最新記事一覧

Young couple in bed arranged a pillow fight

個性派俳優・鈴木浩介に妻が意外な「ダメ出し」

ドラマ『LIAR GAME』(フジテレビ系)や『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)など、さまざまなドラマに出演し、個性的な役柄を演じている俳優の鈴木浩介が、11月26日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)に出演した。ひと周り年下の女優の大塚千弘と2015年に結婚した鈴木は、番組内で妻から注意される…

つづきを見る

座布団枚数間違えに講談師登場…「笑点」が珍事連発!?

11月26日放送の『笑点』(日本テレビ系)を見ていた視聴者が、笑点史上初の珍事が起きてしまった謝罪と、15年ぶりの講談師の出演に「珍しいことだ」と話題になっている。 番組冒頭で、司会者である春風亭昇太が突然「先週と今週の座布団の枚数が間違えたまま収録してしまった」とお詫びした。その後、周囲にいたメンバー全員に「各自、座…

つづきを見る

松本人志「NGタレントが3人いる」

11月26日に放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 』(日本テレビ系)で『ダウンタウン』の松本人志が「NGタレントは3人ぐらいいる」と暴露し、インターネット上では人名の予想が広がっている。 今回は『5Sトーク!』と題し、番組のレギュラーメンバー5人が『笑ってはいけない』シリーズの裏話をした。そのなかで今年…

つづきを見る

明石家さんま「謙虚さ」見せて絶賛の嵐

11月26日に『誰も知らない明石家さんま ロングインタビューで解禁!』(日本テレビ系)が放送された。ツイッターでは、明石家さんまのひと言が取り上げられ、視聴者が絶賛している。 番組のロングインタビューは、スタッフが質問し、さんまが答える形式だった。 そのなかで「いままで人を殴ったことはありますか?」と聞かれたさんまは「…

つづきを見る

芸能界席巻の「ハイジニーナ脱毛」で注意すべきこと

最近は、女性のアンダーヘア処理も特別なことではなく一般化してきた。その影響で、「どうせ手を入れるなら全処理を」という人が増えている。 『HKT48』の指原莉乃は、アンダーヘアを全て脱毛していることをバラエティー番組で明かしているが、ほかにも女優の夏菜や『AKB48』の峯岸みなみなどが“ハイジニーナ”(永久脱毛で無毛にす…

つづきを見る

レトロ製品「カセットテープ」人気の落とし穴

デジタル化が進み、多くの人が定額ストリーミングで音楽を聴く時代に突入した。しかし、この時代に逆行するようにカセットテープの人気が再燃しつつある。中高年によるただの懐古的な動きではなく、普及していた時代をリアルタイムで知らない若者までが、その魅力にはまっているようだ。 かつてはレコードが音楽を聞くための主な媒体だった。そ…

つづきを見る

「監獄のお姫さま」夏帆の存在感で視聴率好調!

小泉今日子主演の連続ドラマ『監獄のお姫さま』(TBS系)で、物語のキーパーソンになっている“ヨーグルト姫”こと江戸川しのぶを演じているのが女優の夏帆だ。 しのぶは会社社長である板橋吾郎(伊勢谷友介)の元婚約者で、社長の愛人を殺害した罪で女子刑務所に服役する。その冤罪を晴らすために、馬場カヨ(小泉)らが板橋に復讐する様子…

つづきを見る

「森友・加計は報道犯罪」と非難された朝日新聞が激怒!

朝日新聞が、10月18日に発売された書籍『徹底検証「森友・加計事件」 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』の著者、小川榮太郎氏と出版元の飛鳥新社に対して、抗議文書を送っていたことが明らかになった。内容の一部は以下の通りだ。 《本書は、弊社が取材で入手した文書について紙面で報じているにもかかわらず、「安倍の関与を想像させ…

つづきを見る

日馬富士暴行問題で陰口を叩かれる池坊保子評議員会議長

大相撲の横綱の日馬富士による暴行事件で、日本相撲協会の評議員会議長である池坊保子元文部科学副大臣が早期の全容解明と解決を協会に強く求めた件について、相撲ファンを中心に非難の声が広がっている。 池坊議長は会合後の自由討議で「事実関係の時系列などをマスコミや相撲を愛するファンの皆さんに説明する必要があると強く申し上げた」と…

つづきを見る

ロシア革命から100周年…いまも平和を脅かすマルクスの思想

《一匹の妖怪がヨーロッパを徘徊している。共産主義という妖怪が》という一文に始まり、《万国のプロレタリアよ、団結せよ!》で終わる有名な『マルクス・エンゲルス共産党宣言』。この本は1848年に共産主義者同盟のパンフレットとして出版された。マルクス思想により共産党が組織され、ソビエト連邦や中国、そして北朝鮮という国家が成立し…

つづきを見る