社会

6歳女児に強制性交で「懲役3年8カ月」“減刑理由”に怒りの声

6月18日に佐賀地裁で判決が下された強制性交事件を巡り、ネット上で辛らつな意見が相次いている。 同事件は、今年2月に佐賀県内にある商業施設内のトイレにて、22歳無職の男が当時6歳の女児に性的な暴行を加えたというもの。裁判において、検察側は被告が手袋をして犯行に及んだことなどを指摘し、「計画性のある悪質な犯行」として懲役…

つづきを見る

“意識高い系”日本人男性が海外の『スタバ』で差別発言…大炎上の経緯

今やネット用語の枠から飛び出し、日常でも使われるようになった「意識高い系」という言葉。厳密な定義はないものの、アップルユーザー、海外志向、ベンチャー志向、スタバ(スターバックスコーヒー)好きなどが特徴に挙げられ、人々からは〝羨望の的〟になることが多い。 そんな「意識高い系」との呼び声が高い、某日本人起業家男性のツイート…

つづきを見る

「SNSやっている人は採用しません」就職活動の“悲哀”ツイートが話題に

売り手市場として、高い就職内定率が続いている昨今。今年も6月の採用選考スタートを受け、すでに多くの学生らが内定を得ているようだ。 一方、まだ希望の巡り合わせに至っていない学生らもいる。そんな中、採用面接で実際に起こった驚きの出来事について書かれた、あるツイッターの投稿がネット上で話題になっている。 投稿者によると、ある…

つづきを見る

「私は前世でアナタの夫でした…」全国で頻発する“声掛け事案”の恐怖!

三重県伊勢市に現れた不審者の〝声掛け事案〟がネット上で話題になっている。三重県警によると、6月16日午後4時ごろ、Tシャツに水色系ズボンの20代くらいの男が女子生徒に「久しぶり、前世はあなたの夫でした」と声を掛けたという。 ネット上では 《何それ、めちゃくちゃ怖い》 《かなりいっちゃってるだろ。ただの変質者です》 《い…

つづきを見る

「カネ貸すから一発やらせて」“ひととき融資”が横行する個人貸金の実態

インターネット掲示板で知り合った女性に対し、性行為を条件に金を貸し付けていたとして、大阪府下の公務員の男が先ごろ、大阪府警に逮捕された。男は法定金利の最大7倍の高金利で現金を貸し付け、利息も受け取っていたという。 このような〝身体の関係〟を伴う個人間の融資は「ひととき融資」と呼ばれ、最近、ネット掲示板やSNSで広まって…

つづきを見る

異常な“タピオカブーム”に潜む恐怖…「腹痛」「便秘」「激太り」

〝タピオカブーム〟がハンパない。若年層を中心に大人気のタピオカドリンク。東京・原宿周辺には30以上の店舗が密集し、どの店も行列ができるほどにぎわっている。ネット上ではタピオカを飲む活動のことを〝タピ活〟と呼び、ハッシュタグを付けてインスタグラムに投稿するまでが定番だ。 「ツイッターの口コミ数をみると、タピオカに関する投…

つづきを見る

“片手ドリンク流行”と報じたフジテレビに非難殺到「勝手にブーム作るな!」

朝の情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)が6月5日、テイクアウトした飲み物を持ち歩く〝片手ドリンク〟がブームになっていると放送し、ネット民をざわつかせている。 番組では片手にドリンクの容器を持ちながら街を歩いている若者にインタビュー。「ファッションの一部ですね」「大人かっこいいみたいな。毎日片手ドリンクっすね」「…

つづきを見る

女性を狙って暴行!? 過激ユーチューバーの下劣行為に怒りの声続出

若年層を中心に多大な影響力を誇り、一部では既存映像メディアであるテレビを上回ったともいわれている動画投稿サイト『YouTube』。近年はタレントが「YouTube」に参入する逆転現象も起きているほどだが、〝再生回数〟を稼ぐために犯罪同然の過激な動画を投稿する者も後を絶たない。 こうした動画が今や社会問題と言えるほど深刻…

つづきを見る

小室圭さん「今できること一生懸命」発言が物議…追い詰められる秋篠宮家

秋篠宮皇嗣殿下の長女・眞子さまの婚約者である小室圭さんの発言が、またまた不興を買っている。写真週刊誌『FLASH』6月4日号に掲載された記事によると、小室さんは「令和になっても、今できることを一生懸命やるだけです」「気持ちは以前と変わらないです」などと、代理人弁護士を通じて答えたという。 小室さんは現在、ニューヨークの…

つづきを見る

池袋事故と何が違う? 80歳男性「暴走事故」死者ゼロで逮捕に怒りの声

6月3日の午後6時半ごろ、大阪市此花区のスーパーの駐車場から歩道へ乗用車がバックで突っ込み、子ども2人を含む歩行者4人がケガをし病院に運ばれた。全員軽いケガで済んだようだが、車を運転していた80歳の男性・増永弘明容疑者が過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕され、ネット上では〝飯塚幸三容疑者〟へ怒りの声が上がっている。 増永容…

つづきを見る