最新記事一覧

東京五輪へ向けて急激に変わりつつある東京の街並みと駅舎

2020年に開催される東京五輪とパラリンピックまで、残り約3年半。それに向けて徐々に東京の街が変わりつつある。そのなかでも目に見えて分かるのは、都心部の駅だろう。 今年4月には新宿駅南口に高速バスのターミナル『バスタ新宿』がオープン。渋谷駅でもJR埼京線と東京メトロ銀座線のホーム移設工事が進められている。さらに東京駅で…

つづきを見る

「酉」料理の「水炊き鍋」の超絶簡単に作る方法

寒い冬には鍋料理がおいしい。しかし、準備が面倒で億劫に感じている人も少なくないのではないだろうか。鍋料理には、地方によっていろいろな種類やアレンジがあるが、今回は“酉年”にちなんで、鶏肉がおいしく食べられる、簡単な水炊きレシピをご紹介する。   基本の水炊きの材料 水適量、鶏肉(もも肉、手羽先肉など)適量、し…

つづきを見る

雑煮だけじゃない「お餅アレンジレシピ」ベスト3

お正月の定番といえば、やっぱりおもち。もちろんお雑煮もいいけれど、軽食やおやつ向けにちょっと変わったアレンジで食べてみるのもおすすめだ。そこで独断と偏見で選んだアレンジレシピのベスト3をご紹介!   3位――生チョコ風餅チョコ 耐熱容器に角切りにした切り餅1個、牛乳大さじ2杯、砂糖大さじ1/2杯、細かく割った…

つづきを見る

古代生物「オルガズム46-B」がロシアによって生物兵器に!?

南極大陸の海底に14本足の“巨大殺人ダコ”がいるという。体長10mほどで、何にでも変身し、人間を催眠術で操り、50m先から人間を麻痺させる毒を吐く悪魔のタコだ。それを、ロシアのプーチン大統領が生体兵器として利用しようとしているというのだ。 ロシアの北極南極科学調査研究所の探検隊の一員だったアントン・パダルカ博士は、南極…

つづきを見る

退職後の選択肢「子供見守り隊」のシニア達が格好いい!

仕事を定年退職したシニア達が、地域の子供達を守るため『子供見守り隊』として活動をしているのを知っているだろうか。 この活動は全国各地で行われており、名前は違う場合もあるが活動内容はほぼ同じだ。基本的にボランティアなので、自主的に参加しているシニアが多い。 活動の内容は、登下校時の子供達の安全を見守るのが主である。 時に…

つづきを見る

流行は繰り返す?アラサー懐かしのヘアスタイルが形を変えて再流行

近年、1980年代に流行した膝丈のデニムスカートやMA-1、コーデュロイなどが2016年の現在、形を少し変えて流行している。 「どこかで見たことがある」「昔持っていたことがあるような気がする」というアラサーやアラフォーは多いだろう。 ではヘアスタイルはどうだろうか。   ◼︎1980年代爆発的に流行したヘアス…

つづきを見る

大流行の兆しを見せるノロウイルスの効果的な予防策は?

ノロウイルスがここ近年では最大に近い猛威を振るっている。例年より1カ月ほど早い11月中旬から、ノロウイルスなどによる感染性胃腸炎の患者が急増し、最近で最も流行した2012年の感染者数をしのぐ勢いだ。感染を防ごうと、各地の自治体が餅つき大会を中止する騒ぎにまで発展している。 ノロウイルスの歴史は、半世紀前にさかのぼる。1…

つづきを見る

古民家暮らしを始める人への鎌倉エリア案内⑤「実践編」

鎌倉在住で都内に通勤している人が、よく聞かれることに次のようなものがあるという。 「鎌倉で古民家に住みながら東京に通勤するのは大変でしょう。実際はどんな感じなの?」 今回は古都鎌倉で古民家暮らしをしようと考えている人に役立つエリア案内の番外編として、そのあたりの答えをまとめてみた。ぜひとも参考にしていただきたい。 &n…

つづきを見る

古民家暮らしを始める人への鎌倉エリア案内④「山際後編」

  古都鎌倉で古民家暮らしをしようと考えている人に役立つ、旧鎌倉地区(大船・北鎌倉・七里ガ浜以西を除く鎌倉市東部)のエリア案内。今回は山ぎわエリアの後編。JR鎌倉駅から一番遠い十二所や江ノ電沿線の極楽寺、稲村ガ崎、さらには旧鎌倉地区を外れるが、一部で非常に人気が高い鎌倉山エリアもあわせてご紹介しよう。 &nb…

つづきを見る

古民家暮らしを始める人への鎌倉エリア案内③「山際前編」

古都鎌倉で古民家暮らしをしようと考えている人に役立つ、旧鎌倉地区(大船・北鎌倉・七里ガ浜以西を除く鎌倉市東部)のエリア案内。海近エリア、街中エリアときたので、今回は山ぎわエリア紹介の第1弾。鎌倉は山に沿った住宅地の方が多いので、山ぎわは2回に分けてご案内する。   扇ガ谷 横須賀線の鎌倉駅と北鎌倉駅のあいだの…

つづきを見る