HUNTER×HUNTER

『HUNTER×HUNTER』ハズレは“具現化系”? 残念能力の使い道を徹底検証

冨樫義博の漫画『HUNTER×HUNTER』には、6つの系統にわかれた念能力が登場する。その中でも最弱のレッテルを貼られているのが、武器などの実物を生み出す「具現化系」だ。一体なぜ具現化系は弱いと言われてしまうのか、本当に使い道がないのか…。今回はさまざまな角度から、具現化系の真価を明らかにしよう。 そもそも具現化系が…

つづきを見る

飛影が“炎殺黒龍波”を…! ジャンプ史上最もかっこいい「瞬殺シーン」3選

バトル漫画にはいくつものお決まりが存在するが、その中でも少年心をくすぐられるのが敵を瞬殺するシーン。圧倒的な実力差によって、強敵と思われていた相手を一瞬にして葬り去る様はなんともクールだ。今回は数々の傑作バトル漫画を生み出してきた『週刊少年ジャンプ』から、少年漫画史に残る「瞬殺シーン」を振り返ってみよう。 冨樫義博が得…

つづきを見る

『HUNTER×HUNTER』の能力を使えるとしたら? 実生活でも役立つ念能力トップ3

誰もが一度は漫画に登場する「異能」を現実で使ってみたいと空想するもの。作品の設定が作り込まれているほど、その想像はリアリティーをもつだろう。そこで今回は、緻密な設定で知られる冨樫義博の『HUNTER×HUNTER』をもとに1つの考察を展開。同作に登場する「念能力」の中で、もっとも実生活に役立つのはどの能力なのだろうか?…

つづきを見る

『HUNTER×HUNTER』幻影旅団“最強”は誰? 旅団メンバーの実力者トップ3

冨樫義博による大人気漫画『HUNTER×HUNTER』には多く猛者が登場するが、その中でもA級賞金首の盗賊集団「幻影旅団」は圧倒的な人気を誇る。体術のみならず念能力者としても超一流の彼らだが、十数人いるメンバーの中では果たして誰が一番強いのだろうか。本稿では、作中で微妙な立ち位置のヒソカとイルミを除くメンバーの中から〝…

つづきを見る

ハンターライセンスの価値は90億円!?『HUNTER×HUNTER』作中から相場を検証

冨樫義博の人気漫画『HUNTER×HUNTER』の世界には、「ハンターライセンス」という資格が存在する。狭き門である「ハンター試験」に合格した人間だけが入手できるアイテムで、かなりの希少価値が認められているようだ。ではそんなハンターライセンスを売ると、一体どれほどの値段がつくのだろうか? 原作のワンシーンから“相場”を…

つづきを見る

『呪術廻戦』150話に下描きが混入!「完全に冨樫リスペクト」とツッコミ殺到

5月31日に発売された『週刊少年ジャンプ』26号では、人気沸騰中の漫画『呪術廻戦』が表紙と巻頭カラーに登場。しかし本編の中に〝下描き(ネーム)〟状態と思われるページが掲載されていたため、読者からツッコミの声が殺到している。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています 第150話『葦を啣む -参-』では、禪院真希が父・扇を…

つづきを見る

『HUNTER×HUNTER』メルエムを倒せる念能力は? 実は強すぎたノヴ…

漫画『HUNTER×HUNTER』の最強キャラを聞かれたら、誰もがキメラアントの王・メルエムと答えるだろう。パワー・スピード・防御力…すべてにおいて隙がなく、人間では決して倒せない存在のように見える。しかし、それは本当に正しいのだろうか。本稿では、メルエムを打倒できる念能力の可能性について考察してみたい。 ご存知の通り…

つづきを見る

ジャンプ作品は“クソゲー”の宝庫!? 原作ファンが頭を抱えた「迷作ゲーム」3選

『週刊少年ジャンプ』からは大ヒット漫画の数々が生まれており、ゲーム化された作品も少なくない。しかしクオリティーが必ずしもウェルメイドとはいかないようで、ファンから〝クソゲー〟認定されてしまうことも。今回はそんな「ジャンプ」発の迷作ゲームを3つご紹介していこう。 “ハズレ”を引いてしまった国民的漫画 <その1>『ONE …

つづきを見る

ゴンさんの命を懸けた戦いも…『HUNTER×HUNTER』史上最高の「名バトル」3選

『HUNTER×HUNTER』といえば、『週刊少年ジャンプ』を代表する人気漫画。念能力を駆使した奥の深いバトルや全く予想できない展開によって、いつでもファンを熱狂させてきた。今回はその中でもとくにクオリティが高い名勝負を3つ厳選し、見どころを語っていこう。 <その1>誰もが待ち望んだ世紀の一戦「クロロvsヒソカ」 まず…

つづきを見る

『進撃の巨人』だけじゃない! 画力を捨てて売れた“剛腕漫画家”たちの系譜

漫画はストーリーやキャラの魅力など、さまざまな要素によって成り立っているもの。しかし、人気作家たちの中には画力をかなぐり捨て、成功を収めた者も少なくない。今年4月に完結したメガヒット作『進撃の巨人』も、「物語の秀逸さに画力が追い付いていない」ことで度々話題を呼んできた。果たして漫画が売れるには、画力は必要ないのだろうか…

つづきを見る