野球

声優・前田佳織里が始球式でセクシー事故!? 勘違いオタク大興奮「バッチリ見えた」

先日行われた、プロ野球『東北楽天ゴールデンイーグルス』対『福岡ソフトバンクホークス』のセレモニアルピッチで、人気声優の前田佳織里が投球を披露。大胆かつ躍動感のあるピッチングだったが、オタクたちの目はとある場所に吸い込まれてしまったようだ。 「アミューズの強肩」を見せつけた前田 現在プロ野球では『ラブライブ! シリーズ×…

つづきを見る

『ラブライブ!』声優と野球選手が接近!? コラボでオタク発狂「マジで厳しいチェック頼む」

アニメやゲームなどで熱狂的な人気を誇る『ラブライブ!』シリーズが、『パ・リーグ』の6球団とコラボすることが決定。めでたい知らせにも見えるものの、一部のラブライバーは、出演声優たちとプロ野球選手の接近を危険視しているようだ。 『ラブライブ!』がプロ野球を応援! 今回のコラボでは、『ラブライブ!シリーズ×パ・リーグ6球団 …

つづきを見る

『ドカベン』がプロ野球選手に与えた影響…水島新司さんの偉業を振り返る

『ドカベン』や『あぶさん』といった名作野球漫画の生みの親・水島新司さんが、1月10日に肺炎のため逝去した。その功績は野球界にも広く知れ渡っており、さまざまな野球関係者が追悼の声を上げている。どれほど大きな影響力があったのか、水島さんの偉大な足跡を振り返ってみよう。 代表作といえる『ドカベン』は、1972年から『週刊少年…

つづきを見る

ヤクルト日本一の裏で巨人・原監督にバッシング!? DH制を巡って「実は時代遅れな男」

11月27日、プロ野球『東京ヤクルトスワローズ』が『オリックス・バファローズ』に勝利し、「日本シリーズ」を制した。ネット上は20年ぶりの「ヤクルト」日本一に沸き立つ一方、なぜか『読売ジャイアンツ』の原辰徳監督に対して猛烈なバッシングが浴びせられているらしい。 「日本シリーズ」は、先に4勝したチームが優勝というルールのも…

つづきを見る

新庄剛志は『日ハム』暗黒期を救うのか?“新監督”就任に賛否「激アツ」「不安しかない」

10月29日、プロ野球『北海道日本ハムファイターズ』の新監督が、OBの新庄剛志に決定したと報じられた。この報せをめぐって、「日ハム」ファンの間で賛否両論が巻き起こっているようだ。 新庄といえば、常識にとらわれない活躍を続けてきた稀代のエンターテイナー。『阪神タイガース』時代には投手と野手の二刀流に挑戦したかと思えば、2…

つづきを見る

プロ野球『巨人』が弱すぎる! 球団史上4度目の10連敗を喫した原因は…?

プロ野球チーム『読売ジャイアンツ』(巨人)が、球団史上4度目となる10連敗を記録。3連覇を目指していたはずが優勝の可能性も消滅しており、目も当てられない状況だ。一体この惨状は何が原因だったのだろうか。 今シーズンの「巨人」を振り返ってみると、『横浜DeNAベイスターズ』からFA権を行使した梶谷隆幸と井納翔一を獲得。また…

つづきを見る

“大谷世代”は怪物だらけ? プロ野球の歴史を変える1994年生まれの名手たち

今の時代を代表する野球のスーパースターといえば、誰もが『ロサンゼルス・エンゼルス』で活躍中の大谷翔平を挙げるだろう。しかし大谷と同じく1994年生まれの世代には、他にも数多くのスター選手が存在する。松坂世代やハンカチ世代にも劣らない大谷世代の選手たちを紹介していこう。 大谷翔平に続くスター選手になるか!? ■日本の4番…

つづきを見る

元・強豪『日ハム』の没落が止まらない! いまだかつてない“暗黒時代”に突入

2021年シーズンも低迷が続くなか、ネガティブなニュースが立て続けに巻き起こる『北海道日本ハムファイターズ』。かつては常勝球団だったにもかかわらず、なぜこのような惨状を招いてしまったのだろうか。 以前の「日ハム」は12球団の中でも屈指の実力を誇っており、メジャーリーグ『サンディエゴ・パドレス』で活躍するダルビッシュ有や…

つづきを見る

ジャンプ打ち切り漫画『クーロンズ』番外編にツッコミ殺到「そりゃ打ち切りになるわ」

かつて『週刊少年ジャンプ』で打ち切りとなった漫画『クーロンズ・ボール・パレード』の特別番外編が、10月5日に『ジャンプ+』で公開された。野球漫画にもかかわらず、そのルールを根底から覆すようなミスがいくつも含まれており、読者からツッコミの声が続出している。 「クーロンズ・ボール・パレード」は、頭脳派キャッチャー・小豆田玉…

つづきを見る

日ハム・斎藤佑樹が引退… 青山に土地が買えるほどビッグになれたのか?

10月1日、プロ野球『北海道日本ハムファイターズ』の〝ハンカチ王子〟こと斎藤佑樹が現役引退を発表した。斎藤には数々の実績があるが、ここではあえて彼の印象的だったビッグマウスの数々を振り返っていきたい。 あらためて説明する必要はないかもしれないが、斎藤は高校時代からメディアに大きく注目されていた。そのためか、プロ入り後に…

つづきを見る