トピックス

72歳の祖母が5歳の孫に飛び蹴り!『テレフォン人生相談』が神回だと話題に

8月8日放送のラジオ番組『テレフォン人生相談』(ニッポン放送)で、相談者から「72歳の母が跳び蹴りします」と予想外の〝パワーワード〟が飛び出し、リスナーをザワつかせている。 この日の相談者は、小5の息子と暮らしている47歳の女性だった。週1回、買い物支援のために72歳の母の元を訪問しているが、子育てに口を出すなど関係は…

つづきを見る

NHKの放送事故に陰謀論! 反戦歌が突如フリーズした理由とは…

8月6日放送の『ライブ・エール』(NHK)で、歌手のMISIAと加藤登紀子の歌唱中に放送事故が発生。ネット上で物議を醸している。 MISIAと加藤は番組終盤に登場し、ロシアのウクライナ侵攻を受けて、世界で最も有名な反戦歌といわれる『花はどこへ行った』を披露することに。 MISIAが新たな歌詞を書き加えたスペシャルバージ…

つづきを見る

『ロッキン』の観客マナーは最高?『フジロック』がマナー最悪だった理由は…

8月6日、7日に、大型野外ロックフェスティバル『ROCK IN JAPAN FESTIVAL2022』(ロッキン)が開催された。先月末の『FUJI ROCK FESTIVAL ’22』(フジロック)に比べて観客のマナーが良いと話題になっているようだ。 7月29日から31日にかけて開催された「フジロック」。大…

つづきを見る

映画『ONE PIECE』最新作に酷評の嵐「Adoを推すための映画」

8月6日、『ONE PIECE』の劇場版最新作『ONE PIECE FILM RED』の公開がスタート。順調に興収を伸ばしている一方、劇場に足を運んだ人からの評判は思わしくないようだ…。 今回の映画は、音楽の島「エレジア」を舞台に〝シャンクスの娘〟だという歌姫・ウタを中心とした物語が展開されていく。 ウタは〝ダブルキャ…

つづきを見る

『Mステ』アニオタ激怒! アニメ主題歌ランキングに「ニワカ」「ズレてる」

8月5日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で、アニメソングのランキングを発表。しかしランキングの結果が玄人向けではないとして、アニメファンから苦言が寄せられているようだ。 同日の番組は「20世紀vs21世紀 最強アニメ主題歌ランキング」と題し、世紀ごとに分かれたランキングを一挙に公開。 「20世紀」には…

つづきを見る

『GLAY』ライブでのプロポーズに賛否! 演奏中のプロポーズはNG?

4人組ロックバンド『GLAY』が、ファンクラブ結成25周年ツアーを開催。彼らの演奏中に1組のファンがプロポーズを決行したようなのだが、これがファンの間で物議を醸している。 SNSの情報によると、カップルがプロポーズしたのは、「GLAY」が大ヒット曲にして代表曲『HOWEVER』を披露していた場面でのことだという。 この…

つづきを見る

『水ダウ』再び炎上! 取材拒否店を探す企画に「不快」「失礼だし迷惑」

8月3日放送の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)では、「取材拒否の店を引き当てるまで食レポし続けるロケ、めちゃくちゃしんどい説」と題した企画を放送。タイトルの通り、取材NGの飲食店を探していく企画なのだが、視聴者から批判が相次いでいる。 企画には『品川庄司』庄司智春をはじめとした5人の芸人が参加。それぞれが指定の街に…

つづきを見る

ゲームをする子どもはバカ!? 文科省の調査結果にオタクブチギレ

今年4月に実施された「全国学力テスト」と、併せて実施されたアンケートの結果が7月末に発表された。各メディアはこの結果から〝ある仮説〟を打ち立てたのだが、オタクたちが大激怒している。 同テストは全国の小学6年生と中学生3年生、計200万人以上を対象に実施。中学は2021年度に改訂された新・学習指導要領で初の実施となり、理…

つづきを見る

ユーチューバーが音楽界にも進出!『スカイピース』待望の新アルバムが大ヒット

本業の動画配信のみならず、音楽活動にも精力的に取り組む大人気ユーチューバー『スカイピース』。彼らが2年ぶりとなる待望の4thアルバム『Grateful For』をリリースし、大きな注目を集めているようだ。 7月27日に発売された「Grateful For」は、2020年6月発売の名盤『青青ソラシドリーム』に続く4枚目の…

つづきを見る

ワンピ尾田栄一郎がAdoにセクハラ?「僕の娘なのかな」発言にドン引き…

8月6日に公開される劇場アニメ『ONE PIECE FILM RED』の主題歌を担当する歌手のAdo。そんな彼女に原作者の尾田栄一郎が特別な感情を抱いていることが判明し、ネット上で物議を醸している。 話題になっているのは、8月2日にウェブサイト『コミックナタリー』へ掲載された『ONE PIECE』原作メディア担当編集者…

つづきを見る