西尾維新

『物語シリーズ』西尾維新の時代は終わった? なろう系に媚びなかった天才作家

西尾維新といえば、2000年代から10年以上にわたって熱狂的な人気を博した小説家。アニメやドラマなどで数多くのヒット作を生み、“天才”として祭り上げられていた。しかしある時期から急速に、その存在感が失われていったとも言われている。 “化物”のように人気作を量産 西尾は2002年に、弱冠20歳の小説家としてデビュー。処女…

つづきを見る

荒木飛呂彦『魔少年ビーティー』の復活も…“原作・西尾維新”に不安の声続出…

10月19日に発売される『ウルトラジャンプ』11月号にて、荒木飛呂彦の連載デビュー作『魔少年ビーティー』が復活する。『ジョジョの奇妙な冒険』の人気作家による伝説的作品の続編ということで、大きな注目が集まっているのだが、一部では不安の声もあがっているようだ。 「魔少年ビーティー」は、奇想天外なトリックを操る少年・ビーティ…

つづきを見る

ジャンプ史上最大のインフレ!? 西尾維新が『めだかボックス』で巻き起こした革命

『週刊少年ジャンプ』をはじめとした少年漫画では、物語が進むにつれて登場人物の強さがインフレを起こしがち。『ドラゴンボール』には「戦闘力」という強さを可視化するシステムがあったが、途中からほとんど意味を成さなくなった。そんなインフレにまみれた漫画の中でも、最大級のパワーインフレを起こした作品が『めだかボックス』だ。 同作…

つづきを見る