室井佑月

室井佑月“批判覚悟”の呼びかけに冷笑「なんら問題ない発言だと思うけどw」

タレントの室井佑月が12月17日、自身のツイッターを更新。野菜や肉の〝買い占め〟を促すようなツイートを投稿し、ネット上で物議を醸している。 室井は《叩かれるかもだけど》と炎上覚悟だと前置きし、《気づいてていわないのは嫌なのでいうね。食べ盛りのお子さんがいるおうちは、冷凍野菜やお肉が安い日に購入して、冷凍庫に少しだけスト…

つづきを見る

『ひるおび!』炎上コメンテーター・室井佑月が降板!「嬉しい」と歓喜の声

12月3日放送の『ひるおび!』(TBS系)で、木曜コメンテーター・室井佑月の降板が発表された。これまで幾度も炎上を招いてきたお騒がせコメンテーターの退陣に、ネット上ではさまざまな意見が飛び交っている。 オープニングでは、司会の恵俊彰がコメンテーターの立川志らくを紹介。彼の紹介が終わると、TBSの江藤愛アナは「木曜コメン…

つづきを見る

『ひるおび!』室井佑月の“呂律”に心配の声「こんな喋り方だった!?」

10月8日放送の『ひるおび!』(TBS系)に、番組コメンテーターとして作家の室井佑月がリモート出演。普段は歯に衣着せぬコメントで話題になる彼女だが、今回の放送では心配の声が殺到している。 この日の番組冒頭では、週末に上陸予定の〝台風14号〟の状況を紹介。台風に伴う寒暖差についてMCの恵俊彰から聞かれ、室井は一瞬間が開い…

つづきを見る

『ひるおび!』室井佑月に出演者ブチギレ!? 一触即発の事態にドン引き

9月17日放送の『ひるおび!』(TBS系)では、コメンテーターとして出演した室井佑月が、司会の恵俊彰と政権報道を巡る〝プチバトル〟を繰り広げていた。 今回の番組では、菅義偉内閣の発足を受けて、閣僚決定の舞台裏や新しく新設された〝デジタル庁〟に関して特集。しかし、この特集に室井は「長かった安倍政権によって色んな〝ゆがみ〟…

つづきを見る

炎上待ち!?『ひるおび』室井佑月の態度に困惑「早口でボロクソ言うのに」

〝日の丸マスク誤情報〟だけでなく〝医療従事者批判〟などの炎上騒動で、お茶の間を賑わせている作家の室井佑月。しかし7月9日放送の『ひるおび!』(TBS系)には〝もの静かな〟態度で登場したため、視聴者たちがザワついている。 この日の番組では、九州地方を中心とした記録的な大雨や、公職選挙法違反の罪で起訴された河井前法相夫妻に…

つづきを見る

室井佑月『ひるおび』で再び大炎上「医療関係者を侮辱するな!」

もはや〝お家芸〟かの如く、幾重もの炎上騒動の渦中の人物となる室井佑月。そんな彼女が7月2日放送の『ひるおび!』(TBS系)でも、懲りずに視聴者の反感を買う発言を繰り出していた。 同日の番組では〝集団感染〟が発生した『永寿総合病院』の会見をピックアップ。院内集団感染が起こった経緯や院長の湯浅祐二氏による謝罪の文言にスポッ…

つづきを見る

室井佑月“マスク騒動”に再び反論もさらに炎上…「呆れてモノも言えん」

本サイトが6月5日に報じた『〝マスク騒動〟で大炎上!『ひるおび』出演の室井佑月に「まず謝罪したら?」』という記事に、作家の室井佑月本人が反論している。 室井は6月16日発売の『週刊朝日』の連載ページで、このマスク問題について触れ、「あたしの発言もありマスク会社が誹謗中傷を受けてしまったのだとしたら、悪いことをしてしまっ…

つづきを見る

千眼美子の“熱愛相手”がエグすぎる! 今週の嫌われ女ランキング

今週もさまざまな女子アナ、女優、女性タレント、アイドルが話題となった芸能界。旬の話題をお届けする『まいじつ』の読者に、今週もっとも“嫌われた女”ランキングと、代表的な記事をご紹介します。(6/11配信まで、独自ポイントで集計)。 1位 千眼美子 : 千眼美子が熱愛宣言!その“お相手”に絶句「エグ過ぎる…」 213pt….

つづきを見る

『ひるおび』室井佑月がブーメラン発言!?「まずお詫びしろ」とツッコミ殺到

〝日の丸マスク〟の誤情報ツイート騒動によって炎上中の室井佑月。そんな彼女が、6月11日放送の『ひるおび!』(TBS系)にリモート出演した。芸能活動自粛レベルの問題を引き起こしたはずなのに、相変わらずの〝ふてぶてしさ〟を見せつけ、当然のごとく視聴者からツッコまれてしまうことに。 この日の番組では、来年夏に延期となった東京…

つづきを見る

“マスク騒動”で大炎上!『ひるおび』出演の室井佑月に「まず謝罪したら?」

6月4日放送の『ひるおび!』(TBS系)に、作家の室井佑月がリモート出演。つい先日〝炎上騒動〟を引き起こしたばかりの彼女が何食わぬ顔で登場したことにより、ネット上でさらなる批判が殺到している。 念のため、室井の炎上騒動を振り返っておこう。彼女は先月末、ツイッターで〝誤情報〟を広めて世間の混乱を招いていた。騒動の発端は、…

つづきを見る