最新記事一覧

ドラマ『先に生まれただけの僕』現役教師が「あり得ない展開」

商社から高校の校長として派遣され、偏差値44の学校を進学校に変革させる奮闘を描く櫻井翔主演のドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)。12月3日放送の第8話では、少しずつだが学校改革に手応えを感じ始め、一層気合いが入る鳴海涼介校長(櫻井)が「順調だなあ」と脳天気につぶやく。そんななか、2年生の担任を務める真柴ちひ…

つづきを見る

小倉優子「ママタレランキング」圏外から1位になった理由

先日、『ORICON NEWS』が『第2回好きなママタレントランキング』を発表した。このランキングが衝撃的な内容だったと話題になっている。 「ベストテンには常連が名を連ねたのですが、1位は小倉優子でした。彼女は今年3月に離婚したばかりで、圏外からいきなり1位に輝いたのです」(芸能ライター) ちなみに今年のベスト5は、1…

つづきを見る

Concentrated male cook writing on clipboard while using cellphone in the kitchen

「予約ドタキャン」被害額は年2000億円!一方中国では…

忘年会シーズンの到来だ。そういった場合に飲食店を事前予約するのは当然の手順だが、最近はデートや接待での“ドタキャン”が増えて問題になっている。 「飲食店を悩ませているのは、ただの予約キャンセルではありません。“No Show”(姿を見せない)という、連絡もなしにキャンセルする客が増えているのです。その背景には、電話予約…

つづきを見る

なぜ東京タワーは昭和33年に作られ333メートルなのか?

昭和33年の12月23日、東京都港区の芝公園に『東京タワー』が完成し、完工式が行われた。 昭和33年、全長は333メートル。なぜ、ここまで“3”という数字にこだわったのか。実は、3という数字は日本人にとって特別な数字なのだ。 相撲の力士が懸賞金をもらうときに3回手刀を切るのは、日本を創った造化三神に対する感謝の心を表す…

つづきを見る

はしだのりひこ氏を悼ぶ…大島渚監督の「最怪作」な映画

作品目『帰って来たヨッパライ』 松竹/1968年 監督/大島渚 出演/ザ・フォーク・クルセダーズ、緑魔子、渡辺文雄、佐藤慶ほか 中高年世代には懐かしい元『ザ・フォーク・クルセダーズ』のはしだのりひこ氏が、先ごろパーキンソン病のため京都市内の病院で死去した。72歳だった。真っ先に思い出したのは『悲しくてやりきれない』、『…

つづきを見る

Serious strict man looking at his son

お笑い芸人の実家に存在する「独自ルール」

先日、お笑いコンビ『とろサーモン』が優勝した『M-1グランプリ2017』(テレビ朝日系)は、昨年より視聴率がよかったという。生存競争の厳しいお笑いの世界で、名が知られるようになった芸人たちは、実家で“変なルール”がある例が多い。 今年のR-1グランプリ優勝でブレイクしたアキラ100%は、芸人としてなかなか芽が出ず、30…

つづきを見る

芸能界「年内駆け込み結婚」をしそうなカップルは?

今年も結婚した芸能人は多かった。ざっと挙げてみると、武井咲と『EXILE』のTAKAHIRO、佐々木希と渡部建、長友佑都と平愛梨、村田充と神田沙也加、陣内智則と松村未央アナウンサーあたりが目立ったと言えるだろう。 近年、芸能界では年末に結婚を発表する事例が目立つ傾向にある。今年はどんなカップルにその可能性があるだろうか…

つづきを見る

渡辺美奈代だけじゃないママ友から嫌がらせされる芸能人

渡辺美奈代が先日、テレビ番組で、長男の幼稚園時代に受けた陰湿な嫌がらせを明かした。 「入園直後から、すれ違いざまに『あなたたちが来るような幼稚園じゃないのよ』と言われたそうです。さらに、自身のアイドル時代の水着写真集が幼稚園に送りつけられ、『こんなお母さんを入れてていいのか?』と園長に話をした人がいたため3年間仕事をセ…

つづきを見る

スキージャンプ高梨沙羅の時代遅れの口癖

女子スキージャンプのワールドカップ第3戦(ノルウェー)で、高梨沙羅が3位になり今シーズン初めて表彰台に上がった。しかし、男女を通じて最多優勝記録を更新する54勝目にはならなかった。 「他国の強豪選手も高梨相手だと、力の入れかたが違ってくるようです。高梨自身も新しい踏み切りのスタイルをテストしているようで、平昌五輪時にベ…

つづきを見る

中国「微笑み侵略」の餌食となりつつあるオーストラリア

社主、社長を含む5人の社員が拉致された香港の『銅鑼湾書店事件』。4人は香港に戻ったが、依然ひとりは中国国内に拘束されているとみられる。 香港のコーズウエイベイに集中していた中国批判出版社の急先鋒『内部書店』も銅鑼湾書店に続いて巧妙な手口でつぶされ、中国共産党政権の内幕を伝えてきた香港の月刊誌『争鳴』と姉妹誌『動向』も廃…

つづきを見る