最新記事一覧

ひろゆきが完全論破!? 架空請求業者との対決に「最後キレてたな」

論破王の〝ひろゆき〟こと西村博之氏が、12月1日放送の『犯人に告ぐ!盗聴盗撮怒りの追跡バスターズ第9弾』(TBS系)に出演。架空請求業者と対決し、騙しの最新手口を暴いた。 この日、ひろゆきはフランス・パリからノートパソコンを使って悪徳業者とリモートでやり取りをスタートした。業者から指定されたURLにアクセスし、出てきた…

つづきを見る

アルピー・平子は悪くない?“密会騒動”に擁護の声「平子の方が信じられる」

『アルコ&ピース』の平子祐希が、『流れ星☆』瀧上伸一郎の元妻でタレントの小林礼奈とホテルで密会していたことで、平子と瀧上の2人が絶縁状態になっていると報道され、波紋を呼んでいる。 12月1日配信の『NEWSポストセブン』の記事によると、瀧上は、4年前に小林と平子が都内のホテルで密会していたことを今年の秋に知り、平子に電…

つづきを見る

有吉弘行が冠番組の“ヤラセ”暴露!「ショック…」「知らなかった」

12月1日に放送された『有吉の壁』(日本テレビ系)3時間スペシャルで、MCの有吉弘行が過去の〝不正〟を告白して番組ファンを驚かせた。 そのくだりがあったのは、「ごちそうの壁を越えろ! 高級中華争奪大喜利」のコーナー。この大喜利企画は、今まで番組で何回も行われている人気シリーズ。大喜利で有吉から「○」を貰えた回答者が、料…

つづきを見る

メッシのバロンドール受賞が物議「メッシ賞に改名しろ」「スタッツ見れば妥当」

フランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が主催する、年間最優秀選手を表彰する『バロンドール』。2021年度最優秀選手賞を、アルゼンチン代表のリオネル・メッシが受賞したのだが、サッカーファンの間で物議を醸しているようだ。 チームの勝利に大きく貢献したことを理由に、2019年に続いて受賞となったメッシ。11月29…

つづきを見る

『AKB48』メンバー1人だけをハブに!? 今週の嫌われ女ランキング

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも〝嫌われた女〟ランキングと、代表的な記事をご紹介します(12/2配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 AKB48 :『AKB48』メンバー1人だけをハブに!?「むごい事してやるなよ…」34…

つづきを見る

『ヒルナンデス』の“韓国ゴリ押し”に視聴者辟易「チャンネル変えた」

12月1日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)は、東京の新大久保にある〝ソウルタウン〟を特集。しかしあまりにもクドい〝韓国ゴリ押し〟にアレルギー反応を起こす視聴者が続出している。 番組では『オードリー』春日俊彰と若林正恭、おいでやす小田、『Kis-My-Ft2』二階堂高嗣ら〝オジサン探検隊〟が、今年3月にオープンし…

つづきを見る

茶番すぎて失笑…『ハンオシ』引き延ばし展開に「もう最終回でいいよ」

11月30日、清野菜名と坂口健太郎が共演するドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』(TBS系)の第7話が放送された。まるで最終回のような展開だったのだが、視聴者から惜しむ声が全く上がっていない。 主人公の大加戸明葉(清野)は「森田デザイン」で働く中堅デザイナー。いつか独立し、広告で賞を取ることを目標に独身を謳歌していた…

つづきを見る

『M-1』2019年王者・ミルクボーイはどこへ…?「見事にテレビから消えた」

2019年の『M-1グランプリ』チャンピオンに輝いた、お笑いコンビ『ミルクボーイ』。王者獲得直後は連日のようにテレビ出演していたが、現在は姿を見る機会が激減してしまった。果たして彼らは今、何をしているのだろうか…? 彼らのネタとして真っ先に思い浮かぶのは、「M-1」決勝戦のファーストラウンドで披露した「コーンフレーク」…

つづきを見る

上白石萌音が凄すぎる! 朝ドラ『カムカム』視聴率爆上げで「歴史に名を残す」

現在放送中の朝ドラ『カムカムエヴリバディ』(NHK)が、驚異的な記録を残している。 11月よりスタートした同作。1925年(大正14年)、日本でラジオ放送が始まった日、岡山市内の商店街にある和菓子屋で生まれた女の子・橘安子(上白石萌音)が初代主人公。あんこの甘い香りに包まれた、温かい家庭に育った安子は、ずっと家族との幸…

つづきを見る

窪田正孝の“黒歴史”が明らかに! 抹殺された「アイドル時代」の過去…

石田純一の娘で二世タレント・すみれの結婚報道が、思わぬところに飛び火している。 すみれの〝できちゃった婚〟が報じられたのは11月25日。お相手は以前から交際していた一般男性で、すみれは春にも出産予定だという。この〝一般男性〟とだけ伝えられていた男性の素性について、各マスコミは必死に詮索し、12月1日、遂に一部メディアが…

つづきを見る