音楽

アニメ『進撃の巨人』OP曲の秘密が明らかに! 隠されたテーマは“イジメ”…?

現在放送中のアニメ『進撃の巨人 The Final Season』(NHK)のオープニング曲として、熱狂的な人気を誇る『僕の戦争』。2月22日、ついに同楽曲のフルサイズ音源がリリースされた。そこで衝撃的な事実が明らかとなり、ネット上で大きな話題を呼んでいるようだ。 「僕の戦争」はロックバンド『神聖かまってちゃん』による…

つづきを見る

Ado地上波テレビ出演! 録音環境を公開してファン大興奮「思ってた10倍広い…」

2月5日の深夜に放送された『バズリズム02』(日本テレビ系)に、話題のシンガー・Adoが出演。録音環境を公開し、ファンが大興奮している。 昨年10月にリリースした楽曲『うっせぇわ』によって、鮮烈なデビューを飾ったAdo。彼女は「10代が選ぶ注目の10代アーティスト」として、崎山蒼志とともに番組へ出演した。 番組内では名…

つづきを見る

Ado『うっせぇわ』に有名アーティストも同調!“キレ芸”の系譜は音楽シーンの伝統

昨年10月にリリースした楽曲『うっせぇわ』によって、鮮烈なデビューを飾ったAdo。パンチの効いた〝がなり声〟や儚げなファルセット、力強くも甘い地声などを使い分けた歌声は、まさに変幻自在。そんなAdoのパフォーマンスは一般人のみならず、有名アーティストたちも虜にしているようだ。 1月31日放送の『爆笑問題の日曜サンデー』…

つづきを見る

劇薬「丸サ進行」を酷使! なぜ『紅白』は似たような曲が多い?

昨年大晦日に放送された『第71回NHK紅白歌合戦』。初の無観客開催にも関わらず番組後半部の平均視聴率は40.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録し、2年振りとなる40%台を回復。お茶の間の年末恒例行事として返り咲く結果となった。 ストリーミングでの再生回数が2億回を突破した『YOASOBI』の『夜に駆ける』、SN…

つづきを見る

『15の夜』は迷惑ユーチューバーレベル? 理由なき反抗を取り締まる「不謹慎アレルギー」

若者はいつの時代も大人たちに反抗しようとするもの。多少社会から逸脱しても、若気の至りとして許される…という雰囲気が昔はあった。しかし最近では若者たちの“理由なき反抗”を批判する風潮が強くなっているようだ。 先日掲示板上では、尾崎豊の名曲『15の夜』をめぐる議論が繰り広げられ、大きな注目を集めていた。同楽曲の「盗んだバイ…

つづきを見る

アイドルは所詮「おじさん」の操り人形! 岐路に立たされる日本のアイドル業界

日本のポップカルチャーにおいて、アイドルはなくてはならない存在。約10年前に「アイドル戦国時代」という言葉が生まれて以来、『AKB48』や坂道シリーズなどさまざまなグループが覇権争いを繰り広げてきた。しかしいくら流行が移り変わっても、一貫して変わらない点がある。それは、アイドルが「おじさん」の作る文化ということだ。 1…

つづきを見る

『YOASOBI』に『ずとまよ』…“ボカロ残り香”で白熱する日本音楽シーン

2020年は日本の音楽シーンにとって、大きな転機となる1年だったのかもしれない。『YOASOBI』に『ヨルシカ』、『ずっと真夜中でいいのに。』(以下、ずとまよ)──〝ボカロ文化〟出身という共通の背景をもつアーティストたちが、次々と大ブレークを遂げたのだ。 それぞれユニット名に「夜」が含まれていることから、3組のアーティ…

つづきを見る