最新記事一覧

現役No.1美人プロゴルファー イ・ボミの「食事会競争率」はなんと10倍!

日本国内を主戦場にしている韓国人プロゴルファーのイ・ボミ(27)の人気が急上昇中だ。 イ・ボミは国内賞金女王として、初の2億円台を突破するかが注目されている。今季はこれまで5勝し、現在までの獲得賞金は約1億9000万円。2位のテレサ・ルー(28)とは、約5000万円の差を付け、トップをひた走っている。 「女子の残りは5…

つづきを見る

阪神・金本新監督 ベテラン選手に対し「泣いて馬謖を斬れ」るか?

前代未聞の珍事! 金本知憲阪神新監督(47)が、ドラフトで当たりクジを開かなかったことは記憶に新しい。新監督の初仕事がドラフトのクジ引きなら、来季ペナントレースの主テーマは“世代交代”だ。 金本は10月20日、一軍選手と対面した。その後、個別ミーティングで、打撃成績を落としたキャプテンの鳥谷敬に「物足りなさすぎ!」と厳…

つづきを見る

入籍しない「事実婚主義」を押し通すセレブ男子の本音はいかに

女性なら誰もが望む億単位の資産がある男性との“セレブ婚”。 しかし、最近は、そんな条件の良い“セレブ男子”たちの間で、婚姻関係を結ばない“事実婚”主義者が急増しているようだ。 中でも、先祖代々の資産家ではなく、ベンチャーなどの起業家に多い。その代表的な例を芸能人から挙げてみよう。 まずは、モデルでタレントの紗栄子(28…

つづきを見る

したたか破局!田中みな実が未然に防いだ「藤森慎吾と共倒れ」

フリーアナウンサーの田中みな実(28)とお笑いコンビ『オリエンタルラジオ』の藤森慎吾(32)の破局が明らかになった。 「破局を報じた『女性セブン』によると、チャラ男キャラの藤森を田中の親が受け入れなかったようです。田中も結婚を許してもらうよう説得を試みたそうですが、無駄だった。藤森には別の女性に対する“中絶騒動”もあり…

つづきを見る

日テレで飛び交う加藤浩次『スッキリ!!』降板と後任MCの名前

視聴率No.1テレビ局の日本テレビが聖域なきコスト削減に着手するという。その一環でテレビ界の耳目を集めているのが、『極楽とんぼ』加藤浩次(46)の“シッポ切り”だ。 10月9日、メーン司会を務める日本テレビ系の朝の情報番組『スッキリ!!』を突如欠席したことでひと騒動起こした加藤。のちに欠席理由が「身内の不幸」として一件…

つづきを見る

GK・川島永嗣の再招集で「サッカー日本代表」が内部分裂危機

サッカー日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(63)が“爆弾”を投下する。GKの川島永嗣(32)の代表招集を検討しているというのだ。 「2010年、川島はリールセ(ベルギー)に移籍し、12年夏からはスタンダール(同)と3年契約を結んだ。在籍2年目まではレギュラーだったが、昨季は出場機会が激減し、契約満了とともに退団しま…

つづきを見る

テレビの仕事がない!安藤美姫「私生活切り売り」の裏とは

これも、浅田真央(25=中京大学)の復帰余波だろうか。安藤美姫(27)が『私生活』の切り売りを始めた。 「新恋人とのツーショットだけではなく、愛娘を加えたスリーショットがブログ等で公開されました」(スポーツ紙記者) 新恋人とは、スペインのフィギュア選手のハビエル・フェルナンデス(24)のこと。カレの胸もとに顔を埋めるア…

つづきを見る

グラドル・高部あい薬物逮捕!入手ルートと芸能プロのタブー

コカインを所持していたとしてグラビアアイドルで女優の高部あい(本名・中山あい=27)が、警視庁組織犯罪対策5課に麻薬取締法違反の容疑で逮捕されたことで、「オスカー美女軍団」ことオスカープロモーション内の風紀を問題視する声が、改めてマスコミ関係者の間で広がっている。 高部といえば、2004年『第10回全日本国民的美少女コ…

つづきを見る

身長計

10年ぶり時代劇映画主演の木村拓哉に再燃する「シークレットブーツ」

あの木村拓哉(42)が人気漫画を実写化した『無限の住人』(2017年公開予定)でなんと10年ぶりに時代劇映画の主演を務める。 原作は『月刊アフタヌーン』(講談社刊)で連載され、単行本全30巻の累計発行部数が約500万部超えのヒット作だ。 主人公は百人斬りの威名を持つ伝説の侍・万次。唯一の肉親である妹を目の前で殺害され自…

つづきを見る

水谷豊とやっぱりソリが合わない新相棒・反町隆史のピリピリ収録現場

3代目・相棒だった成宮寛貴が卒業し、4代目“相棒”に抜擢された反町隆史(41)が早速オレ様ぶりを発揮しているという。 放映前から業界関係者の間で“苦戦”と予測されていたドラマ『相棒season14』(テレビ朝日系)が初回18.4%の高視聴率を記録し、幸先のいいスタートを切った。 「新相棒に反町の名前が公表されてからとい…

つづきを見る