賛否両論

アーケードゲーム『三国志大戦』最強キャラが“寿司職人”に!?「もう末期」「マジで萎える」

過去にゲームセンター通いをしていた世代なら、一度は見たことがあるであろう『三国志大戦』。オンライントレーディングカードゲーム隆盛の先駆けとも言える作品だが、現在の対戦環境で強いとされているカードに、かつてのプレイヤーからは驚きの声があがっている。 先日、とある「三国志大戦」の現役プレイヤーが、最も強いカードとして「文鴦…

つづきを見る

松井優征の最新作『逃げ上手の若君』は期待ハズレ? 賛否が分かれる理由は…

『逃げ上手の若君』といえば、トリッキーな作風で知られる人気漫画家・松井優征の最新作。今年1月から『週刊少年ジャンプ』で連載が始まり、初期には度々話題を呼んでいたものの、最近では「影が薄くなった」という声もあがっているようだ。 同作は鎌倉時代と室町時代の狭間、いわゆる南北朝時代を舞台とした歴史ファンタジー。誰よりも「逃げ…

つづきを見る

ジャンプ新連載に早くも打ち切りの予感!? ネクスト『アクタージュ』の可能性は…

9月18日に発売された『週刊少年ジャンプ』42号から、ピアノを題材としたマポロ3号の新連載『PPPPPP』が始動。これまで音楽系の漫画が軒並み短命で終わっているためか、早くも読者からは「打ち切られそう」と心配の声が寄せられている。 「PPPPPP」は、ピアノが好きだが才能に恵まれなかった少年・ラッキーが主人公。彼はピア…

つづきを見る

『ニンダイ』神発表でPS5との明暗クッキリ!「任天堂は神」「PS5も本気出してくれ」

9月24日、『任天堂』の新作発表会である『ニンテンドーダイレクト』がオンラインで配信された。そこで公開された新情報にゲームファンは大いに沸き立っているが、その一方でなぜか『PlayStation5』への不満も噴出してしまったようだ。 今回の「ニンテンドーダイレクト」では、『スプラトゥーン3』や『刀剣乱舞無双』といった注…

つづきを見る

『ドラゴンボール』のインフレがひどい…“超サイヤ人ブルーゴジータ(身勝手の極意)”登場

9月15日、トレーディングカードゲーム『スーパードラゴンボールヒーローズ(SDBH)』のプロモーションアニメが新たに公開された。その中で悟空&ベジータがとんでもない究極形態を披露するシーンがあり、「ドラゴンボール」ファンたちに衝撃を与えている。 「ドラゴンボール」シリーズでは、本編完結後も延々と戦力がインフレし続けてい…

つづきを見る

荒木飛呂彦『魔少年ビーティー』の復活も…“原作・西尾維新”に不安の声続出…

10月19日に発売される『ウルトラジャンプ』11月号にて、荒木飛呂彦の連載デビュー作『魔少年ビーティー』が復活する。『ジョジョの奇妙な冒険』の人気作家による伝説的作品の続編ということで、大きな注目が集まっているのだが、一部では不安の声もあがっているようだ。 「魔少年ビーティー」は、奇想天外なトリックを操る少年・ビーティ…

つづきを見る

『ウマ娘』対人イベントで煽りスタンプを実装! 一番“効く”のはダイワスカーレット?

9月21日より、人気育成ゲーム『ウマ娘 プリティーダービー』にて、レースイベント『チャンピオンズミーティング ヴァルゴ杯』が開幕。そこで対戦相手に対して、かわいらしいウマ娘のスタンプを送る機能が実装された。しかし一部のユーザーたちは、《煽り行為に使われそう》という心配を募らせている。 「チャンピオンズミーティング」とは…

つづきを見る

『ロックマンX』新作が半年でオワコン化!? 課金システムでゲームバランス崩壊…

昨年10月から配信中のスマートフォンアプリゲーム『ロックマンX DiVE』が、苦境に立たされている。根強い人気を誇るシリーズの最新作ということで、リリース当初は盛り上がりを見せていたものの、その人気は下火になってしまったようだ。 同作は『ロックマンX』シリーズを舞台に、従来の横スクロールアクションを踏襲。エックスやゼロ…

つづきを見る

『呪術廻戦』アンチ急増中? オワコン扱いされる“ツッコミポイント”は…

今年12月に劇場アニメの公開が決定しており、ますます注目を集めている漫画『呪術廻戦』。いまや『週刊少年ジャンプ』の看板作品の1つであることは確かだが、ネットの一部では掲載順が振るわないことを理由にオワコン扱いする人々も存在するようだ。 「ジャンプ」では読者アンケートが強い影響力をもち、掲載順が上位であるほど人気が高いと…

つづきを見る

『ブラック★ロックシューター』再アニメ化に不安の声!“黒歴史”を乗り越えられるか…

約10年前に一世を風靡した伝説的なボカロ曲『ブラック★ロックシューター』が、令和の世にふたたびアニメ化される。2012年にも岡田麿里の脚本によってアニメ化されたことのある同作だが、今回はどのような作品になるのだろうか。 「ブラック★ロックシューター」の歴史を簡単に追っていくと、まず『Steins;Gate』のキャラクタ…

つづきを見る