検証

尾田栄一郎が『鬼滅の刃』に嫉妬!?『ONE PIECE』99巻で修正された表現

週刊誌に連載される漫画の場合、執筆ペースの都合上、どうしても作画やセリフのミスが発生してしまうもの。単行本化された際には、そうした部分に修正が施されることになる。時にその修正点は興味深く、ファンの間で大きな話題を呼ぶことも…。本稿では、今年6月に発売された漫画『ONE PIECE』の99巻からユニークな修正点を紹介して…

つづきを見る

カタクリは当初ロギア系だった!?『ONE PIECE』86巻で修正された表現

週刊誌に掲載されている漫画は、連載ペースの都合上、誤植や設定ミスがよく生じるもの。『週刊少年ジャンプ』の看板漫画である『ONE PIECE』も例外ではない。単行本が発売されるたびに、そうしたミスが修正を余儀なくされている。 とくに2017年に発売された単行本86巻は、「ジャンプ」本誌の読者が困惑した設定の修正が話題を呼…

つづきを見る

ルフィが麦わら帽子を借りパク!?『ONE PIECE』81巻で修正された表現

高い人気を誇る漫画『ONE PIECE』だが、その魅力はなんといっても緻密に作り込まれたシナリオにある。些細な日常パートでも物語を楽しむエッセンスが加えられており、読者を惹きつけてやまない。 しかし、週刊連載という制約のため会話パートや物語の中で矛盾が生じることも。単行本化された際に、連載版からちょっとした変更が加えら…

つづきを見る

『ONE PIECE』は第1話から面白い? 完璧すぎる構成を徹底分析

名作は1話目から面白い、というのが漫画好きの間では定説。とくに『ONE PIECE』における第1話の完成度は目を見張るものがあり、多くの読者が「完璧」だと称賛している。本稿ではそんな伝説の回を振り返り、神業のような漫画テクニックを分析していきたい。 気づけば海賊たちの虜に… 同作で最初に心をつかまれるのは、やはり1ペー…

つづきを見る

『ONE PIECE』の“読みにくさ”には理由があった! 尾田栄一郎の知られざる戦略とは

1997年の連載開始から、今なお人気が衰えない漫画『ONE PIECE』。コミックスは全世界で累計4億8000万部を突破しており、国民的作品の1つとなっている。とはいえ、いくら優れていても万人に好かれる作品というものは存在しない。漫画好きの間では、「最近のワンピは読みにくい」といった指摘がよくあがっているようだ。本稿で…

つづきを見る

『ONE PIECE』コビーは“少将”だった!? 95巻で修正された設定とセリフ

漫画『ONE PIECE』にはさまざまな魅力が詰まっているが、その中でも唯一無二と言えるのが圧倒的な情報量。週刊連載にも関わらず、尋常ではない量の書き込みで読者を楽しませてくれている。 とはいえ厳しい時間制限があるためか、雑誌掲載時にはちょっとしたミスがあることも珍しくない。そうした箇所は、単行本化の際に修正を施される…

つづきを見る

『ジョジョ』の「何をするだァーッ」はもう存在しない? 第1部で修正された表現

1986年に連載が始まった荒木飛呂彦の人気漫画『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズ。つい最近もスピンオフの『岸辺露伴は動かない』がドラマ化されるなど、話題性には事欠かない。今からコミックスを集めようと考えている人も多いのではないだろうか。 実は同作のコミックスには、とある秘密がある。雑誌連載時の内容と、コミックスに掲載され…

つづきを見る

『銀魂』の危険すぎたパロディ3選! 蓮舫氏ブチギレ疑惑や土下座のウワサも…

『銀魂』といえば、アニメ化や実写化のたびに話題沸騰となる超人気コンテンツ。1月8日には完結編となる映画『銀魂 THE FINAL』の上映が始まり、好調な売上を叩き出している。本稿では、同作最大の魅力と言える〝パロディ〟をクローズアップ。これまで物議を醸してきた「危険すぎるネタ」3選をご紹介していこう。 各局で放送休止と…

つづきを見る

【徹底検証】映画『えんとつ町のプペル』を偏見ゼロでレビュー! 評価できる3つのポイント

堀江貴文や安倍昭恵夫人、中田敦彦ら一流著名人が絶賛する一方、ネット上では《オンラインサロンメンバーの信者向け映画》、《姑息な感動を狙った駄作》といった声も飛び交う映画『えんとつ町のプペル』。しかし、話題になるのは映画の総指揮を務めたキングコング・西野亮廣への評価ばかりで、映画自体のクオリティーはほとんど語られていない。…

つづきを見る

【徹底検証】『鬼滅の刃』と『ONE PIECE』はナゼ国民的マンガになったのか?

少年マンガでありながら、幅広い世代の読者を夢中にさせている『ONE PIECE』と『鬼滅の刃』。いずれも『週刊少年ジャンプ』を代表する作品として人気を競い合っており、両者の関係性はさながら主人公とライバルのようだ。2作品はいかにして「国民的マンガ」の地位を築いていったのかを検証していこう。 尾田栄一郎の手がける「ONE…

つづきを見る