SAKAMOTO DAYS

ジャンプ『僕とロボコ』すり寄るのは人気作だけ…パロディ描写に「人気ない新連載は全スルー」

アニメ化も決定し、『週刊少年ジャンプ』を引っ張るギャグ漫画として注目を集めている『僕とロボコ』。その作風は令和らしく、“誰も傷つけない笑い”を追求しているのだが、最近ではちょっとした争いの種も生まれてしまったようだ。 「ロボドラゴン」に批判? 「僕とロボコ」は、メイドロボであるロボコが、空回りしながらメイドの使命を全う…

つづきを見る

ジャンプ『SAKAMOTO DAYS』新キャラが天才的!? 漫画表現の新境地“イケオバ”

『週刊少年ジャンプ』で連載されている鈴木祐斗の『SAKAMOTO DAYS』が、漫画表現の新境地を切り拓いた。同作は目が覚めるようなアクション描写によって読者を虜にしてきたが、今度は“イケオバ”という新たな概念を生み出したようだ。 ※『SAKAMOTO DAYS』最新話に触れています 同作は、引退した伝説の殺し屋・坂本…

つづきを見る

ジャンプの次期看板が確定!?『SAKAMOTO DAYS』が“劣化銀魂”の汚名を返上

人気連載陣が軒並み姿を消し、誌面の弱体化が心配されている『週刊少年ジャンプ』。そんな同誌に、新たな看板作品が台頭しつつあるという。それは鈴木祐斗によるバトルアクション漫画『SAKAMOTO DAYS』だ。 鉄板の「学園モノ」がスタート! 同作は、かつて「伝説」と言われた殺し屋・坂本太郎をめぐる物語。引退して平穏な日常を…

つづきを見る

ジャンプ『Dr.STONE』の後釜?『SAKAMOTO DAYS』一軍入りで看板作品に!

『週刊少年ジャンプ』ではここ最近、新たなヒット作が生まれておらず、今後を不安視する声も少なくない。しかしそんななか、2020年末に連載が始まったバトル漫画『SAKAMOTO DAYS』が“期待の新星”として輝き始めている。 掲載順が「ONE PIECE」を超えたことも… 「SAKAMOTO DAYS」は、引退した伝説の…

つづきを見る

ジャンプ次世代の柱?『SAKAMOTO DAYS』が漫画ファンを惹きつける理由

『週刊少年ジャンプ』といえば『ONE PIECE』のような看板漫画の存在感が目立つが、中堅を担う漫画も着々と育ちつつある。最近人気を伸ばしているのが、2020年末から始まった鈴木祐斗の漫画『SAKAMOTO DAYS』だ。 同作は、「ジャンプ」の定番であるバトルアクションを売りにした作品。主人公の坂本太郎は凄腕の殺し屋…

つづきを見る

ジャンプ『SAKAMOTO DAYS』話題沸騰! 過去作“最凶キャラ”登場に「最高かよ」

最強の殺し者として名を馳せた主人公の引退後を描いた人気漫画『SAKAMOTO DAYS』。9月13日発売の『週刊少年ジャンプ』41号では、作者・鈴木祐斗の過去作から、思わぬキャラクターがゲスト出演を果たし、読者の注目を集めているようだ。 ※『SAKAMOTO DAYS』最新話の内容に触れています 同作は、結婚をきっかけ…

つづきを見る