表現の自由

『月曜日のたわわ』を脊髄反射で擁護するオタクたち…“バカのふり”が大きな裏目に

日本経済新聞への広告掲載をきっかけとして、オタクとフェミニズムによる“戦場”と化した『月曜日のたわわ』。騒動は一度落ち着いたかに見えたものの、ツイッター上ではそのロゴデザインをめぐって新たな火種がくすぶっていた。 「たわわ」の「わ」のロゴデザインが秀逸 発端となったのは、映画評論などで知られる伊藤弘了氏のツイート。彼は…

つづきを見る

「ペーチン」を抹消! アニメ『ダンベル何キロ持てる?』再放送でロシア要素をカット…

アニメ専門チャンネル『カートゥーン ネットワーク』にて、筋トレアニメ『ダンベル何キロ持てる?』の一挙再放送があったのだが、第6話がカットされていた模様。その理由はやはり、ロシアに関する描写があったからだと言われているが…。 ジーナ登場回が丸々カットに!? 同作のTVアニメが初めて放送されたのは2019年の夏クール。萌え…

つづきを見る

アニメ『ブルーピリオド』放送開始! 懸念された“未成年飲酒・喫煙”シーンは…

9月25日、TVアニメ『ブルーピリオド』の第1話がNetflixにて先行配信された。人気原作のアニメ化ということで多くの期待を背負っていた同作だが、未成年者の喫煙・飲酒シーンが原作通り再現されたことに称賛の声が寄せられている。 「ブルーピリオド」は、2017年6月から『月刊アフタヌーン』にて連載中のアート系スポ根物語。…

つづきを見る

「日本の漫画を潰す気?」KADOKAWA新社長の“表現規制”推進発言に危機感

今年6月から『KADOKAWA』の代表取締役社長に就任した夏野剛氏が、7月21日放送の報道番組『ABEMA Prime』(AbemaTV)に出演。漫画における性的な表現を規制する考えを示し、ネット上で大きな物議を醸している。 番組では過激すぎる水着グラビアについて議論が交わされていたのだが、夏野氏は「グラビアより過激な…

つづきを見る