最新記事一覧

「スポーツ選手キラー」フジテレビ宮澤智アナのドン引き質問伝説

フジテレビの宮澤智アナウンサーには“スポーツ選手キラー”の異名がある。彼女は、人気選手なら会っていない人間はいないといわれるほど取材をしまくっているからだ。 「宮澤アナは将来のダンナ候補をにらんで、あえて人気スポーツ選手にしか取材しません。ターゲットは当然、年俸が高いプロ野球選手。サッカーは国内の一流選手でも1億円に届…

つづきを見る

顔の筋肉をほぐす「顔筋」ケアで表情豊かにアンチエイジング

特に美人という顔立ちではないのに、“魅力的だな”と感じる人と、顔立ちは整っているのに、“美しいという印象がない”人がいる。また一方で、40代から50代へと年齢が上がるにつれ、どんどん魅力的になる人もいる。 「その違いは、表情です」というのは、顔筋コーディネート考案者であるKatsuyo先生。2000年に独自のメソッドで…

つづきを見る

新たな天皇誕生日になりそうな「2月23日」と中島みゆきの関係

天皇陛下の生前退位の問題が大詰めを迎えるなか、2月23日が新たに注目されている。なぜなら、この日は皇太子殿下の誕生日。つまり、近い将来に祝日となる可能性が限りなく高いからだ。 注目されるこの2月23日がどういう日なのか見てみよう。 この日は、日本のもう一つの象徴の『富士山の日』でもある。これは語呂合わせの類いで、富士山…

つづきを見る

使い捨てカイロの貼り方を工夫して冷え性対策を効果的に

まだまだ気温が低い日もあるきょうこのごろ。体全体が冷えてしまうという人も少なくないはず。冷え対策には“冷えの原因”になっている部分を温めるのが効果的だ。 特に冷え性の人には、“腹部”、“ひざの裏”、“ふくらはぎ”の3つのポイントを温めると、血液が温められ、体全体が温かくなるといわれている。また、下半身の冷えを解消したい…

つづきを見る

プレ五輪大会で強風に泣かされた高梨沙羅のメイク

ノルディックスキーのワールドカップ平昌大会で、スキージャンプの歴代最多タイとなる通算53勝目を挙げた高梨沙羅。同大会は2018年に行われる平昌冬季五輪のプレ大会と位置付けられており、同五輪の会場に予定されている『平昌アルペンシア・スキージャンプ・センター』で行われた。 「高梨は優勝したとはいえ、同地独特の“強風”という…

つづきを見る

中居正広はジャニーズ独立が進まず酒量が増えるばかり…

中居正広の“飲み過ぎ”が関係者の心配を誘っている。 中居はクラブやキャバクラでは飲まないのは有名な話だ。商売ギャルにお金を払うぐらいなら、家でチビチビやっていた方がいいという。 「中居はいまの時期だと“綿入れはんてん”を着て、コタツで日本酒をチビチビやるのが好きみたいです。日本酒は熱燗好きで、これが中居流」(ジャニーズ…

つづきを見る

清水富美加の出家騒動で被害を受けたジャニーズ事務所が激怒

女優の清水富美加が宗教団体『幸福の科学』への出家と、所属芸能事務所から離脱の意向を発表したことを、歓迎している人々がいる。 「この騒動のおかげでワイドショー番組の作り手としては、かなり楽になりました。なにしろ、次から次へと話題が舞い込みますから」(民放関係者) 喜んでいるのは、メディアの人間だけではないようだ。 「この…

つづきを見る

集団強姦に大麻吸引やヤクザとの癒着…医師が目立つ事件の数々

恐喝事件で実刑が確定した暴力団組長の健康状態について、京都府立医科大学付属病院が虚偽の診断書を作成したとされる問題が波紋を呼んでいる。 京都府警は2月14日、虚偽公文書作成容疑などで同病院を家宅捜索した。指定暴力団山口組系淡海一家総長の高山義友希元被告の刑の執行停止を手助けするために、虚偽の診断書を作成したとされる。 …

つづきを見る

層が厚くなったフュギュア女子のなかで気になる浅田真央の動向

フィギュアスケート四大陸選手権の女子は、17歳の新鋭の三原舞依が初優勝を遂げて幕を閉じた。初出場での初優勝は、浅田真央以来の快挙で、故障のため出場を見送った全日本選手権優勝者の宮原知子の代役で出場した本郷理華と、樋口新葉も奮闘した。これで平昌冬季五輪のフィギュアスケート女子の出場選手をめぐる争いは、ますます分からなくな…

つづきを見る

サッカーJリーグ中継のカメラ増で困るのは「審判ではなくて選手」の声

2月25日、サッカーJリーグが開幕する。今季から新たに放映権契約を交わしたイギリス動画配信大手パフォーム社のサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』によって、中継カメラ数が従来に比べ大幅に増える予定だ。迫力のある映像が期待できるが、サッカー関係者は「選手の本性が暴かれるかも」とこぼす。 「まずは審判のミスジャッジが少なくなる…

つづきを見る