最新記事一覧

まさに「おそロシア」プーチン大統領再任の背景

ロシアのクリミア侵略からちょうど4年という3月18日に行われたロシアの大統領選挙で、大方の予想通りウラジーミル・プーチン氏が73.9%という得票率で勝利した。プーチン大統領は5月の大統領再就任後、2024年5月までの6年間、大統領の任を務めることになる。 現行の憲法が改正されない限り、プーチン大統領の任期は今回が最後だ…

つづきを見る

後藤真希老けすぎ?「アイドルじゃない」と話題に

昨年から芸能活動再開を宣言していた元『モーニング娘。』の後藤真希が、本格的に動き始めた。しかし、久々に姿を見たファンは驚きを隠せなかったという。 「3月20日に人気ゲーム機のヒットシリーズを体験できる原宿のプレイスポットでイベントがおこなわれました。そこへ後藤がゲストで登場したのですが、彼女が出てくると場内がざわつきは…

つづきを見る

広瀬すずが三角関係突入で「朝ドラ降板」危機

女優の広瀬すずが、俳優の野村周平を水原希子から”略奪”したとの見方が広がっている。 「このことは3月4日放送の『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で判明しました。映画『ちはやふる ―結び―』(3月17日公開)で共演した広瀬、野村、新田真剣佑がゲスト出演したのですが、野村は広瀬と『結ばれたい』と話したり、日常的に広瀬に対し…

つづきを見る

鈴木紗理奈「もはや別人か」顔面変貌に識別不能!?

バラエティー番組での活躍だけでなく、2017年公開の映画『キセキの葉書』の主演でマドリード国際映画祭の最優秀外国映画主演女優賞を獲得したことで女優としても評価を高めている鈴木紗理奈。彼女は20代のころ、ヤンキー口調でやんちゃな性格が特徴のタレントだった。 「鈴木は“20世紀最後の正統派アイドル”といわれた奥菜恵と犬猿の…

つづきを見る

安藤美姫の「ハチャメチャ日本語」にネット民首傾げ

フィギュアスケート世界選手権がイタリアのミラノで開催されているさなか、プロフィギュアスケーターの安藤美姫が3月21日にツイッターを更新し、自身が過去のテレビ番組に出演した際の発言について《誤解を招いている部分がある》と釈明した。 安藤は去る2月28日深夜に毎日放送で放送された『戦え!スポーツ内閣』に出演し、平昌五輪で金…

つづきを見る

エポック社「野球盤」ロングセラーの秘密

エポック社の『野球盤』が今年で60周年を迎えた。これだけ長いあいだ売れ続けているアナログ玩具も珍しいだろう。デジタルゲーム全盛の時代に育った人も、野球盤だけはやったことがある、という人も多いのではないだろうか。 「野球盤第1号機は1958年(昭和33年)に、エポック社の創業と同時に発売されました。第1号機は現在発売され…

つづきを見る

再婚の宮沢りえが出演した「ロマンポルノ」26年来リメイク作品

作品目『エロチックな関係』 松竹/1992年 DVD発売中 監督/若松孝二 出演/宮沢りえ、内田裕也、ビートたけし、佐藤慶、宇崎竜童ほか すでにウワサされていたので、正式発表されても別段驚かなかった《宮沢りえ、“V6”の森田剛と再婚!》報道。バツイチ女優と年下アイドルの組み合わせに、「意外にうまくいくんじゃないか」とボ…

つづきを見る

「運命のエロい女」を探す奇想天外青春映画『サイモン&タダタカシ』

映画評論家・秋本鉄次のシネマ道『サイモン&タダタカシ』 配給/日活 シネ・リーブル池袋ほかにて3月24日より公開 監督/小田学 出演/阪本一樹、須賀健太、間宮夕貴、井乃脇海、田中日奈子ほか 若手映画作家の登竜門と呼ばれる『PFF(ぴあフィルムフェスティバル)』。今年40回を迎える。これまで園子温、熊切和嘉、李相日、石井…

つづきを見る

ナイナイ・岡村隆史「弱気過ぎる発言」に同情の声

『ナインティナイン』の岡村隆史が、3月22日深夜に放送されたラジオ番組『ナインティナイン 岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、同日の『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)最終回の内容を振り返り、「本当にお疲れさまでした」とねぎらった。 おかげでしたの最後に、とんねるずが1991年のヒット…

つづきを見る

最終回「おかげでした」小泉今日子も松嶋菜々子も呼ばれず

前身番組から数えて約30年間続いたフジテレビのバラエティー番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』が3月22日に最終回を迎え、計1340回に及んだ歴史に幕を下ろした。 最終回の平均視聴率は9.7%(ビデオリサーチ調べ=関東地区)と、前週の7.1%から2.6%アップしたものの、ふた桁には届かなかった。そもそも、これだけ…

つづきを見る