最新記事一覧

神戸の名物だった「三大企業」の現在

明治から昭和初期にかけて、神戸を拠点に世界的な総合商社として君臨した『鈴木商店』という会社がある。その鈴木商店は、破綻して約90年になるが、いまも登記上は存在している。会社の実体がなくなって久しいものの、清算は現時点でも終わっていない。 同じ時代の神戸では『山口組』や『本多会』が全国制覇を競い合っていた。現在でも山口組…

つづきを見る

Print

大みそかのSMAP慰労会をめぐる情報操作の綱引き

2016年末をもって解散したSMAPの木村拓哉(44)を除くメンバーが、解散当日の12月31日に慰労会を開催した。その場には20年前の1996年にSMAPを脱退し、現在はオートレーサーとして活躍中の森且行(42)も駆けつけていた。 このことによって、改めて木村と他のメンバーとの間の溝の深さが浮き彫りとなったのだが、露骨…

つづきを見る

あわよくばの芸能界を狙う?「STAP細胞」の小保方晴子さん

『STAP細胞』に関する論文で世間を騒がせた小保方晴子さん(33)が、1月6日発売の雑誌『婦人公論』(中央公論新社)で記事の連載を開始した。 タイトルは『小保方晴子日記 「あの日」からの記録』で、同誌の公式サイトでは《理研を退職した2014年12月から、身の回りに起きた出来事と心情を日記に書き留めていました。このたびそ…

つづきを見る

「関ジャニ∞」横山裕がスマスマ後番組の司会を避けた理由

2016年限りで解散した『SMAP』が長年続けていたバラエティー番組『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)が終了したあとに、次に始まる番組が決定した。お笑いコンビ『フットボールアワー』の後藤輝基(42)と、歌手でタレントのDAIGO(38)、フリーアナウンサーの田中みな実(30)が司会を務めるバラエティー番組『ちょっと…

つづきを見る

中居正広がジャニーズ独立から一転「ジェイ・ドリーム」代表就任の噂

元『SMAP』中居正広(44)が、元マネジャーのI氏とジャニー喜多川氏で作った“SMAPのSMAPによるSMAPのため”の会社、株式会社ジェイ・ドリームの代表に納まる可能性が出てきた。ジャニーズ事務所の関係者は「ありえない話」と言い切っているが、芸能記者は次のように解説する。 「Iさんとジャニー喜多川社長がSMAPのた…

つづきを見る

着物_男性04

落語界が「高学歴社会」になりつつある必然的な理由

正月は落語家の噺を聞く機会が多い。そんな落語家たちには、定年退職の制度がない。生涯現役の高齢者比率が高まっており、東京を拠点とする落語家545名のうち、65%にあたる真打(=師匠)が352名と、完全な“逆ピラミッド”の構成になっている。 さらにもう一つ、落語家界に変化が見え始めている。高学歴者が増えているのだ。 「長い…

つづきを見る

嵐・相葉雅紀の紅白司会を見た中居正広がアドバイスしたこと

元SMAPの中居正広(44)が、昨年末の紅白歌合戦の司会進行で評判がいまいちだった『嵐』の相葉雅紀(34)に、電話で司会進行についてアドバイスしたという。 相葉が紅白歌合戦の司会を務めることは、予想外の抜擢だった。SMAPの出演を巡る問題や、タモリの総合司会起用案など、さまざまな噂が飛び交っていたなか、全く名前の挙がっ…

つづきを見る

参院議員今井絵理子の公開資産にあった「怪しい土地」

  昨年7月に当選した参議院議員121名の資産報告書が先ごろ公開された。その中には元『SPEED』のメンバーである自民党の今井絵理子(33)の名もあった。 「いくら参議院選挙は知名度が有利だと言っても、今井の出馬はさまざまなメディアも驚きました。彼女はツイッターで《日本はプチ戦争状態にも見える》と安保法案を批…

つづきを見る

ドナルド・トランプの大統領選勝利で大儲けしていた松居一代

タレントの松居一代(59)が昨年末に、アメリカ次期大統領のドナルド・トランプ氏に関連する投資で100億円稼いだと話題になった。 事の発端は、朝の情報番組『グッド!モーニング』(テレビ朝日系)でのインタビューだった。投資の話題になった際に、松居は「私はトランプさん寄りに投資をずっとしてきましたので、おかげさまで」と笑顔で…

つづきを見る

KABA.ちゃんが経験した女性になってからの「変化」

タレントのKABA.ちゃん(47)がタイで性別適合手術を受けたのは昨年3月。女性の声を手に入れるための声帯手術も受け、5月に帰国し、9月には戸籍上も女性となった。 47歳で女性としての人生がスタートしたわけだが、どんな生活上の変化があったのだろうか。 「女性だと実感するのは、下着を身につけたときだそうです。男性器がなく…

つづきを見る