最新記事一覧

侍ジャパンを勝利に導いた山田哲人と内川聖一の起用法

2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の2次ラウンドで、野球日本代表『侍ジャパン』は2戦目をキューバと戦い、8対5で勝利を収めた。侍ジャパンは今大会5連勝で、ベスト4の出揃う決勝ラウンドへの進出に王手を掛けた。 キューバとは1次ラウンドでも対戦し、侍ジャパンは終始リードをする展開で11対6というスコアで勝…

つづきを見る

「悪魔払い」をする神父が後継者不足に

除霊と称して信者7人に激しい暴行を加え、殺害と重傷を負わせた『福島悪魔払い殺人事件』(1995年)など、“悪魔払い”に関する事件は、あとを絶たない。 そもそも、おはらいは一般の人々にとってあまりなじみのないものであろう。だが、欧州のカトリック教会では、社会に認められて経歴もしっかりとした神父が、悪魔払いを行っている。キ…

つづきを見る

WBCを回避した大谷翔平が万全に向けて順調な調整中

野球の2017ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、日本代表『侍ジャパン』が決勝ラウンド進出に向けて、好調を続けている。大会直前に大谷翔平が欠場を決めたときは暗雲が立ち込めたが、そんな心配はどこ吹く風だ。 その大谷は、2次ラウンド初戦のオランダ戦が行われていた12日に、イースタン教育リーグ(二軍)の千葉ロッテ…

つづきを見る

嵐・櫻井翔は松本潤「二股交際報道」の生け贄にされたか

『嵐』の松本潤の二股疑惑報道がなかなか収まらない。松本は、女優の井上真央と2005年の連続ドラマ『花より男子』(TBS系)での共演をきっかけに、交際を開始し、「結婚は間違いない」とされてきた。 「すでに10年以上にわたって交際しており、2012年に井上は都内で3階建ての一軒家を購入しています。土地は30坪。当時の土地だ…

つづきを見る

エマ・ワトソンが肌を露出した過激な写真を公開した理由

映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で知られる女優のエマ・ワトソンが先日、今年のアカデミー賞でエマ・ストーンが主演女優賞に輝いた『ラ・ラ・ランド』のオファーを断ったと報じられた。周囲からは「もったいない」と言われたが、オファーを受けたときにはすでに映画『美女と野獣』(日本公開4月21日)で主役のベルを演じ…

つづきを見る

ピース・綾部祐二がアメリカ挑戦を中止?

お笑いコンビ『ピース』の綾部祐二が昨年に発表した“アメリカ行き”が中止になった可能性があるという。 綾部は昨年10月に記者会見を開き「アメリカでコメディアンを目指す」と宣言した。その際には、この4月に渡米し、ニューヨークで活動する予定だった。しかし、3月になっても、その兆しが一向にないため、一部の夕刊紙などが《渡米中止…

つづきを見る

中村俊輔の移籍がきっかけで「合コン禁止令」に

Jリーグの横浜F・マリノスに所属し、チームの顔を長年勤めていた中村俊輔が、今季開幕前にジュビロ磐田へ移籍をし、その磐田はここまで1勝1敗1分けと、J1残留争いに巻き込まれた昨季と比べて、まずまずのスタートを切っている。3月11日の大宮アルディージャ戦では、中村がフリーキックでゴールを決め、自身の持つJ1最多の直接フリー…

つづきを見る

若い女性に増えている「低音障害型感音難聴」

最近、20~40代の女性に増加していると言われるのが『低音障害型感音難聴』という病気だ。 「耳を塞いだときのような低い音の耳鳴りがして、低い音だけが急に聞こえにくくなる病気です。水が入ったときのような耳が詰まった感覚になります。これらが症状として挙げられます」(医療ライター) 現在、日本全国で約6~7万人の患者数がいる…

つづきを見る

石川遼と別れたキャディが松山英樹とラウンドして言った言葉

“他人のせいにしない”ということは、アスリートの世界では最も重要なこと――。プロゴルファーの松山英樹がそれを証明してくれた。 松山は3月5日に最終日を迎えたWGCメキシコ選手権で戦ったが、25位タイと敗退。同大会の連覇はならなかった。終了後も、「ショットに関してはいいところも出てきているけど…」などと反省しきりだった。…

つづきを見る

視聴率が悪すぎる「フルタチさん」のリニューアル案とは?

古舘伊知郎が司会を務める『フルタチさん』(フジテレビ系)が4月以降も継続して放送されるという。 同番組は昨年11月にスタートし、初回の視聴率は8.2%だったが、以後ほとんど右肩下がりの状態が続き、2月26日には4.0%まで落ちこんだ。そのため、4月の改編期で終了するだろうとみられていた。 「注目の集まる初回放送でも視聴…

つづきを見る