最新記事一覧

今世紀最強「ゴジラエルニーニョ」でドカ雪が日本列島を襲う

史上最強のエルニーニョの影響で、今年は暖冬と大雪のおそれが報告されている。 赤道付近の海水温が上昇することで、世界的な異常気象をもたらす『エルニーニョ現象』。数年に1度発生するといわれているが、今年はその年だという。しかも、その規模は過去最大クラスになるようなのだ。 NASA(米航空宇宙局)と、NOAA(米海洋大気庁)…

つづきを見る

心療内科通院を明かした和田アキ子に「自分には神経質なのね」ネット炎上!

和田アキ子(65)が、去る12月2日、自身のツイッターで心療内科に通っていることを明かした。 同日、まずこんなことを書く。 「いろんな事の不安とかプレッシャーで心と、頭のバランスが、悪くなりました。心療内科に……」 その後、やはり同じ日のツイッターに、「ご心配おかけしました  元気ですよぉ リハーサル無事終わりました」…

つづきを見る

close up of male hands with smartphone on table

12月開始! LINEビジネスに便乗した新聞、テレビ局のニュース無料配信

国内では、連絡手段の一つとしてすっかり定着したソーシャルネットワークサービス(SNS)の『LINE(ライン)』。 ワンタッチで意思表示でき、かわいさや面白さで個性をアピールできるLINEスタンプも一気にユーザー拡大した。一時は、LINEスタンプの製作、販売が、主婦でも大金を儲けるチャンスとしてメディアに取り上げられたほ…

つづきを見る

トイレ

NEWS手越祐也のフリーダム過ぎる数々の「トイレネタ」伝説

ジャニーズの人気アイドルグループ『NEWS』の手越祐也(28)の“下半身”が何かとファンの話題になっている。 手越は数々のアイドルとのスキャンダルが報じられても、ファンの間ではなぜか「またか」で済んでしまう、稀有な存在となっている。 「普通、アイドルはスキャンダル厳禁なのに、手越はあまりにスキャンダルを多発する。業界内…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】野茂、松井… メジャー挑戦で負う「十字架」

12月4日、広島東洋カープの前田健太投手(27)のポスティング制度による大リーグ挑戦が容認された。 すでにダルビッシュ有(テキサス・レンジャーズ)、田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)が海を渡ったように、いずれは日本ハムの大谷翔平投手(21)も憧れの舞台であるメジャーへ移籍する流れはできている。 表面的に日本球界とメジ…

つづきを見る

Print

芸能マスコミ予想「1番人気」! E-girlsの紅白最低視聴率V2

女性ユニット『E-girls』が大晦日の『第66回NHK紅白歌合戦』に3年連続3回目で出場を果たすことが決定した。 3年連続というのだから、近年の常連組歌手になりつつある。しかし、ここに疑問。『E-girls』と聞いて、どれだけ知名度があるのかということだ。 「芸能マスコミ関係者でもAmi(27)ぐらいしか知らないので…

つづきを見る

放火、落書き… 靖国神社「冒涜」を自慢し合う韓国社会

11月23日午前に、靖国神社敷地内の公衆トイレで爆発音がした事件で、警視庁公安部は12月9日に、事件直後に帰国した韓国人の全昶漢容疑者(27) を建造物侵入容疑で逮捕した。 この事件では、靖国神社敷地内のトイレ個室の天井裏にパイプ型爆弾が仕掛けられていたが、不発だった。全容疑者は事件の数日前に入国し、事件当日の午後に帰…

つづきを見る

松本人志が共演NG! 酒井法子「激ヤセ」にまさか…

ディナーショーが盛況と伝えられる女優の酒井法子(44)。仕事も順調そうに見える一方で、彼女の近況を知るテレビ関係者はこう心配する。 「最近撮られたプライベート写真を見たら目がトロ~ンとして、まるでドラッグをやっているような疲れた表情でしたね。ディナーショーのチケットは、中国人が“爆買い”しているようですが、肝心の中国進…

つづきを見る

【吉見健明のダッグアウト取材メモ】掛布阪神の時代は必ずくる!

「監督要請きた?」 「僕にはきませんよ」 阪神金本監督誕生前のことだ。私が掛布雅之(60)と交わした携帯電話での短い会話である。 結果的には掛布は二軍監督に就任できたものの、9月23日に急逝したGMの中村勝広氏の悲願だった「カケを監督にしたい!」は実らなかった。 だが、中村GMの執念が通じての二軍監督であると私は思う。…

つづきを見る

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『友だちのパパが好き』

少しヘンタイ入ってる? 娘世代のコに惚れられたオヤジの困惑と歓び! 『友だちのパパが好き』 SPOTTED PRODUCTIONS配給/渋谷ユーロスペースにて12月19日公開 監督/山内ケンジ 出演/吹越満、岸井ゆきの ほか お正月のメジャー邦画はヒューマン仕立ての大作ばかりで食指が動かない。 もっと小粒でピリリとして…

つづきを見る