黒子のバスケ

ジャンプ漫画の「10年に1人の天才」は嘘ばかり?『黒バス』は“2年で10人”の逸材が集結

『週刊少年ジャンプ』のスポーツ漫画には、必ずと言っていいほど「〇〇年に1人の天才」という異名を持つキャラクターが登場する。しかしそんな大それた肩書は、はたして信ぴょう性があるのだろうか。実際に天才キャラを取り上げて、検証してみよう。 才能を疑われてしまった者たち ■『アイシールド21』金剛阿含 アメフト漫画『アイシール…

つづきを見る

『黒子のバスケ』意味不明なプロジェクト始動! ファン困惑「え? 売らないの?」

いまだに熱烈なファンが多い、『週刊少年ジャンプ』の異能力バスケ漫画『黒子のバスケ』。先日、アニメ化10周年を記念したフィギュア企画がスタートしたのだが、その内容があまりに珍妙だったことから、困惑の声が飛び交っている。 世界に1つだけのフィギュア? 「黒子のバスケ」は、2008年~2014年にかけて連載されていた作品。主…

つづきを見る

ジャンプ『黒子のバスケ』作者の新作読切に賛否「厨二心をくすぐる」「汚いコナン君じゃん」

12月20日発売の『週刊少年ジャンプ』3・4合併号に、『黒子のバスケ』の作者として知られる藤巻忠俊の新作読み切り『キルアオハル』が掲載された。読者の間でも大きな話題を呼び、早くも“なろう系コナン”との異名をつけられているようだ。 「キルアオハル」の主人公は、伝説の殺し屋だった鰐渕一郎という人物。彼は41歳だったが、任務…

つづきを見る