音楽

『ONE PIECE』のOPアーティストは呪われる?『鬼滅の刃』との決定的な違い

『週刊少年ジャンプ』の大人気漫画を原作とするアニメ『ONE PIECE』では、これまでさまざまなアーティストが楽曲を手掛けてきた。しかし、そんなアーティストたちのキャリアを辿ってみると、ほとんどが“オワコン化”している疑惑があるという。 ヒット曲に恵まれないジンクス 「ONE PIECE」の初代オープニングである「ウィ…

つづきを見る

『ホロライブ』星街すいせいのYOASOBIカバーが本家超え!? ファンが勝手に勝利宣言

人気音楽ユニット『YOASOBI』が、新曲『ミスター』の公式ミュージックビデオを公開。それと同時期に、『ホロライブ』のVTuber・星街すいせいが「YOASOBI」のカバー曲を投稿した。奇しくもタイミングが重なっていたことで、両者の再生数が比較されているようだ。 「YOASOBI」と星街すいせいのデッドヒート 星街すい…

つづきを見る

『AKB48』の“握手券商法”は本当に悪なのか…? オタクコンテンツが歩んできた歴史

5月13日に放送された『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)の歴代CD総売り上げランキングにて、『AKB48』が2位にランクイン。これに対して、“AKB商法”を目の敵にする人々から批判の声が上がっている。しかしAKB商法は、そこまで悪質な売り方だったのだろうか…。 元凶は「AKB48」ではない? AKB商法とは、…

つづきを見る

新作ソシャゲ『ヘブバン』も大ヒット!“作曲家・麻枝准”が生み出した神曲3選

『AIR』や『CLANNAD』などの名作を生んできた麻枝准。その才能はシナリオだけでなく音楽方面でも飛びぬけており、新作ソシャゲ『ヘブンバーンズレッド』も大きな話題を呼んでいる。これまでどんな楽曲を手掛けてきたのか、その足跡を振り返ってみよう。 切なさと激情のあいだで <その1>Lia『夏影』 2000年にPCゲームと…

つづきを見る

VTuber業界の闇を暴露! プロ作曲家が“低すぎる報酬”に激怒「ヤベェ所多すぎ」

美少女ゲーム界隈で有名なミュージシャン・bamboo氏が、とあるVTuberの運営会社に怒りを爆発させて話題に。具体的な会社名は伏せていたものの、ネット上ではさまざまな憶測が広まっているようだ。 音楽ユニット『milktub』のボーカルといった音楽活動に留まらず、美少女ゲームの制作などにも関わってきた経歴を持つbamb…

つづきを見る

アニメ『進撃の巨人』新OPに賛否!「リンホラ」を諦めきれない日本のファンたち

大人気漫画の最終章をアニメ化した『進撃の巨人 The Final Season Part 2』(NHK)が、ついに1月9日深夜から放送開始。ファンの間ではオープニング曲に注目が集まっていたが、その反応は真っ二つに分かれているようだ。 アニメのオープニングに使用されているのは、日本のレゲエパンクバンド・SiMによる『Th…

つづきを見る

ボーカロイド文化が令和に復権! 火付け役はスマホゲーム『プロセカ』だった?

『ニコニコ動画』黄金期の一大コンテンツとして人気を博したボーカロイド。『千本桜』や『カゲロウデイズ』といったメガヒット曲が誕生したのは、今から約10年前のことだ。大人になった“ニコ厨”たちは、もはや古の文化と捉えているかもしれないが、今年に入って未曽有のブームが起きているという。 現在ツイッター上では、「『ニコニコ動画…

つづきを見る

2021年の“アニソンベスト5”決定!『白い砂のアクアトープ』OPに隠された秘密とは…

2021年も残すところあとわずかとなったが、今年のアニメを振り返ってみると、OPやEDの楽曲に力を入れていた作品が多かった印象だ。そこで今回は、独断と偏見で選んだ2021年「アニソン」ベスト5を紹介。ただ、『ウマ娘 プリティーダービー Season 2』の『ユメヲカケル!』はあまりにも有名なので、今回は“殿堂入り”とい…

つづきを見る

『東京喰種』OPが「海外で最も再生された日本の楽曲」第1位に! 海外人気の理由とは?

音楽ストリーミングサービス『Spotify』が、過去5年間のデータをもとにした各種ランキングを発表。その中の「過去5年間に海外で最も再生された日本のアーティストの楽曲」という括りにて、TK from 凛として時雨の『unravel』が1位を獲得した。一体なぜ同楽曲は、ここまで海外人気が高まっているのだろうか? 「unr…

つづきを見る

ジャンプの「UKロック特集」がクソすぎる! 商業に踊らされるロック脳の悲劇

8月23日に発売された『週刊少年ジャンプ』38号の雑誌内企画にて、「UKロック」を紹介するコーナーが掲載された。一見本格的に見えるコラムが少年誌に載ったことで、一部の音楽ファンは歓喜しているようだが…。 今回話題を呼んだのは、「ジャンプ」巻末に掲載された『UKロックのすすめ』と題した企画。ネオヴィジュアル系バンド『Pl…

つづきを見る