最新記事一覧

深田恭子と亀梨和也が来春に結婚を強行へ

深田恭子(34)が『KAT-TUN』の亀梨和也(30)と、来春に結婚を強行しようと狙っているという。 深田と亀梨は、2015年1月に公開された映画『ジョーカー・ゲーム』や、同2月から放送していた連続ドラマ『セカンド・ラブ』(テレビ朝日系)で共演して親しくなり、深夜にデートを繰り返していた。そして、結婚を意識した交際に発…

つづきを見る

ウソかホントか? 芸能界の「女の友情」

ライバルになりがちな女性タレント同士の友情は成立しづらいと言われる。実際に、最近でもSNS上における女性タレントは、仲がいいことを計算づくでアピールしているのではないかと疑われる例がいくつかあった。 「昨年、紗栄子がドラマで共演した石原さとみらとの写真を、インスタグラムに載せたとき、ネット上では《あざとい》との声が頻出…

つづきを見る

大門未知子のようなフリーランス医師「ドクターX」って本当に存在するの?

米倉涼子(41)が主演を務めている連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子』(テレビ朝日)が高視聴率を維持し続けている。第6話終了まで平均視聴率は21.22%と今期のドラマではずば抜けている。「私、失敗しないので」の決め台詞は、ドラマ史に残る名言になりそうだ。 ところで大門のような“ドクターX”というのは本当に存在す…

つづきを見る

東京五輪ボート会場候補地は有害物質も出る「5代目夢の島」のど真ん中

東京湾には大小70もの人工島がある。その全ての島の下には、“ごみ”が埋まっている。 1960年代初頭、江東区の『夢の島』は、ごみが延々と連なる“ごみの山脈”だった。やがて、ごみが許容量に達すると、その上にきれいな土を盛り、現在の緑豊かな公園に作り変えられた。そして、夢の島の次に東京都が白羽の矢を立てたのが、江東区東南の…

つづきを見る

新垣結衣ファンの暴走か? 石原さとみがガッキーを敵視とネットで拡散?

石原さとみ(29)が、あらぬ噂を立てられているのではないかという疑惑が濃厚になってきた。どうやら、新垣結衣(28)のファンに疑惑が向けられているのだという。 以前に、石原が「デートに軽自動車で来られたら引きますよね…」と語ったことに対し、新垣が「私は迎えに来てくれるだけでうれしいから」と答えたという、いかにも話がインタ…

つづきを見る

木村拓哉と工藤静香の「夫婦同時取材」を狙う週刊誌

『SMAP』の木村拓哉(44)の妻である工藤静香(46)が、今後は木村の私的なマネジャーとして、取材に同行するとスポーツ紙が報道した。インタビューには必ずついてきてチェックをするのだという。 「SMAPの独立と解散を巡る問題の渦中に、工藤はジャニーズ事務所に関係した人間ではないのに、『事実は違います』と週刊誌などにコメ…

つづきを見る

高齢者だけじゃない「20歳」が狙われる悪徳商法の数々

悪質商法のターゲットといえば高齢者がすぐに思い浮かぶが、最近では20歳の若者も狙われているという。 「全国の消費生活センターに寄せられる20歳の人からの相談件数は、19歳の約2倍に増えるのです。例えば、昨年の国民生活センター調べによる、契約当事者相談数は18~19歳が5747件に対し、20~22歳は8935件となってい…

つづきを見る

「ヌードルハラスメント」をことさら大げさに放送しているのはやっぱりあのテレビ局

いま世間で“ヌードルハラスメント”が話題になっている。日本人の麺の食べ方が、外国人にとって不快感を感じる行為になるのだといい、“ヌーハラ”という言葉でも広まっている。 「インターネットから生まれた造語とされていますが、出どころは不明です。麺を食べるときのすする音が外国人には苦痛だということで、嫌がらせと感じる人もいると…

つづきを見る

サッカー日本代表に人気で勝てない野球の「侍ジャパン」が常設廃止を検討か

野球日本代表の『侍ジャパン』は、来年3月に大きな転機に立たされる。 「国際試合のテレビ視聴率が、日本野球機構(NPB)の見込んでいた目標数値に一度も届きませんでした。サッカー日本代表との視聴率競争にも負け、侍ジャパンの存在そのものが再検討されています」(球界関係者) 先日は、サッカー日本代表と視聴率で“直接対決”があっ…

つづきを見る

宮藤官九郎が脚本を担当する大河ドラマで「あまちゃん」出演者の有村架純とのんは共演しない?

2019年のNHK大河ドラマは、脚本家の宮藤官九郎が担当することがNHKの公式サイトで発表された。 オリンピックの歴史を題材にして、1964年の東京五輪開催までの人間ドラマを描き、2020年に開催される予定の東京五輪・パラリンピックを盛り上げていく内容にするという。これに際し、宮藤が脚本を担当し、2013年に放送された…

つづきを見る