野木

『星のカービィ』で“おとわっか騒動”再来…コックカワサキの性的消費グッズが公式NGに

『星のカービィ』シリーズに登場する、コック帽とエプロン姿でおなじみのコックカワサキが、思わぬ騒動に巻き込まれている。「コックカワサキマイクロビキニかるた」なる非公式グッズをめぐり、ネット上が大荒れしてしまったようだ。 性的消費に公式もお怒り? コックカワサキは、丸みのあるオレンジ色のボディに、コック姿でフライパンを振る…

つづきを見る

ジャンプ打ち切りレースに激震!『高校生家族』まさかのドベでギャグ漫画“戦国時代”へ

毎週、熱心な読者たちをヤキモキさせている『週刊少年ジャンプ』の掲載順。読者アンケートの結果を反映しており、打ち切りを示唆するものとされているのだが、10月3日発売の44号では意外な作品が“ドベ”を獲ってしまった。 大人気漫画が驚きの掲載順 ここ最近の「ジャンプ」では、連載が始まって間もない『すごいスマホ』と『ALIEN…

つづきを見る

『ヒロアカ』本編に注目集まらず…葉隠透の扉絵に読者メロメロ「青少年の性癖を崩壊させた」

10月3日発売の『週刊少年ジャンプ』44号に掲載された『僕のヒーローアカデミア』で、大事件が勃発した。青少年への悪影響を懸念されるほどのセクシーショットが掲載され、本編そっちのけで読者たちが盛り上がっているのだ。 ※『ヒロアカ』最新話の内容に触れています 第368話『唸れOFA』では、ついに主人公・緑谷出久と宿敵の死柄…

つづきを見る

『呪術廻戦』主人公・虎杖悠仁が10カ月ぶり登場も…即“曇らせ”の地獄展開!

主人公・虎杖悠仁に随分前から全く出番がない異常事態が発生していた、人気漫画『呪術廻戦』。10月3日に発売された『週刊少年ジャンプ』44号では、久しぶりの出番が与えられたものの、その扱いは“地獄”のようだった。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています 第199話『仇名』では、デスゲーム『死滅回游』の舞台が「東京第1コロ…

つづきを見る

ジャンプアニメブーム終焉間近!?『マッシュル』『アンデラ』『ロボコ』以降の弾は…

『鬼滅の刃』によって火がついた、『週刊少年ジャンプ』作品のアニメ化ブーム。さまざまなアニメが立て続けに放送されては、社会現象を起こすほどのヒットを飛ばしてきた。しかし、その“弾”は無尽蔵ではないため、先行きが不安視されているようだ。 一向に育たない本誌の中堅層 ここ最近の「ジャンプ」アニメブームを振り返ってみると、20…

つづきを見る

『呪術廻戦』禪院家は御三家最弱? 直哉の「領域展開」から浮かび上がる悲しい事実

漫画『呪術廻戦』には「御三家」という家門が存在し、呪術界で強大な権力を握っているという設定。ここ最近の展開により、その内の1つである「禪院家」に“最弱”疑惑が浮上してしまったようだ。その引き金となったのが、禪院家イチのクズ男・直哉だった。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています 9月26日発売の『週刊少年ジャンプ』4…

つづきを見る

『るろ剣』新作アニメは“胸クソエンド”回避?「原作通りでお願い」と高まる期待

先日、再アニメ化が発表された『週刊少年ジャンプ』のレジェンド的人気漫画『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚-』。原作ファンたちは大いに期待を寄せているようだが、その背景には旧アニメ版の“黒歴史”が関係している。 アニオリエンドを根に持つファンたち 「るろうに剣心」は最初にTVアニメ化されたのは、1996年のこと。古橋一浩監…

つづきを見る

ジャンプ読切で大ヒット確定の傑作誕生!? 金未来杯1作目『絵に描いた餅を描いた餅』が話題

9月26日発売の『週刊少年ジャンプ』43号に、林快彦の読み切り作品『絵に描いた餅を描いた餅』が掲載された。涙腺を刺激する青春ドラマに、ネット上では「傑作」との呼び声が高まっているが、連載化については一抹の不安要素も…。 早くも優勝決定? 「絵に描いた餅を描いた餅」は、吹奏楽部のトランペッター・四宮純香と、漫画家を目指す…

つづきを見る

『ジャンプ』打ち切り候補先が急展開! まさかの盛り上がりで人気爆発

『週刊少年ジャンプ』の連載作品は、読者アンケートをもとに容赦なく打ち切られることでお馴染み。そして打ち切り間近の漫画は、散り際の輝きとばかりに急展開を迎えることもある。現在は『すごいスマホ』と『ALIENS AREA』にその現象が起きているようだ。 ドベループから抜け出せず 「ジャンプ」では掲載位置が低いほど人気が低迷…

つづきを見る

『チェンソーマン』“生活保護”殺害で大荒れ! 藤本タツキの倫理観は幼稚なのか

最新話が更新されるたびに、さまざまな考察が飛び交う藤本タツキの『チェンソーマン』。9月26日に『ジャンプ+』で更新された第105話『灼熱』では、“生活保護”受給者の扱いをめぐって、意外な論争に発展してしまった。 ※『チェンソーマン』最新話に触れています 「戦争の悪魔」ヨルが取り憑く三鷹アサに対して、自分がチェンソーマン…

つづきを見る