雪之丞

日本のFPSシーンはまだまだ未熟?『VALORANT』世界大会で日本チームがボコボコに…

ドイツのベルリンにて開催されている人気FPS『VALORANT』の世界大会『2021 VALORANT Champions Tour Stage 3 Masters』に、日本の有名チーム『Crazy Raccoon』(以下、CR)が出場。初戦でロシアの強豪チーム『Gambit Esports』と対戦したが、圧倒的大差を…

つづきを見る

『Apex』プレイヤーの怒りが爆発!?“裏ワザ”廃止で「Apex引退」がトレンド入り

9月1日、ツイッター上で「Apex引退」というワードがトレンド入りする事態が発生。その引き金となったのは、ゲーム上で上級者が頻繁に用いる〝移動テクニック〟の削除だという。 今回問題となったのは、人気バトルロワイヤルゲーム『Apex Legends』の開発元である『Respawn』が発表した「タップストレイフの廃止」とい…

つづきを見る

反体制(笑)の時代は終わり?『アジカン』後藤正文のメッセージが社会に刺さる

7月7日、国内最大級の音楽イベント『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2021』(以下:ロッキン)の中止が急遽発表された。コロナ禍で巻き起こっている社会の理不尽を凝縮したような出来事に、多くのミュージシャンたちが憤り、その声に共感する人々も続出している。 イベントが中止にいたったのは、「茨城県医師会」の代表…

つづきを見る

HIKAKINの配信が大荒れ! 人気ゲーム『Apex』の移植版が悲惨なクオリティーに…

世界中で大流行を巻き起こしている人気オンラインゲーム『Apex Legends』。3月10日、多くのファンが待ち望んでいた同作のニンテンドースイッチ版がリリースされた。しかしそのクオリティーをめぐって、ネット上では不満の声が噴出しているようだ。 同作は複数のプレイヤーが最後の1チームになるまで戦闘を繰り広げる、最近流行…

つづきを見る

『ファイナルファンタジー』最新作はオッサン向け? スクエニPの発言に割れる意見

『ファイナルファンタジー』といえば、日本が誇る大作ロールプレイングゲーム。同シリーズの最新作『FF16』の方向性をめぐって、現在ネット上では激しい議論が交わされているようだ。 事の発端となったのは、「FF16」のプロデューサーを務めるスクウェア・エニックスの吉田直樹氏の発言。2月22日、ラジオ番組『ONE MORNIN…

つづきを見る

Ado地上波テレビ出演! 録音環境を公開してファン大興奮「思ってた10倍広い…」

2月5日の深夜に放送された『バズリズム02』(日本テレビ系)に、話題のシンガー・Adoが出演。録音環境を公開し、ファンが大興奮している。 昨年10月にリリースした楽曲『うっせぇわ』によって、鮮烈なデビューを飾ったAdo。彼女は「10代が選ぶ注目の10代アーティスト」として、崎山蒼志とともに番組へ出演した。 番組内では名…

つづきを見る

「やはり人類は滅ぼすべき」モルモットの“擬車化”アニメが話題! 癒される一方で…

貧困に病気、他人とのいざこざ…さまざまな苦痛で溢れかえる現代社会。生きるのがつらくてしかたない、という人に朗報だ。わずか3分で極上の癒しを与えてくれる“モルカー”が、人類のもとにやってきた。 モルカーとは、車になったモルモットのこと。今年1月に放送が始まったテレビアニメ『PUI PUI モルカー』(テレビ東京系)に登場…

つづきを見る

「月が綺麗ですね」「あんたはここでふゆと死ぬのよ」… 人の心を動かしてきた“言ってないセリフ”たち

11月26日、ネット上で今年流行した言葉を選定する『ネット流行語100』の開催が発表された。そこで「実際には存在しないセリフ」がノミネートしたことで、一部の界隈が大いにざわついているようだ。 「ネット流行語100」は、『ニコニコ大百科』と『ピクシブ百科事典』が主催する毎年恒例の企画。両サービスでは1月1日から11月25…

つづきを見る

『YOASOBI』に『ずとまよ』…“ボカロ残り香”で白熱する日本音楽シーン

2020年は日本の音楽シーンにとって、大きな転機となる1年だったのかもしれない。『YOASOBI』に『ヨルシカ』、『ずっと真夜中でいいのに。』(以下、ずとまよ)──〝ボカロ文化〟出身という共通の背景をもつアーティストたちが、次々と大ブレークを遂げたのだ。 それぞれユニット名に「夜」が含まれていることから、3組のアーティ…

つづきを見る

『鬼滅の刃』は業界人気もナンバーワン? Twitterで鬼滅マンガを描く作家たち

いまや社会現象となっている大人気作品『鬼滅の刃』。10月16日に公開された『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』は公開からわずか24日間で興行収入200億円を突破するなど、その人気はとどまることを知らない。そんな「鬼滅の刃」は同業者たちにも注目されており、ツイッター上ではさまざまな“鬼滅マンガ”が投稿されているようだ。 まず…

つづきを見る