社会

「このハゲー!」豊田真由子議員のドン引き高校時代エピソード

6月22日発売の『週刊新潮』誌上で、政策秘書への罵詈雑言と暴行が報道された豊田真由子衆議院議員。発売前日には隠し録音した音声が公開されたため、発売日には大手メディアも大きく報じた。 豊田議員は自民党に離党届を提出し、現在は入院中だという。暴力を振るった政策秘書とは和解に向けて話し合いをしているそうだが、この件はインター…

つづきを見る

外来種生物が自然にもたらす「良い影響」に関する議論

外来種と言えば、琵琶湖の在来種を脅かすブルーギルやブラックバスがまず頭に浮かぶ人も多いだろう。ほかでは、私立の動物園が破たんして逃げ出し野生化した小型のシカであるキョンや、ニホンザルとの交雑個体が発見された台湾ザルなども、人間の生活や生態系に多くの影響を与えている。最近では、台湾タケクマバチが、農耕地や庭にある水まきホ…

つづきを見る

なぜ?東京湾で高級魚「天然トラフグ」が繁殖中

トラフグは、下関など主に西日本で水揚げされる高級魚だ。しかし、その大半が東京湾から水揚げされたトラフグに取って代わられる日が来るかもしれない。 「昨年6月に調査したところ、江戸川区にある葛西臨海水族園前の砂浜で、天然のトラフグの稚魚が数十匹発見されたのです。トラフグは4月中旬から5月中旬に水深の低い浅瀬で産卵し、成長す…

つづきを見る

アメ車が日本で売れない理由と中国で勝負せざるを得ない状況

アメリカの自動車が日本で売れないのは、ドナルド・トランプ米大統領が指摘しているように、日本市場が閉鎖的だからではない。アメ車が日本人の心に響かないだけの話だ。 昨年実績を見ると、日本市場でのアメ車販売台数は約1万3600台。一方、アメリカでの日本車販売台数は役666万1000台で、アメ車は約490分の1しか売れなかった…

つづきを見る

中国・習近平主席が孤立化…血で血を洗う権力闘争

学校法人『森友学園』と『加計学園』についての問題で揺れる安倍晋三内閣だが、アメリカのドナルド・トランプ大統領、中国の習近平国家主席、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領にくみしていけるのは、結局、安倍首相しかいないだろう。習主席とプーチン大統領には、選挙というものがない独裁体制を権力のよりどころにしているし、トランプ大…

つづきを見る

「パチンコ・パチスロ業界」に最早不可欠と化したコンサルの暗躍

2016年のパチンコ、スロット遊技機の販売(納品)台数が、前年比で大幅にダウンした。パチンコの総販売台数は約166万台(昨年比16.0%減)、スロットは約81万台(同26.5%減)だったという。 日本全国にパチンコ台は約300万台、スロット台は約150万台ある(2015年度警察庁調べ)といわれており、昨年の販売台数は、…

つづきを見る

日本企業に「非人道的兵器」クラスター爆弾製造への投融資が発覚

昨年12月8日と今年5月23日、オランダの平和団体『PAX(パックス)』は、核ミサイルや国際法で使用が禁止されている『クラスター爆弾』の製造会社に、日本の名だたる金融グループが融資していると指摘した。クラスター爆弾は“散弾銃のオバケ”といわれる非人道的兵器だ。 「パックスは、核兵器関連企業と金融取引を行う各国銀行や、企…

つづきを見る

加計学園で被害者装う文科省は「保育園落ちた日本死ね」の加害者

医学部も獣医学部も、新設されると“既得権益者”の利益を棄損させる。しかしながら、あからさまに“阻止”を掲げると行政面でも世論上も都合が悪い。そこでどうするかというと、新規参入のハードルを上げるのだ。国際医療福祉大や成田市が、国家戦略特区を活用した学部新設にあたって掲げたのが“国際医療学園都市構想”だ。 一方、岡山理科大…

つづきを見る

「軍隊」ではない自衛隊員が抱えるメリットとデメリット

安倍晋三首相は5月3日の憲法記念日に「2020年を新しい憲法が施行される年にしたい」と語り、戦力の不保持などを謳う憲法9条を改正し、自衛隊を軍とする改憲案を提示した。 「現行の自衛隊は軍隊ではないので『軍法裁判』の設置も規定されていません。“防衛出動”時には、自衛隊は武力を行使できるので、武力行使により敵を殺すことは刑…

つづきを見る

森友学園と加計学園は序章にすぎない!?第3の「忖度」も存在か

安倍晋三政権は、岩盤規制改革を看板政策に掲げ、文部科学省の権益や権限を取り上げた。内閣府所管の国家戦略特区を活用した大学の学部新増設が、その最たるものである。 この国家戦略特区を活用した学部新設の第1弾となったのが、今春、千葉県成田市に誕生した国際医療福祉大(本部:栃木県大田原市)の医学部新設だ。 成田市と同大は共同で…

つづきを見る