HUNTER×HUNTER

『HUNTER×HUNTER』汎用性のない力といえば…? ガチで使えない念能力トップ3

漫画『HUNTER×HUNTER』の魅力といえば、バリエーション豊富な「念能力」。読者の間では、最強の念能力をめぐって熱い議論が繰り広げられてきた。しかしその一方で、作中にはどこが強いのか全く分からない〝弱すぎる念能力〟も存在する。本稿ではどれが一番使えない念能力なのか、さまざまな観点から検証していこう。 念能力とハサ…

つづきを見る

最強はゴレイヌさん!『HUNTER×HUNTER』の「初見殺しな念能力」トップ3

『HUNTER×HUNTER』といえば、『週刊少年ジャンプ』を代表する大ヒット漫画。作中ではさまざまな特性をもつ「念能力」によって、迫力あるバトルが繰り広げられてきた。そこで今回取り上げたいのが、初見殺しの念能力。あまりにトリッキーかつ対応が難しいチート技の中から、独断と偏見にもとづいてトップ3を決めていきたい。 懐か…

つづきを見る

『HUNTER×HUNTER』ついに連載再開!? ツイッターを駆け巡った“デマ”の真相

3月22日、ツイッターに震撼が走った。なんと〝HUNTER〟と〝連載再開〟がトレンド入りを果たしたのだ。もちろん多くの漫画ファンは〝『HUNTER×HUNTER』の連載再開〟を期待したのだが、現実はそう甘くなかったようだ。 説明は不要かと思うが、『HUNTER×HUNTER』は冨樫義博による漫画。『週刊少年ジャンプ』の…

つづきを見る

『ONE PIECE』神回も! 大興奮したジャンプ漫画の「敵との共闘」3選

『週刊少年ジャンプ』には、数々の名作バトル漫画が掲載されてきた。その作品に共通するのは、いつまでも記憶に残る魅力的な敵キャラたちの存在だ。とくに、最初はたんなる悪役だった敵が、その後味方として登場する…という共闘展開には、誰もが胸を熱くしてきたはず。 本稿では、そんな「ジャンプ」の王道ともいえる共闘シーンをピックアップ…

つづきを見る

『呪術廻戦』が「ハンタ」そっくり… 乙骨憂太=ネフェルピトーだとツッコミ殺到

3月1日発売の『週刊少年ジャンプ』13号に、ダークファンタジー漫画『呪術廻戦』の最新話が掲載された。作中では乙骨憂太と主人公・虎杖悠仁によるバトルが繰り広げられたのだが、読者の間では人気漫画『HUNTER×HUNTER』を連想する人が続出している。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています 第140話『執行』は、虎杖と…

つづきを見る

『HUNTER×HUNTER』に新展開!? ゴン&キルア声優がニオわせツイート…

冨樫義博による大人気漫画を原作としたアニメ『HUNTER×HUNTER』。2014年に放送が終了して以来、長年音沙汰がない状態が続いていたが、ツイッター上では意外なウワサが浮上しているようだ…。 ウワサの出所となったのは、アニメ「HUNTER×HUNTER」で主要キャラクターを演じていた声優たちのツイートだ。2月5日、…

つづきを見る

竈門炭治郎だけじゃない! 今こそ観たい「長男」が大活躍するアニメ3選

劇場版アニメが未曽有の売上を記録し、2020年の覇権コンテンツとなった『鬼滅の刃』。同作が大ヒットした理由の1つに、主人公・竈門炭治郎の「長男」としての魅力があることは間違いない。「俺は長男だから我慢できたけど次男だったら我慢できなかった」というセリフは、あまりにも有名だ。 今にして思えば、長男が活躍するアニメはどれも…

つづきを見る

【『呪術廻戦』132話】東堂葵のセリフが「どう考えてもネテロ会長」と歓喜の声!

12月7日発売の『週刊少年ジャンプ』に掲載された、芥見下々によるダークファンタジーマンガ『呪術廻戦』の最新話をレビュー! 人気マンガ『HUNTER×HUNTER』の意外なオマージュが飛び出し、ジャンプファンを歓喜させているようだ。 【ネタバレあり】第132話「渋谷事変(49)」 今回のエピソードでは、虎杖悠仁と特級呪霊…

つづきを見る