M-1

『15の夜』は迷惑ユーチューバーレベル? 理由なき反抗を取り締まる「不謹慎アレルギー」

若者はいつの時代も大人たちに反抗しようとするもの。多少社会から逸脱しても、若気の至りとして許される…という雰囲気が昔はあった。しかし最近では若者たちの“理由なき反抗”を批判する風潮が強くなっているようだ。 先日掲示板上では、尾崎豊の名曲『15の夜』をめぐる議論が繰り広げられ、大きな注目を集めていた。同楽曲の「盗んだバイ…

つづきを見る

今「学生芸人」が熱い!?『M-1』無双のインテリお笑いマニアたち

お笑い好きの人間が集まる環境は、おのずと笑いのレベルが高くなる。『中川家』から『霜降り明星』まで、『M-1グランプリ』の歴代優勝コンビは実に3分の1以上がお笑いの本場・大阪出身。お笑いコンビ『ナイツ』の塙宣之はかつて「サッカーでいえば、大阪はブラジル」と例えたが、お笑いの好きな土地柄に住んでいる以上、センスが磨かれてい…

つづきを見る

『M-1』ファイナリスト9割に共通点! 第七世代の次は「ユーチューバー芸人」がブレイクする説

近年稀に見る大接戦となり、多くのお笑いファンたちを沸かせた12月20日放送の『M-1グランプリ2020』(テレビ朝日系)。番組には個性豊かな全10組のファイナリストが登場したが、彼らには〝ユーチューバー芸人〟という共通点があったことをご存知だろうか? 『ニューヨーク』に『おいでやすこが』、『見取り図』…いずれも芸風・出…

つづきを見る