W杯

三笘薫の活躍で“森保無能説”再燃!? やはり『ブルーロック』は正しかったのか

世界トップレベルと言われるイングランド・プレミアリーグにて、まさに無双状態の活躍を続けている三笘薫選手。しかしそうした快進撃によって、サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会における森保一監督の采配があらためて疑問視されているようだ。 日本サッカー界の至宝・三笘選手 三笘選手は現在、ブライトンのエースとして起用されて…

つづきを見る

“次世代のモドリッチ”誕生!?『ブルーロック』潔世一が最高のMFとして評価される

1月25日、サッカー漫画『ブルーロック』の第204話が『週刊少年マガジン』8号に掲載された。作中で主人公の潔世一が“次世代のモドリッチ”と評される場面が描かれたことで、ネット上が大盛り上がりしている。 ※「ブルーロック」最新話の内容に触れています 前話では、ドイツVSイングランドによる「新英雄大戦(ネオ・エゴイストリー…

つづきを見る

『ブルーロック』顔負けなエゴイスト! やんちゃな言動で物議を醸したサッカー選手たち

サッカーワールドカップ。カタール大会の開催によって、世界中で話題となったサッカー漫画『ブルーロック』。同作は日本のサッカーに“エゴ”が足りないという思想から、「世界一のエゴイスト」を生み出そうとする物語だ。 とはいえ、実は日本のサッカー界にも、何人ものエゴイストたちが存在した。今回は「ブルーロック」も顔負けな選手たちの…

つづきを見る

2022年下半期のアニメ業界は大波乱!? W杯の狂騒に作画崩壊、関係者の逮捕まで…

2022年下半期のアニメ業界では、相も変わらず『週刊少年ジャンプ』作品が大人気。とどまることを知らない勢いだが、それ以外にもさまざまな事件が起きていた。 今回はあらゆる角度からアニメ業界の狂騒を振り返っていこう。 『ONE PIECE FILM RED』の人気キャラが本編に 8月6日に全国公開され、興行収入180億円を…

つづきを見る

W杯日本代表の扱いが違いすぎる…『名探偵コナン』で23年前のサッカーエピソード放送

サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会の開催に伴い、巷ではサッカーブームが到来中。それに便乗するように、12月10日のアニメ『名探偵コナン』(日本テレビ系)では、過去に放送されたサッカー関連のエピソードがデジタルリマスター化された。 ※アニメ『名探偵コナン』の内容に触れています 第R131話『競技場無差別脅迫事件(…

つづきを見る

W杯スーパーゴールの天才も…『ブルーロック』登場人物のモデルになったサッカー選手たち

サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会の影響により、世界中で注目を集めているサッカー漫画『ブルーロック』。作中にはさまざまなストライカーたちが登場するのだが、実在のサッカー選手をモデルとしたキャラクターも少なくないという。 スター選手を髣髴とさせるプレイスタイル まずは主人公・潔世一のモデルについて考えてみよう。 …

つづきを見る

にわかサッカーファンがマヌケすぎ…W杯クロアチア戦の“ゲーム配信”に釣られる人が続出

日本時間12月6日午前0時にキックオフした、サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会の日本対クロアチア戦。多くの日本国民が注目する試合となっていたが、一部の人たちは “全く別の試合”を観戦していたようだ。 サッカーゲームに熱狂する日本人サポーター サッカー強豪国のドイツやスペインに勝利し、決勝トーナメントに進出した日…

つづきを見る

三笘薫は千切豹馬だった!? スペイン撃破で『ブルーロック』またも世界トレンド入り!

日本国民が固唾を飲んで見守っていたサッカーの『カタール・ワールドカップ』(W杯)で、日本代表のグループリーグ突破が確定した。世界中のサッカーファンを驚愕させるような大躍進で、「漫画のような活躍」ともてはやされているようだ。 ドイツ戦に続いて魅せた奇跡 今大会、日本代表が最初に輝いた瞬間といえば、グループE・第1節として…

つづきを見る

W杯開催中に読むべきサッカー漫画は?『ブルーロック』と『アオアシ』を格付け!

現在開催中の『カタール・ワールドカップ』(W杯)による追い風で、2大サッカー漫画として『ブルーロック』と『アオアシ』が注目を浴びている。似ているようで全く違う両作、今読むべきは一体どちらなのだろうか? 似ているようで違うサッカー成長譚 「ブルーロック」は原作・金城宗幸、作画・ノ村優介による『週刊少年マガジン』連載作品。…

つづきを見る

日本代表には“革命的なストライカー”が足りない! W杯屈辱の敗戦に『ブルーロック』待望論

11月27日、『カタール・ワールドカップ』(W杯)グループステージ第2節で、日本代表とコスタリカ代表が激突。それまでの期待に満ちた盛り上がりから一転、屈辱的な敗北という結果が待っていた。そんな日本代表に対して、SNS上では『ブルーロック』を引き合いに出した批判が繰り広げられている。 「最強のストライカー」を求める声 日…

つづきを見る