最新記事一覧

高橋由伸新監督すでに四面楚歌! 原前監督が画策する「傀儡政権」

「まさか原さんが欠席とは…。退団後は会ってもいないし、話もしていない」 原氏が欠席したのは、高橋新監督の引退式となった11月23日の『ジャイアンツフェスタ2015』(東京ドーム)。背番号24を付けた高橋新監督は「由伸コール」の中で引退スピーチを行ったが、原氏の姿はそこになく、両氏の亀裂が明らかになった。 「10月19日…

つづきを見る

森口博子 チャーリー・シーンと熱愛疑惑があった「日本人M」に大困惑

米俳優のチャーリー・シーン(50)が11月17日、米テレビ番組でHIV感染を告白したことで“アラフィフ独身美女”の森口博子(47)が大困惑しているという。 「セックス依存症で、5000人と経験があると言われる彼だけに、いままで関係を持った多くの女性が激怒したんです。集団訴訟の可能性すら取り沙汰される大騒動になっています…

つづきを見る

フランス観光業ピンチ! テロ余波で『ルーブル美術館』も閑古鳥

無差別テロによって欧州全土を恐怖に陥れる――。どうやら、過激派組織『IS(イスラム国)』の狙い通りの展開になりつつある。 パリを歩けば、拳銃を持った警察や軍がそこら中にいる。至るところで、警察パトカーのサイレン音が聞こえる。観光客はいつもより少なく、人もまばらで閑散として寂しい雰囲気だ。街ゆくフランス人の会話からも、テ…

つづきを見る

約半年前に行われた「ドン・キホーテ」家宅捜索がいまさら報じられた裏事情

深夜営業での近隣トラブルなど、何かにつけて世間を騒がせてきた大手ディスカウントストア『ドン・キホーテ』に対して、厚生労働省が4月に立ち上げた過重労働撲滅特別対策班(通称・かとく)が、従業員に違法な長時間労働をさせていたとして、同社の本社や渋谷、新宿などの店舗を労働基準法違反の容疑で家宅捜索した。 押収した書類を分析し、…

つづきを見る

桂銀淑「たかが人生…」 覚せい剤実刑判決で日本歌謡界復帰が絶望的

歌手の桂銀淑被告(54)が、韓国で11月20日に覚せい罪使用などの罪で実刑判決を受けた。 この判決で望んでいた日本での歌謡界復帰は絶望的となった。 1979年に韓国で歌手デビューした桂は、作曲家の浜圭介氏の目に留まり、85年、『大阪暮色』で日本デビュー。同年の全日本有線大賞新人賞を受賞後も、『すずめの涙』や『真夜中のシ…

つづきを見る

全国のパチンコ店に「全台撤去命令」 過度なクギ調整に警察ブチ切れ

パチンコ業界に激震が走っている。 今年6月に警察庁の要請で、遊技産業健全化推進機構が実施してきた遊技機性能調査において、パチンコ台の入賞状況が違法であると指摘された。 問題になったのは、台が検定を通過した後に改造が加えられ、営業に利用されていた点。つまり、クギの角度が変えられていることが違法であるという指摘なのだ。 「…

つづきを見る

福原愛が石川佳純に完敗! 迫る「世代交代」でリオ五輪が危うい

ここ数年の女子卓球界は、福原愛(27)、石川佳純(22)、平野早矢香(30)の3人が牽引し続けてきた。しかし、ここ最近は伊藤美誠(15)、平野美宇(15)をはじめとする、有力な新世代達が続々と登場してきている。 11月17日に卓球ワールドツアー・スウェーデンオープンの準々決勝で、福原愛(27)が敗退した。そして、決勝戦…

つづきを見る

沢尻エリカが犬猿の仲「紗栄子憎し」でSNS初開設

12月1日、あの沢尻エリカ(29)が自身初となるSNSを開設した。 開設したのは画像を投稿するサイト『インスタグラム』で、さっそく自撮り写真を何枚もアップして話題になっている。 「沢尻はこれまでツイッターやインスタグラム、フェイスブックなどのSNSを一切やらず、そういったものをバカにしていました。しかし、ここにきて突然…

つづきを見る

桐谷美玲「NEWS ZERO」で不要論 見え隠れする起用の意図

桐谷美玲(25)の評判が芳しくない。現在、ニュース番組『NEWS ZERO』(日本テレビ系)に火曜日キャスターで出演しているが、内部から不要論が噴出しているという。 「一部の強力な圧力でキャスターの座に居座っているともっぱらの噂です。ルックスがいいだけで司会進行は下手な部類ですし、理論家でもありません」(テレビ関係者)…

つづきを見る

紅白司会の裏真相! 綾瀬はるか&松坂桃李「結婚妨害」で破局へ一直線

綾瀬はるか(30)が大みそかの『NHK紅白歌合戦』で2年ぶり2回目となる紅組司会を務めることが決定した。一見おめでたい大役だが、実はこの話には、綾瀬の人生を左右するほどの裏があるという。 「事務所サイドや各テレビ局、映画関係者による事実上の“結婚妨害”の一環でしょう。綾瀬は今年元日、一部スポーツ紙で熱愛が報じられた松坂…

つづきを見る