている。 ※『レッドフード』最終回の内容に触れています 「レッドフード」は、おとぎ話の怪物と戦う狩人たちの物語。主人公…

つづきを見る

ジャンプ漫画『レッドフード』打ち切り… 囁かれる「金未来杯の呪い」とは?

11月8日発売の『週刊少年ジャンプ』49号で、狩猟ファンタジー漫画『レッドフード』が最終回を迎えた。全18話、約4カ月での打ち切りという厳しい結果だが、巷では「金未来杯の呪い」ではないかと囁かれているようだ。 「金未来杯」は、編集部期待の新人漫画家が、読切漫画で争う企画。読者アンケートを最も多く集めた作品には、「ジャン…

つづきを見る

『ジャンプ』打ち切り率が改善? 豊作の2020年は「当たり年」か「暗黒期」か…

『週刊少年ジャンプ』では創刊以来、700作以上の漫画が生み出されてきた。しかし人気がなければ短期で打ち切る独特の体制によって、およそ500作以上が1年未満で終了したと言われている。ここ数年、そんな「ジャンプ」の打ち切り率にちょっとした変化が生じているようだ。 そもそも500作という数字には短期連載の漫画も含まれるだろう…

つづきを見る

ジャンプ打ち切り最有力『レッドフード』に熱視線! メタ&百合展開に「逆に面白い」

11月1日発売の『週刊少年ジャンプ』48号に、打ち切り秒読みが囁かれている漫画『レッドフード』の第17話『ホログラム』が掲載された。最新話ではメタフィクションや百合描写などがてんこ盛りで描かれ、読者から大きな注目を集めている。 ※『レッドフード』最新話の内容に触れています 人を襲う「人狼」と戦うべく、主人公のベローはそ…

つづきを見る

ジャンプ打ち切りレースに“矢吹神”参戦!? 群雄割拠の連載を生き抜くのは…

『週刊少年ジャンプ』において、毎週繰り広げられている打ち切りレース。読者人気が高ければ生き残り、そうでないものから終了していく…。そんな過酷な誌面において、次なる打ち切り候補についての議論が盛り上がっている。 現在打ち切り候補の筆頭とされているのは、川口勇貴の『レッドフード』と、比良賀みん也の『NERU-武芸道行-』。…

つづきを見る

ジャンプ『レッドフード』打ち切り寸前!? いきなりの“超展開”に心配の声「終わりそう」

10月18日発売の『週刊少年ジャンプ』46号に、おとぎ話をテーマにした狩猟ファンタジー漫画『レッドフード』の最新話が掲載。ここにきて〝超展開〟が始まったことで、「物語を畳みにかかっている」と察する人が続出しているようだ。 ※『レッドフード』最新話の内容に触れています 「レッドフード」は今年6月から掲載が始まった新連載。…

つづきを見る

ジャンプ打ち切り漫画『クーロンズ』番外編にツッコミ殺到「そりゃ打ち切りになるわ」

かつて『週刊少年ジャンプ』で打ち切りとなった漫画『クーロンズ・ボール・パレード』の特別番外編が、10月5日に『ジャンプ+』で公開された。野球漫画にもかかわらず、そのルールを根底から覆すようなミスがいくつも含まれており、読者からツッコミの声が続出している。 「クーロンズ・ボール・パレード」は、頭脳派キャッチャー・小豆田玉…

つづきを見る

ジャンプ打ち切りレース“ドベ5”が鉄板すぎる…「前回と同じ」「安定しすぎで怖い」

『週刊少年ジャンプ』の掲載順は読者アンケートの人気を反映していると言われ、次の打ち切り作品を予想する有力な根拠となる。普段の「ジャンプ」では多少なり掲載順が変動するものだが、最近はなんとドベ5の顔ぶれが固定化しつつあるという。 まず、下から1位2位を独占しているのが『レッドフード』と『NERU-武芸道行-』の2作品。「…

つづきを見る