BLEACH

『BLEACH』の黒歴史!? 無能集団「仮面の軍勢」とは何だったのか…

『週刊少年ジャンプ』を代表する漫画、久保帯人の『BLEACH』。バトル漫画ならではのパワーインフレに見舞われた同作だが、その中で悲惨な戦績を叩き出したキャラクターたちも。「仮面の軍勢(ヴァイザード)」が「無能すぎる」という声も多く聞かれる。 「虚化」もできる死神集団 「BLEACH」は、霊が見える特殊能力を持った主人公…

つづきを見る

『呪術廻戦』大ヒットをディス! 久米田康治の風刺ネタが危険すぎる…

現在公開中の劇場版も大ヒットを記録しており、最も勢いのある漫画と言っても過言ではない『呪術廻戦』。そんな同作をめぐって、『さよなら絶望先生』などで知られる漫画家の久米田康治が、とんでもない過激ネタを放り込んでしまったようだ。 問題のシーンは、『週刊少年サンデー』で久米田が連載中の『シブヤニアファミリー』で描かれた。とあ…

つづきを見る

漫画・アニメの主人公は親ガチャSSR!「なろう系」はジャンプ作品へのアンチテーゼ?

このところ、ネット上で大激論が続いている「親ガチャ」問題。この言葉をめぐり、一部では日本の漫画などに出てくる主人公に対して《親ガチャSSRばかりなのでは?》という説が浮上しているようだ。 「親ガチャ」とは、子どもの立場から親は選べないという考えから生まれた言葉。財産や才能、容姿に至るまで、自身の境遇を親から受け継いだ必…

つづきを見る

グラグラの実、残火の太刀、百式観音… ジャンプ漫画の「強すぎる老人キャラ」3選

どれほど格闘技を極めた猛者であっても、年齢が上がるほど肉体が衰えていくもの。しかしバトル漫画の中には、老いてなお最強の座をゆずらない超人たちが数多く登場する。今回は『週刊少年ジャンプ』の歴代作品から、読者に強烈なインパクトを与えた〝老人キャラ〟をご紹介しよう。 全盛期を過ぎても最強! 達人キャラの魅力 <その1>『BL…

つづきを見る

『BLEACH』新作読切で衝撃の事実が判明!? 死神たちの末路は“共食い”なのか…

8月10日発売の『週刊少年ジャンプ』36・37合併号に、久保帯人の大ヒット漫画『BLEACH』の新作読切が登場。そこでは本編で描かれなかった、「地獄」にまつわる設定が明かされている。本稿ではその新事実を手掛かりとして、「死神の死後」について1つの仮説を提唱してみたい。 ※『BLEACH』新作読切の内容に触れています ま…

つづきを見る

『BLEACH』新作読切で新章開幕…!? 衝撃展開に「いつから読切だと錯覚していた?」

8月10日発売の『週刊少年ジャンプ』36・37合併号に、久保帯人による大人気コミック『BLEACH』の新作読切が掲載された。その意外すぎる展開に、ファンたちが大きな衝撃を受けている。 ※『BLEACH』新作読切の内容に触れています 今回描かれたのは、本編が最終回を迎えた後の物語。平穏な日常を過ごしていた黒崎一護のもとに…

つづきを見る

ジャンプ漫画に咲いた百合…「女同士の絆」で人気を博したレジェンドカップル

女性同士の強い感情的な結びつきを描いた「百合」は、今や幅広い層から人気を集めている。少年漫画ではあまり見かけないものの、時には砂浜に埋もれた真珠のごとく、貴重な作品が発見されることも。今回は『週刊少年ジャンプ』の歴代作品から、伝説的な百合カップルを掘り起こしてみよう。 そもそも「ジャンプ」漫画はほとんどの場合、主人公が…

つづきを見る

『ヒロアカ』キャラに女性ファン激怒! ジャンプ漫画の「嫌われヒロイン」3選

『週刊少年ジャンプ』の作品には魅力的なヒロインが多数登場し、読者たちに愛されてきた。しかしごく一部には、愛されるどころかアンチを量産してしまったヒロインも…。今回はとくに読者から嫌われていたジャンプヒロインを3人ご紹介しよう。 天然キャラ・ドジっ子は嫌われやすい? <その1>『BLEACH』井上織姫 井上織姫といえば、…

つづきを見る

『BLEACH』作者も標的に… Twitterの失言で大炎上したジャンプ作家たち

SNSは老若男女問わず多くの人が利用しており、あらゆる人が炎上のリスクにさらされていると言えるだろう。過去にはツイッター上で『週刊少年ジャンプ』の人気漫画家たちも炎上の標的となったことがある。一体どんな騒動があったのか、有名なものを振り返っていこう。 人気作家たちを襲った不幸 <その1>失言でも詩的センスを発揮! 久保…

つづきを見る

『BLEACH』のベストバウトといえば? 海外ファンが選ぶ「最高のバトル」トップ20

久保帯人の生み出した『BLEACH』といえば、アニメ・漫画ともに〝スタイリッシュ〟で、多くの人々に影響を与えた傑作。この作品の魅力は何といっても、熱さと迫力を兼ね備えたバトルシーンにあるだろう。 同作は海外でも根強い人気を誇っており、「どのバトルが最高だったか」をめぐって議論が行われているようだ。一体どのキャラクターに…

つづきを見る