MLB

大谷翔平の“結婚相手”が決定!? ウワサの彼女の占い結果に「確定かな…」

今シーズン、メジャーリーグで大活躍を見せ、先日には『TIME』誌の「2021年の世界で最も影響力のある100人」にも選ばれた大谷翔平。そのずば抜けた才能から「早く子どもを残してほしい」との意見は多く、結婚相手は長年にわたる議論の的となってきた。そんな大谷の結婚相手が、ついに〝決定した〟とネット上で話題になっている。 9…

つづきを見る

大谷翔平を差別!? 日本ファンの“苦言”が大ブーメラン「どのツラ下げて…」

現地時間8月24日に行われたメジャーリーグ『ロサンゼルス・エンゼルス』×『ボルティモア・オリオールズ』戦に、大谷翔平が1番DHでスタメン出場。7点リードの第3打席、申告敬遠で勝負を避けられた。 この日はエンゼルス打線が爆発し、序盤から大量リードの一方的な試合展開。大谷は3回に早くも第3打席を迎え、これまで2打席凡退の雪…

つづきを見る

大谷翔平が目指す場所!? 日本人メジャーリーガーのパイオニア・野茂英雄

今シーズン、〝二刀流〟として獅子奮迅の活躍を見せる『ロサンゼルス・エンゼルス』の大谷翔平選手。投手としては5勝を挙げ、打者としてもホームラン本数で独走するなど、〝二刀流〟の名に恥じない活躍を見せている。また、日本時間7月14日に行われた「MLBオールスターゲーム」では、特別ルールのもと史上初となる「1番投手・DH」で出…

つづきを見る

『ジャンクスポーツ』大谷翔平の“嫁予想”に批判「余計なお世話」「品が無い」

8月1日放送の『ジャンクSPORTS』(フジテレビ系)で、大リーグ『ロサンゼルス・エンゼルス』で活躍する大谷翔平選手を特集したが、最後に交わされたトーク内容が物議を醸している。 番組では、大谷選手の今季のホームランをVTRで振り返りながらトーク。日本ハム時代にコーチを務めていた白井一幸氏や元プロ野球選手の斎藤隆氏、高橋…

つづきを見る

大谷翔平と松井秀喜の“決定的な違い”…二刀流で活躍も「勝利に導けてない」 

今シーズン、打者としてホームラン王争いを独走する『ロサンゼルス・エンゼルス』の大谷翔平選手。7月20日時点で34本のホームランを放つなど、規格外の活躍を見せている。同じくメジャーで30本以上のホームランを記録した松井秀喜氏と同タイプの打者としてしばしば比較されるが、松井氏とは一体どんなバッターだったのか。 松井氏は〝ゴ…

つづきを見る

大谷翔平の“大記録”の裏に新庄剛志アリ!? 意外に侮れない輝かしい記録

野球の本場・メジャーリーグでホームランを量産し、日本人初のホームラン王獲得も視野に入っている大谷翔平選手。単年の成績では、「メジャー史上最高の日本人野手」との呼び声も高まっている。 しかし、ここで忘れてはならない事実に言及したい。野球に疎い人には意外かもしれないが、日本人野手メジャーリーガーの先鞭をつけたのは、今やタレ…

つづきを見る

大谷翔平vsイチローの軍配は…評論家の指摘で見える驚異の“打撃力”

アメリカ・メジャーリーグ『ロサンゼルス・エンゼルス』大谷翔平選手が、MVP獲得も視野に入るほどの大活躍を見せている今シーズン。もし獲得となれば、日本人としてはイチロー以来、実に20年ぶりの快挙となる。 イチローがMVPに輝いたのは、メジャー1年目の2001年。この年はMVPの他、新人王・首位打者・最多安打・最多盗塁・ゴ…

つづきを見る

大谷翔平へのインタビューで炎上! 元NHKアナに「お祭りモードぶち壊し」

日本時間の7月13日、NHKにてメジャーリーグの『ホームランダービー』が生中継された。現地リポーターとして元NHKアナウンサーの久保純子が、『ロサンゼルス・エンゼルス』大谷翔平選手にインタビューしたのだが、アナウンサーらしからぬ質問に批判の声が集まっている。 「ホームランダービー」は、メジャーリーグを代表する強打者8名…

つづきを見る

『モーニングショー』長嶋一茂の“野球解説”にツッコミ「ルール知ってるの?」

7月14日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)では、メジャーリーグで大活躍中の大谷翔平選手について特集。コメンテーターとしてタレントの長嶋一茂が登場したが、彼の解説に視聴者からブーイングが殺到している。 この日の放送は、大谷選手が〝二刀流〟で出場する『MLBオールスターゲーム2021』を現地会場から中継。試合開始…

つづきを見る

大谷翔平の“MVP”を未来人が予知!?『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が現実に

アメリカメジャーリーグ『ロサンゼルス・エンゼルス』の大谷翔平選手が、早くもア・リーグMVPに〝当確〟したようだ。しかも驚くべきことに、この当確は〝未来人〟によって判明したという。 前半戦を終えたメジャーリーグだが、大谷の活躍はもはや言うに及ばず。しかし、その下馬評はというと、決して高いものではなかった。 「昨シーズンの…

つづきを見る