野球

新庄剛志は『日ハム』暗黒期を救うのか?“新監督”就任に賛否「激アツ」「不安しかない」

10月29日、プロ野球『北海道日本ハムファイターズ』の新監督が、OBの新庄剛志に決定したと報じられた。この報せをめぐって、「日ハム」ファンの間で賛否両論が巻き起こっているようだ。 新庄といえば、常識にとらわれない活躍を続けてきた稀代のエンターテイナー。『阪神タイガース』時代には投手と野手の二刀流に挑戦したかと思えば、2…

つづきを見る

プロ野球『巨人』が弱すぎる! 球団史上4度目の10連敗を喫した原因は…?

プロ野球チーム『読売ジャイアンツ』(巨人)が、球団史上4度目となる10連敗を記録。3連覇を目指していたはずが優勝の可能性も消滅しており、目も当てられない状況だ。一体この惨状は何が原因だったのだろうか。 今シーズンの「巨人」を振り返ってみると、『横浜DeNAベイスターズ』からFA権を行使した梶谷隆幸と井納翔一を獲得。また…

つづきを見る

“大谷世代”は怪物だらけ? プロ野球の歴史を変える1994年生まれの名手たち

今の時代を代表する野球のスーパースターといえば、誰もが『ロサンゼルス・エンゼルス』で活躍中の大谷翔平を挙げるだろう。しかし大谷と同じく1994年生まれの世代には、他にも数多くのスター選手が存在する。松坂世代やハンカチ世代にも劣らない大谷世代の選手たちを紹介していこう。 大谷翔平に続くスター選手になるか!? ■日本の4番…

つづきを見る

元・強豪『日ハム』の没落が止まらない! いまだかつてない“暗黒時代”に突入

2021年シーズンも低迷が続くなか、ネガティブなニュースが立て続けに巻き起こる『北海道日本ハムファイターズ』。かつては常勝球団だったにもかかわらず、なぜこのような惨状を招いてしまったのだろうか。 以前の「日ハム」は12球団の中でも屈指の実力を誇っており、メジャーリーグ『サンディエゴ・パドレス』で活躍するダルビッシュ有や…

つづきを見る

ジャンプ打ち切り漫画『クーロンズ』番外編にツッコミ殺到「そりゃ打ち切りになるわ」

かつて『週刊少年ジャンプ』で打ち切りとなった漫画『クーロンズ・ボール・パレード』の特別番外編が、10月5日に『ジャンプ+』で公開された。野球漫画にもかかわらず、そのルールを根底から覆すようなミスがいくつも含まれており、読者からツッコミの声が続出している。 「クーロンズ・ボール・パレード」は、頭脳派キャッチャー・小豆田玉…

つづきを見る

日ハム・斎藤佑樹が引退… 青山に土地が買えるほどビッグになれたのか?

10月1日、プロ野球『北海道日本ハムファイターズ』の〝ハンカチ王子〟こと斎藤佑樹が現役引退を発表した。斎藤には数々の実績があるが、ここではあえて彼の印象的だったビッグマウスの数々を振り返っていきたい。 あらためて説明する必要はないかもしれないが、斎藤は高校時代からメディアに大きく注目されていた。そのためか、プロ入り後に…

つづきを見る

大谷翔平がアジア人差別の被害に…!? 徹底した“四球攻め”に「プライドねえのか」

今シーズン、メジャーリーグ『ロサンゼルス・エンゼルス』にて「本塁打王」のタイトルを争う大活躍を見せている大谷翔平。しかしここに来て、大谷が無冠のままシーズンを終える公算が大きくなっている。 大谷は9月29日の時点で45本塁打を放っており、「エンゼルス」が所属する『アメリカンリーグ』の本塁打ランキングでは第3位。1位のサ…

つづきを見る

日ハム・斎藤佑樹が“魔球”で復活!? 野球ファンが「球界に革命起こしたわ」と驚愕

2020年に負った右肘の怪我から復帰した、ハンカチ王子こと『北海道日本ハムファイターズ』の斎藤佑樹。その成績はけっして芳しいものではないのだが、ここにきて野球漫画の主人公のような魔球に覚醒する可能性が囁かれているという。 かつての斎藤は、140キロ台のストレートを軸に数種類の変化球で打者を打ち取る技巧派投手だった。しか…

つづきを見る

松坂大輔はなぜイチローになれなかったのか…“平成の怪物”の軌跡を振り返る

松坂大輔といえば、〝平成の怪物〟としてプロ野球界を盛り上げてきたカリスマ的投手。しかし最近ではメジャーリーグで未曽有の活躍を続ける大谷翔平の登場により、その印象が薄れつつあるようだ。松坂は一体なぜ、大谷やプロアスリートとしてキッパリを身を引いたイチローのような存在になれなかったのだろうか…。 松坂の活躍は、『横浜高校』…

つづきを見る

大谷翔平以上のポテンシャル!? 同世代“最強右腕”だった『ソフトバンク』田中正義

メジャーリーグ『ロサンゼルス・エンゼルス』で活躍中の大谷翔平を中心として、1994年・95年生まれのプロ野球選手たちは大谷世代と括られることが多い。その中には、投手としてのポテンシャルが大谷級、あるいはそれ以上と騒がれた選手も。とくに印象深かったのが、『福岡ソフトバンクホークス』所属の田中正義だ。 田中投手は、最速15…

つづきを見る