最新記事一覧

明石家さんまに伊集院光も…次々「確執」生んでいたラジオ局

4月10日に、明石家さんまが29年ぶりにニッポン放送と和解したというニュースが報じられた。 29年もの長期にわたって同局でパーソナリティーを務めなかった理由は、当時のレギュラー番組『明石家さんまのラジオが来たゾ! 東京めぐりブンブン生放送』(1983年5月~1988年3月)の放送時に、ディレクターが事前に録音していた音…

つづきを見る

「視聴率は消費税以下」ワイドナショー秋に打ち切りか

松本人志がレギュラー出演し、コメンテーターを務めている日曜日の情報バラエティー番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)が“打ち切り”になると評判だ。打ち切れという意見も多数出ている。 同番組は東野幸治が司会を務めているが、意見をまとめているのはコメンテーターの松本だ。なかでも、松本の感情的な発言は非常に評判が悪い。 「高…

つづきを見る

有村架純朝ドラで「昭和なのにスカート短い」時代錯誤と非難殺到

朝の連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK)の視聴率が予想外に悪い。第1週の平均視聴率は19.4%で、第2話と第5話は18.8%をだった。第1週での19%台は、2012年後期『純と愛』以来の低い数字だ。 「視聴者が有村のことを“見飽きた”と感じているのかもしれません。今回の有村の主役は、オーディションで決めたのではなく、最…

つづきを見る

スマートフォンの普及で多様化した「野球観戦」のあり方

スマートフォンの普及によって、プロ野球の楽しみ方に変化が起こっている。 野球中継といえば、ビール片手にテレビで試合中継を見る風景が想起される。かつてプロ野球のナイター中継は、テレビの目玉番組だった。1990年台の日本シリーズのナイター中継では、視聴率が40%を超えることも珍しくなかったほど、国民的な娯楽であった。現在は…

つづきを見る

佐々木希と渡部建に早くも「ビジネス夫婦疑惑」離婚Xデー予測も

さまざまなメディアで交際が報じられていた、モデルの佐々木希と、お笑い芸人『アンジャッシュ』の渡部建が、4月11日に婚姻届を提出した。 芸能界から多くの祝福の声が挙がったが、インターネット上では《渡部よくやった》といったような、結婚を歓迎する書き込みはごく少数だった。逆に《佐々木が渡部を見限る日は近い》というやっかみがほ…

つづきを見る

浅田真央引退に高まる「キャスター起用説」驚きのギャラ試算

引退を表明したフィギュアスケートの浅田真央に、早くもスポーツキャスターとしての活躍が期待されている。 「来年の平昌冬季五輪で解説を依頼されるはずです。その準備として、フィギュアスケート中継のつながりがあるフジテレビのスポーツ番組で起用される予定だそうです。視聴率の低下が著しい『スポーツLIFE HERO’S…

つづきを見る

使用後の生理用品をちゃんと処理していますか?

ショッピングセンターやレストランなど、外出先のトイレに入り、汚物入れから使用済み生理用品が無造作に出ていたりすると女性としてがっかりする。 どんなにきれいな服を着て高級バッグを持ち、メイクもばっちりしていたとしても、自分が使った使用済み生理用品をきちんと処理できないようであれば、女性として失格だ。学校でなかなか教わった…

つづきを見る

美容ライターが教える本当におすすめの「韓国コスメ」

ここ何年も、日本でも韓国でも“プチプラコスメ”が大流行中。韓国へ行くと、かわいいパッケージのお手軽コスメがたくさん売られているが、どこまで効くの? という気も…。 「もちろんそれなりの効果はあるが、やはりお値段なりかな」という声が多いようだ。そこで、自分への本気買いには、「高麗人参のエキスををブレンドしたコスメがおすす…

つづきを見る

戦時問題を抱える韓国とベトナム「蜜月関係」を築いた四半世紀

韓国がベトナムとの修好25周年を控え、同国への大々的な投資、経済関係の強化を目指すと発表した。現在の290億ドルの投資を、2020年に700億ドルへ倍増するという。すでに両国の間にはFTA(自由貿易協定)が締結されており、2016年第3四半期だけでも、韓国とベトナムの貿易は56億ドルに達している。 両国の経済交流を示す…

つづきを見る

長期常温保存の粉製品で「アナフィラキシー」加熱も効かず警鐘

お好み焼きなどの“粉もの”の食べ物には注意が必要だ。 お好み焼の粉に潜伏する『コナヒョウヒダニ』や『ケナガコナダニ』が口に入ると、皮膚症状や呼吸器症状が出現し、ひどい場合には血圧が低下して意識を失ったり、アナフィラキシーショックを起こすこともあるのだ。 都内のある皮膚科医が、国内で発症した38例を分析したところ、9割が…

つづきを見る