進撃の巨人

対巨人の最終兵器!?『進撃の巨人』ハンジ・ゾエの胸を打つ「名ゼリフ」3選

アニメの最終章が始まったこともあり、今ふたたび盛り上がりを見せている『進撃の巨人』。人類と巨人との壮絶な戦いを描いており、スリリングな展開によって人気を博している。そんなシリアスなストーリーを和ませてくれるのは、個性豊かなキャラクターたちだ。 中でも現在もっともアツい人物の1人が、エルヴィンの後任として調査兵団団長とな…

つづきを見る

アニメ『進撃の巨人』OP曲の秘密が明らかに! 隠されたテーマは“イジメ”…?

現在放送中のアニメ『進撃の巨人 The Final Season』(NHK)のオープニング曲として、熱狂的な人気を誇る『僕の戦争』。2月22日、ついに同楽曲のフルサイズ音源がリリースされた。そこで衝撃的な事実が明らかとなり、ネット上で大きな話題を呼んでいるようだ。 「僕の戦争」はロックバンド『神聖かまってちゃん』による…

つづきを見る

アニメ『進撃の巨人』“歴史”を巡って物議! サブスクから削除される事態に発展

アニメ『進撃の巨人 The Final Season』(NHK)第11話『偽り者』が、2月21日に放送。その内容が物議を醸し、ストリーミングサービスで一時閲覧できない状態になっていたようだ。 ※アニメ『進撃の巨人』最新話の内容に触れています 11話(通算70話目)の主軸となったのは、「マーレ」の戦士候補生・ガビの話だ。…

つづきを見る

アニメ『進撃の巨人』に号泣する視聴者… 梶裕貴も反応「何かに気付くきっかけに」

  国内外で人気が高まるアニメ『進撃の巨人 The Final Season』(NHK)の第11話「偽り者」が、2月21日に放送された。深いメッセージが込められた名ゼリフの数々に、胸を打たれる視聴者が続出している。 ※アニメ『進撃の巨人』最新話の内容に触れています 今回物語の主軸となったのは、「マーレ」の戦士…

つづきを見る

『進撃の巨人』主人公は人気ナシ? 外国人が選ぶ「一番ドキドキしたシーン」トップ10

  現在、TVアニメのファイナルシリーズが放送中で、連日のように話題を呼んでいる『進撃の巨人』。その人気は国内にとどまらず、海外でも高く評価されている。緊迫した展開やサスペンス、ショッキングな要素の多い作品だが、外国人オタクたちはどんなシーンが気に入っているのだろうか? 今回は、海外の人気サイト『WatchM…

つづきを見る

アニメ『進撃の巨人』第10話“深夜”に脅威の視聴率! オワコン説を完全払拭

  2月14日に放送されたアニメ『進撃の巨人 The Final Season』(NHK)第10話の視聴率が2.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)だったことが判明。深夜アニメにも関わらず、高視聴率を記録して話題になっている。 ※アニメ『進撃の巨人』最新話の内容に触れています 第10話で描かれたのは、…

つづきを見る

アニメ『進撃の巨人』ヒストリアの悲劇… 衝撃的な姿に「不憫すぎて本当にキツイ」

殺伐とした『進撃の巨人』の世界において、正統派美少女として人気を集める〝クリスタ〟ことヒストリア・レイス。2月14日に放送されたアニメ『進撃の巨人 The Final Season』(NHK)の最新話では、そんなヒストリアの身に思いもよらない悲劇が起きてしまった。 ※アニメ『進撃の巨人』最新話の内容に触れています 第1…

つづきを見る

アニメ『進撃の巨人』サシャへの“恋心”が発覚! 白バラの意味に「涙が止まらない」

2月7日に放送されたアニメ『進撃の巨人 The Final Season』(NHK総合)の最新話にて、サシャ・ブラウスについての意外な事実が発覚。ネット上で《ボロボロ泣いてしまった》《こんなシーン見たくなかった》と、大きな反響を巻き起こしている。 ※アニメ『進撃の巨人』最新話の内容に触れています 第9話「義勇兵」では、…

つづきを見る

アニメ『進撃の巨人』あの人気キャラが死亡… 梶裕貴ら声優陣からも追悼の声

巨人をめぐる壮絶な戦いを描いたアニメ『進撃の巨人 The Final Season』(NHK総合)の最新話が、1月31日に放送された。これまで多くのファンに愛されてきたキャラクターの退場に、ネット上では悲しみの声が溢れかえっている。 ※アニメ『進撃の巨人』最新話の内容に触れています 第8話「凶弾」は、巨人化したエレンと…

つづきを見る

子どもは産むべきでない?『進撃の巨人』で話題を呼んだ“反出生主義”の恐るべき魔力

ここ最近、「反出生主義」という思想が大きな注目を集めている。反出生主義のエッセンスは『進撃の巨人』や『劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲』といったポップカルチャーにも流れ込んでおり、激しい共感と猛反発を招いているようだ。一体なぜ、人はこの思想に魅了されてしまうのだろうか。 そもそも反出生主義とは、読んで字のごと…

つづきを見る