炎上

えなこ『メイドラゴン』コスプレで炎上! 釈明するも止まらない批判…

人気コスプレイヤーのえなこが、7月26日に発売された『月刊アクション』9月号の表紙&巻頭グラビアに登場。漫画『小林さんちのメイドラゴン』のコスプレを披露したのだが、原作リスペクトの有無をめぐって賛否両論が巻き起こっている。 「小林さんちのメイドラゴン」は、〝小林さん〟という人物に命を救われたドラゴン・トールが、人間に姿…

つづきを見る

『オーバーウォッチ』のゲーム会社が大炎上! セクハラ問題を巡って泥沼化「シンプルに酷い」

人気ゲーム『オーバーウォッチ』や『Call of Duty』を手掛けた海外ゲームメーカー『Activision Blizzard』及びその子会社にて、女性従業員に対するセクハラが発覚。従業員が署名運動を起こすなど泥沼の様相を呈しており、日本のゲームファンたちを騒然とさせているようだ。 この問題は、アメリカ・カリフォルニ…

つづきを見る

『シャニマス』水着デザイン盗用で炎上! 過去にも衣装デザインで“やらかし”が…

アイドル育成ゲーム『アイドルマスター シャイニーカラーズ』で、25キャラクター分の新水着衣装が登場。しかし、この中で田中摩美々の水着デザインが盗用だとして、大きな騒ぎとなっている。 今回問題になった衣装のデザインは、艶やかなレースが特徴的な紫色の水着。これについてボディーアクセサリーブランド『pharfaite』の公式…

つづきを見る

過激配信者が“差別発言”で大炎上! 加藤純一ファンは擁護するも…

『東京2020オリンピック・パラリンピック』開会式の関係者が立て続けに炎上する中、負の連鎖は思いも寄らない場所へ波及しているようだ。現在ネット上では、人気配信者の〝うんこちゃん〟こと加藤純一の発言をめぐって激しい議論が巻き起こっている。 加藤は10年以上にわたって活動してきたベテラン配信者。パッションを全面に押し出した…

つづきを見る

『ドラクエ』作曲者・すぎやまこういちも大炎上! 五輪炎上リレーに苦言「明白なダブスタ」

日本人お得意の粗探しが相次ぎ、醜い足の引っ張り合いが繰り広げられている『東京2020オリンピック・パラリンピック』。7月23日に行われた開会式をきっかけとして、現在は人気ゲーム『ドラゴンクエスト』シリーズの作曲者・すぎやまこういちがターゲットになってしまったようだ。 開会式では『ファイナルファンタジー』や『モンスターハ…

つづきを見る

『涼宮ハルヒ』ブレーク後に“ライフライン発言”で炎上… レジェンド声優・平野綾の軌跡

昨今は「鬼滅ブーム」を皮切りに、テレビ番組でも声優を見かけるようになった。しかし声優業界は厳しい競争社会。かつてのレジェンド声優が、今ではすっかり忘れ去られた…なんてケースも珍しくない。今回は、その中でもとくに数奇な運命をたどった平野綾の足跡を辿っていきたい。 “ライフライン発言”でアニメ業界から決別… 平野の声優デビ…

つづきを見る

アニメ『スーパーカブ』の視聴者は50代が4割!? 驚異的な“おじさん人気”が発覚

今年4月から6月にかけて放送され、アニメファンの間で大きな話題を呼んだ名作『スーパーカブ』。同作は女子高生たちの「バイク」をめぐる青春を描いたストーリーだったが、実はその視聴者の年齢層は意外な偏りを見せていたらしい。 視聴者の年齢層が明らかとなったのは、7月2日に『GEM Partners株式会社』が発表した「定額制動…

つづきを見る

『ラブライブ!』が中国に配慮!? キャラ設定の“サイレント修正”にざわつくファン

ここ最近、アニメ・漫画界隈において「チャイナリスク」の問題が浮き彫りとなっている。大人気メディアミックスプロジェクト『ラブライブ!』においても、中国の情勢に配慮したようなサイレント修正が行われ、ネット上で大きな波紋を呼んでいるようだ。 物議を醸しているのは、7月11日から始まったアニメ『ラブライブ!スーパースター!!』…

つづきを見る

『鬼滅の刃』炎上騒動で集英社が謝罪! 作者・吾峠呼世晴がやはり“聖人”すぎる

今年4月からネット上をざわつかせていた、人気漫画『鬼滅の刃』の複製原稿をめぐる炎上騒動。7月15日、ついにこの件についての正式な対応が明らかとなった。版元の集英社は全面的に非を認めているようだが、一部の「鬼滅」ファンからは呆れ声が相次いでいる。 騒動のきっかけとなったのは、『ジャンプフェスタ2021 ONLINE』で受…

つづきを見る

アニソンイベント『アニサマ』大炎上!“全チケット払戻し・再抽選”対応にオタク激怒

世界最大級のアニメソングイベントとして、毎年オタク界をにぎわせている『Animelo Summer Live』(以下、アニサマ)。今年は8月27日から3日間にわたって開催される予定なのだが、ここにきて「全チケットの払戻し・再抽選」という対応が発表されたことで界隈が大荒れしている。 今回の「アニサマ」は、新型コロナの影響…

つづきを見る