最新記事一覧

幸せな生活を手に入れた後藤真希に暗い影を落としそうなある人物の存在

昨年12月に第1子を出産した後藤真希(30)に不穏な影が見え始めている。 昨年11月に自宅の食事を再現したレシピ本『後藤真希の満足おうちごはん』を発売し、その売り上げ部数は20万部以上を記録した。その後、女児を出産し、夫婦生活と仕事の日々をブログで報告するなど、最近はいかにも主婦らしい一面を見せていた。 「2年休業し、…

つづきを見る

電力自由化の意義は「安さ」だけではない

今年4月から電力自由化がスタートする。 正確に言えば電力の“小売り”自由化で、これまで一般家庭向けの電気は各地域の電力会社(東京電力、関西電力など)だけが販売しており、どの会社から買うか選ぶことができなかった。それが、料金メニューやプランを見て、好きな会社から買うことができるようになる。 家庭によっては電力会社やプラン…

つづきを見る

4月からの「めざましテレビ」スタート前に出てきた女子アナたちの不協和音

フジテレビの朝の情報番組『めざましテレビ』に早くも不協和音が出ている。 同番組は4月4日よりメーンのMCが永島優美アナウンサー(24)へ代わり、新体制でスタートする。前MCは、4月で退職する加藤綾子アナ(30)が務めてきた。永島アナが、加藤アナのように人気を得られるのか注目される。   永島アナの起用に不満を…

つづきを見る

プライドをズタズタにされた桂文枝が「三枝」へ戻す?

上方落語の大御所である桂文枝(72)が、元不倫相手で演歌歌手の紫艶(38)による過去の暴露を防ぐため、名跡『桂文枝』の芸名を返上し、『桂三枝』に戻す案が浮上している。 「逆リベンジポルノ写真の流出で、人間国宝に認定されることはもはや絶望的です。それならば、文枝の名前にこだわる必要はない。芸名を三枝に戻せば、心機一転にな…

つづきを見る

篠田麻里子がバラエティーの端役から「女王様キャラ」で女優業に殴り込み

元『AKB48』の篠田麻里子がこれまでの芸能活動で最大のピンチを迎えている。 3月23日に6年間レギュラー出演した午前の情報番組『PON!』(日本テレビ系)から降板することになってしまったのだ。 「これで地上波民放に限ると、テレビ朝日系のペット番組『ペットの王国ワンだランド』くらいしかレギュラー番組がなくなってしまった…

つづきを見る

人間に紛れて生活している「女性プレアデス星人」

エイリアンを自称する女性『ローラ・プレアデス』のウェブやブログ、SNSがUFOマニアの間で話題になっている。 プレアデス星人のローラは数多くのウェブサイトとブログを運営し、「どうしたら人類は、かつて存在したアトランティス大陸の住民のような高次な“星人”に進化できるのか」を説いている。 彼女によると、人類は進化を続けるこ…

つづきを見る

AKB48選抜総選挙「新潟開催」で地元民が大困惑する理由

AKBの恒例の『第8回AKB48選抜総選挙』が6月18日に新潟市のの『HARD OFF ECOスタジアム新潟』で開催されることが、3月21日に発表された。 この唐突な発表に、開催地の新潟も戸惑いを見せている。 『NGT48』でキャプテンを務める北原里英(24)もツイッターで《今年のAKB総選挙…… 開催地…… 新潟?!…

つづきを見る

滝川クリステルに再浮上した「電撃結婚」と「参院選出馬」

フリーアナウンサーの滝川クリステル(38)が久々に公の場所に登場した。 3月10日に行われた『ヱビスビール』新CM発表会に出席したのだ。 「滝川は、純白の白いドレスできらびやかに登場。あまりの美しさに取材陣や会場の男性の視線を釘付けにする中、CMのキャッチフレーズの《このうえない、ひととき》にちなみ、自宅の豪華なベッド…

つづきを見る

子供の叱り方が分からない親のための「怒り方教室」

先ごろ、バイオリニストの高嶋ちさ子(47)が、子育てコラムに書いた“ゲーム機バキバキ事件”(東京新聞掲載)が話題になった。 9歳の長男と6歳の次男が携帯型ゲーム機で遊ぶ際に、家庭内で定めたルールを守らなかったため、激怒してゲーム機を破壊したという話だ。 これに対しネット上では、「虐待」「やりすぎ」といった批判の声が殺到…

つづきを見る

保育士イメージ

子供の保育園を探す「保活」で急増する保育園不倫

我が子の保育園入園に失敗したお母さんがアップした「保育園落ちた 日本死ね!」というタイトルのブログが先日、大きな話題となった。 そのため、安倍晋三首相が衆院予算委員会でこの問題について野党議員から質問を受けたほか、インターネット上にも多数の賛否両論の書き込みが寄せられた。 「『日本死ね』という言葉に反感を持つ人もいれば…

つづきを見る