まいじつエンタ

人気ゲーム配信者・ソバルト猫虐待で大炎上! パワハラ問題もぶり返して火の海

失言・暴言などをきっかけとして、頻繁に炎上騒動が巻き起こるゲーム配信者界隈。つい先日には、FPSゲームなどを得意とする人気配信者・ソバルトに“動物虐待”の疑惑が持ち上がり、ネット上を騒然とさせているようだ。 人気配信者による虐待の実態 物議を醸しているのは、8月8日にSNS上で流出した1本の動画。その映像はソバルトが飼…

つづきを見る

アニメ『チェンソーマン』マキマだけ解釈違い? 声優・楠木ともりに寄せられる不評…

今年10月より放送される予定のTVアニメ『チェンソーマン』だが、はやくも原作ファンの間では不安要素が生まれつつある模様。8月5日に主要キャラクターの担当声優が明かされたのだが、マキマ役・楠木ともりが賛否を呼んでしまったのだ。 解釈違いを訴えるファンたち 「チェンソーマン」は、フリーのデビルハンターとして孤独な人生を送っ…

つづきを見る

『呪術廻戦』193話で禪院真希に死亡フラグ…? 呪霊直哉は五条vs甚爾のセルフパロディか

人気漫画『呪術廻戦』の第193話『桜島結界(3)』が、8月8日発売の『週刊少年ジャンプ』36・37合併号に掲載された。怪物となった禪院直哉と、別の意味で怪物クラスな禪院真希による戦いが白熱しているが、そこで不吉なフラグを浮かび上がることに…。 ※『呪術廻戦』最新話の内容に触れています ここ数話の展開を振り返ると、死亡し…

つづきを見る

歩美ちゃんを当然のように誘拐…アニメ『名探偵コナン』“ヒロピン”描写にオタク大興奮

『名探偵コナン』に出てくる「少年探偵団」において、歩美はたびたび誘拐などのターゲットになることでお馴染み。8月6日放送のアニメ第1053話『牧場に墜ちた火種(前編)』では、またもや歩美がターゲットとなったのだが、その描写にツッコミの声が殺到している。 ※アニメ『名探偵コナン』の内容に触れています 「少年探偵団」は担任・…

つづきを見る

『ソニー』ゲーム分野で大幅減益!「完全にPS5のせい」「転売対策しないから」

先日、ソニーグループが2022年度の第1四半期連結業績概要を発表。ゲーム&ネットワークサービス分野の営業利益に関して、大幅減益だったことが判明した。ネット上では《完全にPS5のせい》などとも言われているが…。 「PS5」供給不足の影響が如実に 資料によるとゲーム&ネットワークサービス分野における2022年度第1四半期の…

つづきを見る

『怪獣8号』アニメ化決定も暗雲…? ファンが懸念する“エリンギ”の扱い

『少年ジャンプ+』の最終兵器とも目されている人気漫画『怪獣8号』が、アニメ化されることが明らかとなった。ファンたちは喜びに湧き立っているが、その一方で不安要素を口にする人も少なくない。はたして結果はどうなるのだろうか…。 大人気漫画の光と闇 「怪獣8号」は2020年7月から連載が始まったファンタジー漫画。凶悪な怪獣が人…

つづきを見る

アニメ『ダイの大冒険』89話で原作を神補完! マトリフの“バギクロス”に「新解釈ですよ」

人気アニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』(テレビ東京系)の第89話『凍れる時間の秘法』が、8月6日に放送された。大幅にアニオリシーンが盛られて描かれたハドラーとアバンの戦いに、視聴者から大興奮の声が上がっているようだ。 ※アニメ『ダイの大冒険』最新話の内容に触れています ミストバーンの無敵の秘密が「凍れる時間の秘法…

つづきを見る

『ONE PIECE』ヤマトの“仲間入り詐欺”がもう限界…1056話に「引っ張りすぎ!」

『ONE PIECE』ファンなら誰もが注目する、「麦わらの一味」への“仲間入り”問題。最有力候補として、カイドウの子・ヤマトの名前が挙がっているのだが、いつまで経っても進展がないためウンザリしてしまう読者も少なくない。 ※『ワンピース』最新話の内容に触れています 『週刊少年ジャンプ』36・37合併号に掲載された第105…

つづきを見る

『ジャンプ+』をネコ派が支配! ヒット作続出でイヌ派の立場は…

あざといほどにかわいいネコか、賢くて忠実なイヌか…。動物を愛する人々にとっては、世界を二分するほどの究極の選択だ。しかし現在の『少年ジャンプ+』においては、どうやらネコ派の作品が圧倒的に優勢となっているらしい。 ネコがいない日はない「ジャンプ+」 現在の連載ラインナップを見てみると、ネコが人語を話し、人間顔負けの活躍を…

つづきを見る

『けもフレ』はやはり呪われてる!? PS4版ゲームが“10日”でサービス終了…

かつて一世を風靡した人気コンテンツ『けものフレンズ』だが、その後の凋落は著しい。最近ではPS4版ゲーム『けものフレンズ3』が、史上稀に見るスピードでサービス終了を発表。何かと問題が続くことから、あらためて「呪われたコンテンツ」と揶揄されている。 短すぎるサービス提供期間 当初「けものフレンズ3」は、スマートフォン向けゲ…

つづきを見る