ONE PIECE

『ONE PIECE』ルフィの懸賞金が低すぎ…? カイドウの46億ベリーを超えない理由

激動の展開が続いている尾田栄一郎の漫画『ONE PIECE』。6月22日発売の『週刊少年ジャンプ』29号に掲載された第1053話では、四皇を討ち取ったメンバーの懸賞金が一新される展開に。しかしそこで、ルフィの懸賞金が「低すぎる」という疑惑が上がっている。 ※『ワンピース』最新話の内容に触れています ここ最近の展開では、…

つづきを見る

“カイドウの右腕”は本当に強かった…アニメ『ONE PIECE』キングvsマルコを改変

原作と異なった“アニオリ要素”が、キャラクターの強さにも影響するアニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)。6月19日放送の第1022話『悔いなし ルフィと親分師弟の絆』では、とある人物の戦力が“格上げ”されたことで話題を呼んでいるようだ。 ※アニメ『ONE PIECE』最新話の内容に触れています 今回の物語は、原作…

つづきを見る

“新四皇”は20年前に予言されていた?『ONE PIECE』1053話で回収された伏線

物語がクライマックスに差し掛かり、激動の時代を迎えつつある『ONE PIECE』の世界。6月20日発売の『週刊少年ジャンプ』29号に掲載された最新話では、“四皇”の顔ぶれに大きな変化が生じた。しかもその変化は、20年前からすでに示唆されていたという。 ※『ワンピース』最新話の内容に触れています ルフィたちがカイドウとビ…

つづきを見る

『ONE PIECE』ヤマトの“男湯”入浴描写が物議! ついに反ポリコレ漫画から脱却?

欧米を中心として、表現の世界を変えつつある「ポリティカル・コレクトネス」の風潮。日本が世界に誇る大人気漫画『ONE PIECE』もその波に乗りつつあるようで、最新話で“LGBT配慮”のシーンが描かれた。作者・尾田栄一郎にどのような心境の変化があったのだろうか…。 トランスジェンダーに配慮した入浴シーン 話題となっている…

つづきを見る

尾田栄一郎が描いたAdoは解釈違い!? 大人の事情に巻き込まれる陰キャ歌姫

6月15日、歌い手出身の人気アーティスト・Adoがツイッターのプロフィール画像を変更。『ONE PIECE』の原作者・尾田栄一郎のイラストに変わったのだが、不評の声が相次いでいる。多くのファンにとって、“解釈違い”の姿だったためだろう。 尾田ワールドがキャラに合わない? Adoは8月6日に公開される劇場アニメ『ONE …

つづきを見る

『ONE PIECE』引き延ばし展開の弊害? ホーキンスの発言が原作とアニメで矛盾…

原作では見られない“アニオリ要素”によって、作品を盛り上げてきたアニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)。しかし原作の最新話にあたる第1052話『新しい朝』にて、アニメとは致命的に矛盾する設定が明かされてしまい、読者をざわつかせている。 ※『ONE PIECE』最新話の内容に触れています 同エピソードが掲載されたの…

つづきを見る

アニメ『ONE PIECE』原作改変で人獣カイドウ登場も…人気キャラ“格落ち”の悲劇

オリジナリティあふれる要素の追加などで話題を呼ぶアニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系)。6月12日放送の第1021話『スパンク炸裂! サンジの女難!』では、キャラクターを“格落ち”させるような原作改変が行われていた。原作とどんな違いがあったのか、検証していこう。 ※アニメ『ONE PIECE』最新話の内容に触れて…

つづきを見る

ニコ・ロビンが「麦わらの一味」を離脱!?『ONE PIECE』1052話で陰謀が暗躍か…

『ONE PIECE』のニコ・ロビンといえば、オハラの生き残りであり、ポーネグリフを解読できるという超重要人物。6月13日発売の『週刊少年ジャンプ』28号に掲載された最新話では、そんな彼女がついに“陰謀の渦”に巻き込まれてしまった…かもしれない。 ※『ワンピース』最新話の内容に触れています ルフィとカイドウの激闘が終わ…

つづきを見る

『ONE PIECE』1052話ルフィ&ゾロ復活はご都合主義? ワノ国での激闘は一体…

『ONE PIECE』の世界観では、どれだけダメージを負っても「肉」を食べれば復活するというウワサがあった。それを裏付けるような展開が、6月13日発売の『週刊少年ジャンプ』28号に掲載された第1052話『新しい朝』で登場。読者からツッコミを浴びている。 ※『ワンピース』最新話の内容に触れています 「百獣海賊団」と黒炭オ…

つづきを見る

ジャンプ漫画の“なろう化”が止まらない! 現役作家が明かしたヒットの法則

「小説家になろう」の作品は、いまや創作の一大ジャンル。そこで使用されているメソッドは、いわゆる“なろう系”だけにとどまらず、『週刊少年ジャンプ』の土壌にまで及んでいるようだ。最近では現役の連載作家から、驚きの事実が明かされていた。 読者を“スカッと”させるテンプレ展開 「なろう系」といえば、「小説家になろう」でよく見ら…

つづきを見る