物議

山田涼介が『Apex』で女性配信者と裏遊び!? 悲鳴を上げるジャニオタたち

先日、『Hey!Say!JUMP』の山田涼介が、YouTubeチャンネル『LEOの遊び場【山田涼介】』を開設。〝推し〟を身近に感じられる生配信が幾度も行われ、ファンが盛り上がっていたのだが、9月28日にそんな期待を裏切るような問題が浮上してしまった。 コトの発端となったのは、人気ストリーマーの〝おぼ〟と〝ホロ酔いさん。…

つづきを見る

『ウマ娘』悪質な“リーカー”がクビに!? リーク情報のない平和な世界を実現…

昨今のゲーム業界は、つねにリーク情報との戦いが繰り広げられている。人気タイトルほど、発売前に重要情報を漏らして注目を浴びようとする〝リーカー〟が現れるのだ。Cygamesのソーシャルゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』も例外ではなく、ファンの間で大きな問題とされてきた。 「ウマ娘」といえば、実在の競走馬を元ネタにしたキ…

つづきを見る

『弱虫ペダル』が迷走中!?“犯罪キャラ”登場に大ブーイング「マジでありえない」

アニメや舞台など、さまざまなメディアミックスで人気を博している漫画『弱虫ペダル』。自転車漫画の代表作として真っ先に名前が挙がるほどのメジャー作品だが、実はここ最近の展開が「迷走している」とネット上で炎上しているようだ。 炎上の対象となっているのは、川田拓也というキャラクター。元々は最初期に登場した主人公・小野田坂道の同…

つづきを見る

人気RPG『原神』にまたもパクリ疑惑!?『グラブルVS』ソックリで批判殺到

9月1日、人気オープンワールドRPG『原神』にて、新プレイアブルキャラクター「雷電将軍」が実装された。しかしそのモーションをめぐって、格闘ゲーム『グランブルーファンタジー ヴァーサス』のパクリ疑惑が浮上している。 問題となったのは、ストーリーの中で雷電将軍がシニョーラを切りつける場面。すれ違いざまに刀を振った雷電将軍の…

つづきを見る

『Apex』プレイヤーの怒りが爆発!?“裏ワザ”廃止で「Apex引退」がトレンド入り

9月1日、ツイッター上で「Apex引退」というワードがトレンド入りする事態が発生。その引き金となったのは、ゲーム上で上級者が頻繁に用いる〝移動テクニック〟の削除だという。 今回問題となったのは、人気バトルロワイヤルゲーム『Apex Legends』の開発元である『Respawn』が発表した「タップストレイフの廃止」とい…

つづきを見る

『閃光のハサウェイ』ヒットで爆増? 女性オタクに粘着する“教えたがりオジサン”

見知らぬ年下の女性を狙い、知識でマウントをとろうとする男性はどこの世界にもいるもの。近頃は、そんな男性をひとまとめにした〝教え魔〟という呼び名も広まっている。教え魔は神出鬼没の存在だが、6月に公開が始まったアニメ映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』をきっかけとして、「ガンダム」界隈でもよく観測されるようになったと…

つづきを見る

『ウマ娘』新キャラ実装も「リーク通り」がトレンド入り! 激怒するトレーナーたち

昨今のゲーム業界は、情報の“事前リーク”との戦いを余儀なくされている。Cygamesの大人気育成ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』も例外ではないようで、最近実装された新キャラクターもリークされていた内容通りだったそうだ。 同ゲームでは8月11日に、新育成ウマ娘として「メイショウドトウ」が実装された。メイショウドトウと…

つづきを見る

『嘘喰い』作者が“無許可セリフ変更”を告発! センスの無い改変に同情の声

8月3日、『嘘喰い』や『バトゥーキ』などの作品でお馴染みの漫画家・迫稔雄が、過去に『ヤングジャンプ』編集者との間に生じたトラブルについて告白。驚きの内容をめぐって、漫画ファンから同情の声が寄せられている。 迫がツイッター上で行った告発によると、そのトラブルは「嘘喰い」における人気エピソード「廃坑のテロリスト編」で勃発。…

つづきを見る

ニンテンドースイッチは時代遅れ!『DbD』で致命的な不具合が発生

人気ゲームが他プラットフォームから移植される度に、なにかと問題を起こすお騒がせハード『ニンテンドースイッチ』。以前からそのスペックの低さが指摘されていたが、今度は人気ゲーム『Dead by Daylight』でも致命的な不具合が確認され、大きな物議を醸しているようだ。 今回「ニンテンドースイッチ」版の「Dead by …

つづきを見る

覇権ソシャゲ『ツイステ』がオワコンに! グッズ売れ残りが多発する原因は…

昨年3月にリリースされ、女性オタク界隈の〝覇権コンテンツ〟として名を馳せたソーシャルゲーム『ディズニー ツイステッドワンダーランド』(通称:ツイステ)。リリース時には150万以上のユーザーが事前登録を行うなど、まさに破竹の勢いだった。しかし近頃、その人気に疑問の声があがっているようだ。 同作は『黒執事』の枢やなが原案、…

つづきを見る