打ち切り

ジャンプ『ビルドキング』最終話の“展開”がヤバイ…「伝説的な打ち切られ方」

4月12日発売の『週刊少年ジャンプ』19号で、ついに『BUILD KING』が最終回を迎えた。読者からは悲しみの声が広がる一方、その最後に驚きの声もあがっている。 『BUILD KING』は、『世紀末リーダー伝たけし!』やアニメ化もされた『トリコ』でお馴染みの漫画家・島袋光年による新作。人気ゲーム『Minecraft』…

つづきを見る

ジャンプ“打ち切りレース”に脱落者が…『仄見える少年』終了の理由とは?

4月5日に発売された『週刊少年ジャンプ』18号で、『仄見える少年』が最終回を迎えた。誌上の〝打ち切りレース〟に脱落者が出たとして、漫画ファンの間で話題になっている。 原作・後藤冬吾、漫画・松浦健人による『仄見える少年』は、「ジャンプ」2020年39号から連載されてきた霊怪ホラー漫画。主人公の少年・片儺木伊織は、霊怪を祓…

つづきを見る

『トリコ』連載中から“未来”は決まっていた? 島袋光年の予言が話題

『週刊少年ジャンプ』誌上にて、目下〝打ち切りレース〟の筆頭だと囁かれている『BUILD KING』。悪評が蔓延しているが、この未来を作者の島袋光年自身が予言していたとネット上で話題になっている。 注目を集めているのは、『トリコ』39巻の作者コメント。そこで島袋は、ポストに入っている住宅販売のチラシを見るのが好きだと明か…

つづきを見る

『トリコ』は今のジャンプで通用しない? 島袋光年の作風に厳しい声…

昨年11月から『週刊少年ジャンプ』で連載されている『BUILD KING』。3月29日発売の『ジャンプ』17号に最新18話が掲載されたのだが、その超展開に打ち切り予想の声が続出している。 同作の作者・島袋光年といえば、『世紀末リーダー伝たけし!』やアニメ化もされた『トリコ』で有名な漫画家。2008年から2016年にかけ…

つづきを見る

『ジャンプ』島袋光年の新連載が打ち切り? 怒涛の展開で「畳みに入ってる…」

3月15日に発売された『週刊少年ジャンプ』15号に、『BUILD KING』16話が掲載。その内容と展開に、漫画ファンから悲しみの声が広がっている。 同作の作者は島袋光年。『世紀末リーダー伝たけし!』や、アニメ化もされた『トリコ』で有名な漫画家だ。『トリコ』は、2008年~2016年まで連載され、当時『ジャンプ』の看板…

つづきを見る

『To LOVEる』作者が大ピンチ!? ジャンプのベテラン作家たちが苦戦中…

漫画の世界には〝この作者なら必ずヒットする〟という法則は存在せず、作品によって人気のムラが生じるもの。中には大ヒット作を手掛けておきながら、その後不作が続いてしまう作家も珍しくない。少年漫画のトップランナー『週刊少年ジャンプ』の作家たちも、例外ではないようだ。 本稿では、次なる代表作を生み出せずに苦戦しているベテラン「…

つづきを見る

今の『ジャンプ』は展開が早すぎ? 物語が進まない野球漫画に苦言殺到

3月8日に発売された『週刊少年ジャンプ』14号に、『クーロンズ・ボール・パレード』第4話が掲載。まだまだ野球をしない展開に、『ジャンプ』ファンはしびれを切らしているようだ。 同作は、原作・鎌田幹康、作画・福井あしびが手掛ける野球漫画。主人公の小豆田玉緒は、甲子園常連の『白凰学院』野球部に、捕手として入部することを夢見て…

つづきを見る

『ジャンプ』打ち切りレースの筆頭は…!? 中堅マンガの人気暴落が止まらない!

『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』など、数々のヒット作を生み出している『週刊少年ジャンプ』。しかし雑誌の中堅層では、打ち切りをかけて熾烈な争いが繰り広げられている。中には連載スタート時は好評だったにも関わらず、人気が右肩下がりとなってしまった作品もあるようだ。 連載当初に比べて勢いが落ちた中堅漫画として、よく挙げられるのが『夜…

つづきを見る

『ジャンプ』打ち切りレースに急展開? 実力派作家の新連載にピンチ続く…

3月1日発売の『週刊少年ジャンプ』13号に、島袋光年による漫画『BUILD KING』14話が掲載された。しかし、その掲載順を巡って、心配の声が続出している。 島袋といえば、『世紀末リーダー伝たけし!』やアニメ化もされた『トリコ』で有名な漫画家。『トリコ』は2008年から2016年までの長期にわたって連載され、当時は『…

つづきを見る

ジャンプ野球漫画“部員探し”展開! 試合をしないスポーツ漫画は打ち切り濃厚?

3月1日発売の『週刊少年ジャンプ』13号に、『クーロンズ・ボール・パレード』第3話が掲載された。その展開にジャンプ読者から、賛否の声が寄せられている。 同作は原作・鎌田幹康、作画・福井あしびが手掛ける野球漫画。気弱な優しい少年・小豆田玉緒は、甲子園常連の『白凰学院』野球部に、捕手としての入部を夢見ていた。しかし、入部試…

つづきを見る