野木

『呪術廻戦』ついに連載再開! オマージュだらけの153話に「実質ハンター×ハンター」

約1カ月半にわたって休載していた漫画『呪術廻戦』が、8月2日発売の『週刊少年ジャンプ』35号でついに連載再開。最新話となる第153話『賭け試合』では、休載前と変わらない全力のオマージュが繰り広げられ、大きな話題を呼んでいる。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています 虎杖悠仁と伏黒恵は、デスゲーム「死滅回游」を攻略する…

つづきを見る

カイジ3作目のスピンオフがダダ滑り…『上京生活録イチジョウ』大不評!

『カイジ』シリーズのスピンオフ、『上京生活録イチジョウ』のコミックス第1巻が7月20日に発売された。同シリーズではクセの強い脇役キャラを主人公とするスピンオフが次々とヒットを飛ばしていたのだが、「イチジョウ」はあまり話題になっていないようだ。 同作は『賭博破戒録カイジ』の「欲望の沼」編に登場する、裏カジノの支配人・一条…

つづきを見る

『FAIRY TAIL』はフランスで大人気!? 大統領の“神話”扱いに驚きの声

日本の漫画やアニメは海外でも高い人気を誇るが、芸術の国・フランスでは少し変わった市場が形成されているらしい。7月24日、フランスのエマニュエル・マクロン大統領がツイッター上で、とある漫画を〝神話〟扱いしたことが注目を集めている。 マクロン大統領はこの日、フランス大使館で日本の有名クリエイターたちと面会したことを自身のツ…

つづきを見る

『サザエさん』は反オリンピック? 熱気に流されない「国民的アニメ」のあり方

7月23日に開幕した『東京2020オリンピック』をめぐって、巷では激しく意見が対立。安易なオリンピックネタに走るメディアも、例外なく議論の的となってきた。だがその一方で、アニメ『サザエさん』(フジテレビ系)は世間の空気に染まることなく、普段と変わらない姿勢を貫いているようだ。 オリンピック開幕に伴い、ここ最近はあらゆる…

つづきを見る

ジャンプ+新連載『神のまにまに』話題沸騰!「ジャンプっぽさが詰まってる」

漫画界に新たな旋風を巻き起こす作品を次々輩出している『ジャンプ+』で、7月29日から巨弾新連載『神のまにまに』が始まった。第1話にして絶賛の声が相次いでおり、すでにアニメ化を予見する読者まで現れている。 「神のまにまに」は、干ばつにより飢饉に見舞われた村の少年・一進が主人公。一進は村を救おうと祠の「神」に向かって雨乞い…

つづきを見る

えなこ『メイドラゴン』コスプレで炎上! 釈明するも止まらない批判…

人気コスプレイヤーのえなこが、7月26日に発売された『月刊アクション』9月号の表紙&巻頭グラビアに登場。漫画『小林さんちのメイドラゴン』のコスプレを披露したのだが、原作リスペクトの有無をめぐって賛否両論が巻き起こっている。 「小林さんちのメイドラゴン」は、〝小林さん〟という人物に命を救われたドラゴン・トールが、人間に姿…

つづきを見る

ジャンプ“打ち切りレース”に異変!?『To LOVEる』矢吹健太朗の新作が絶不調…

ハーレムラブコメの金字塔『To LOVEる -とらぶる-』の作画担当として、数々の人気キャラを生み出した矢吹健太朗。現在は『週刊少年ジャンプ』で新作漫画『あやかしトライアングル』を連載しているが、人気が低迷した結果、打ち切りの危機を迎えつつあるようだ。 「あやかしトライアングル」は、昨年6月から連載が始まったファンタジ…

つづきを見る

『ONE PIECE』ゾロは“覇王色”で確定!? 突如描かれたアニオリシーンが物議

7月25日に放送されたアニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)の最新話で、ゾロをめぐる意味深なシーンが描かれたことが話題を呼んでいる。そのシーンでは、まるでゾロが「覇王色の覇気」を持っているかのような演出が行われていたのだ。 問題の場面が登場したのは、第984話『ルフィ暴走!? 潜入カイドウの宴』。ゾロはカイドウが…

つづきを見る

『ONE PIECE』ガイモン登場回は伏線?“ひとつなぎの大秘宝”を巡る異質な描写…

人気漫画『ONE PIECE』を読んだ人なら、誰もが「ひとつなぎの大秘宝」の正体に想像をめぐらせたことがあるだろう。数々の考察がなされてきたこの問題だが、ネット上では「ガイモンのエピソードが伏線なのでは?」という説が出回っているようだ。 ガイモンは、作中初期の第22話『あんたが珍獣』に登場した人物。宝箱から体が抜けなく…

つづきを見る

アニメ『覇穹 封神演義』は何が悪かったのか… 待望のリメイク版も“超駄作”認定

藤崎竜の漫画『封神演義』といえば、1990年代の『週刊少年ジャンプ』で人気を博したレジェンド作品。その人気から2度にわたってアニメ化されたが、いずれもファンの期待を大きく裏切って大コケしている。とくに2018年のリメイク版『覇穹 封神演義』は、不評のあまり〝存在しなかった〟ことにする人も。一体何がそこまでファンの逆鱗に…

つづきを見る