打ち切り

ジャンプ作家がタブー破り!?“連載掛け持ち”疑惑浮上で大ピンチに…?

今年6月に『週刊少年ジャンプ』で始まった新連載『ALIENS AREA』の雲行きが、やや怪しくなってきたとのウワサが。掲載順の低迷によって、ファンからは打ち切りを心配する声が上がっているのだが、なぜ不調が続いているのだろうか。 ドベ一歩手前の大ピンチ 8月1日に発売された「ジャンプ」35号の掲載順は、下から『ドロンドロ…

つづきを見る

ジャンプ打ち切りレース“ドベ2”が激戦!? 迷走漫画の最下位争いが白熱

『週刊少年ジャンプ』では、連載の存続が読者アンケートで左右され、人気が低いほど掲載順が低くなるといわれている。7月25日発売の『週刊少年ジャンプ』34号では、そんな“打ち切りレース”の現状がまざまざと表れていた。 猛スピードで畳まれるストーリー 現在の連載陣で苦境に立たされているのは、大須賀玄の妖怪バトル漫画『ドロンド…

つづきを見る

ジャンプ打ち切りレース“ドベ3”生き残りがついに…『ドロンドロロン』やはり大ピンチ

『週刊少年ジャンプ』では読者アンケートが掲載順に反映されるというウワサがあり、最下位付近にある連載は“打ち切り”が懸念されている。最近では大須賀玄の『ドロンドロロン』がふるわない位置となっており、ファンたちが諦めムードに入っているようだ。 ※『ドロンドロロン』最新話に触れています 同作は主人公の佐々木ドラと、モノノケで…

つづきを見る

ジャンプ“サム8伝説”の立役者が異動!? 名物編集者の動向に注目するコア読者

7月4日に発売された『週刊少年ジャンプ』31号で、とある巻末コメントが注目を集めている。『地球の子』を連載中の神海英雄が、編集者の異動について明かしたのだ。その人物は過去にさまざまな名作、および迷作を手掛けてきた名物編集者だった。 「サム8」という伝説の立役者 神海が巻末コメントで明かしたのは、ときに「T口」と表記され…

つづきを見る

ジャンプ打ち切り漫画史に新たな伝説?『地球の子』が王道打ち切り展開に突入

『週刊少年ジャンプ』で連載されている神海英雄の最新作『地球の子』が、人気低迷によって打ち切りの危機に瀕している。しかもその内容が過去の伝説的打ち切り漫画を髣髴させるとして、一部で話題を呼んでいるようだ。 ※『地球の子』最新話の内容に触れています 7月4日発売の「ジャンプ」31号では、「地球の子」の掲載順が最下位に。読者…

つづきを見る

ジャンプ次の打ち切り2作品が確定? 不穏過ぎるフラグも浮上中

『週刊少年ジャンプ』では、次から次へと人気のない作品が打ち切られていくもの。そこで現在注目を浴びているのが、『ドロンドロロン』と『地球の子』の2作品だ。いくつかの根拠によって、読者の間では“打ち切りフラグ”が囁かれている。 低迷が続く2作の掲載順 大須賀玄の「ドロンドロロン」は2021年52号、神海英雄の「地球の子」は…

つづきを見る

ジャンプ次の打ち切り作品が決定!? 人気漫画家の『地球の子』に「刹那で忘れちゃいそう」

カルト的な人気を誇る漫画家・神海英雄が、またも打ち切りの危機を迎えている。現在『週刊少年ジャンプ』で連載中の『地球の子』が、長期にわたって低迷しているのだ。ここから挽回する術は残されているのだろうか…。 ※『地球の子』最新話の内容に触れています 同作は、惑星規模で繰り広げられる壮大なラブストーリー。ヒロインの佐和田かれ…

つづきを見る

ジャンプ打ち切りレースに新メンバー加入!? 中堅漫画『アンデラ』が大ピンチ

毎週、一部の漫画ファンたちを釘付けにしている『週刊少年ジャンプ』の打ち切りレース。6月13日発売の「ジャンプ」28号では、予想外の作品に“生き残りフラグ”が立ったようで、SNSなどでは驚きの声が相次いでいる。 『ドロン』は寿命が少し伸びただけ? 読者を驚かせたのは、大須賀玄の妖怪バトル漫画『ドロンドロロン』。妖怪を討伐…

つづきを見る

ジャンプ打ち切りレースに進展も…作者の“お気持ち表明”が炎上「もっと面白いもの描けます」

不人気作品が容赦なく打ち切られていく『週刊少年ジャンプ』。6月6日発売の27号では、これまで低迷していたギャグ漫画『守れ!しゅごまる』がついに完結を迎えることとなった。そして作者・伊原大貴の不用意なコメントもちょっとした火種になり、炎上してしまったようだ…。 『しゅごまる』パロディー漫画で大成ならず… 「守れ!しゅごま…

つづきを見る

ジャンプ打ち切りレースに進展!“ドベ3”最初の脱落者は意外な作品?

このところ、『週刊少年ジャンプ』では人気が低迷している連載陣が“ドベ3”として話題になっていた。そんな中、5月30日発売の「ジャンプ」26号で、ついに1つの作品が打ち切りを迎えることに。妖怪バトル漫画『アヤシモン』が無念の最期を遂げた。 ※『アヤシモン』最終話に触れています 同作は、アニメ化も決まったヒット作『地獄楽』…

つづきを見る