社会

北朝鮮の高官が「交通事故」で次々と死んでいく理由

2003年10月26日、突然交通事故で死亡した金容淳(キム・ヨンスン)は、日本でもなじみ深い人物だ。1934年まれで、20歳で金日成総合大学の国際関係学科を卒業し、1980年に朝鮮労働党の韓国担当書記となって以降、事故死するまで対南交渉に当たった。 1998年に金剛(クムガン)山観光開発で韓国からの協力を取り付け、00…

つづきを見る

米トランプ政権の「マジで中国が嫌い」を伝えない日本のメディア

「ホワイトハウスからどの中国専門家、誰のところにも助言を求めたいという類いの電話が鳴らない」 これまで“パンダハガー”と称された米国内の中国専門家らは、こう嘆いているという。これはトランプ政権下のホワイトハウスに、中国の専門家がいなくなったことの証左だ。 同時にトランプ大統領の側近の中に、中国に融和的な人物はいなくなっ…

つづきを見る

美人ほどに「苦難の人生」が待ち受ける北朝鮮・若い女性の悲惨

北朝鮮の金正恩党委員長が今年に入って三度も訪中したことで、中国との関係は大幅に改善され、同時に北朝鮮最大のアキレス腱である外貨不足解消の道筋も見えてきた。 これが実は子供に対する労働搾取という副作用を生んでいる。中国企業との取引が増えるに従い、北朝鮮の外貨稼ぎ会社が10代の子供たちを低賃金で酷使しているためだ。 「中国…

つづきを見る

騙される女性が急増中!「メールレディ―詐欺」に気を付けて

「初心者でも簡単に稼げる!」「初期費用一切不要」――SNS上や求人サイトでこんな書き込みを見たことはないだろうか。 最近、女性をターゲットに副業を斡旋する詐欺広告が急増しており、大きな社会問題になっている。 「『メールレディー詐欺』と呼ばれています。最近、主婦向けに“在宅で気軽にアルバイトができる”という触れ込みの求人…

つづきを見る

眞子さまと小室圭さん「婚約内定破棄」を望む声さらに大きく

秋篠宮家の長女、眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんに対し、秋篠宮ご夫妻が「現在のままでは(皇族の正式な婚約に当たる)『納采の儀』は行えない」と伝えていたとの報道がなされた。皇族として国民から広く祝福される状態にないと考えているためだという。 小室さんは8月4日に秋篠宮邸を訪れていたが、当該話はその席でなされたもの…

つづきを見る

トランプの長女・イヴァンカのブランドが「廃業に追い込まれた」本当の理由

トランプ米大統領の長女にして大統領補佐官を務めるイヴァンカ・トランプ氏が、7月24日、自身の名を冠したファッションブランドの廃業を宣言した。 公式の理由は、「目の前にある仕事に集中することが、ワシントンにいる私のすべきことだと考えます」とのことで、補佐官業務に専念するためだという。実際、補佐官になってからの1年4カ月間…

つづきを見る

山根明・前会長が辞任に至った「ボクシングと暴力団」の長い黒歴史とは

8月8日、日本ボクシング連盟の山根明会長が大阪市内で記者会見を開き、一連の問題の責任を取る形で会長職の辞任を表明した。 山根会長はこれまで、選手への助成金の不適切な使用の指示や、自ら反社会勢力との関係を吐露していたが、ボクシング界に横たわる“黒歴史”を何の教訓にもしていなかったようだ。 2011年、プロボクシング業界の…

つづきを見る

東京五輪「暑さ対策」と「ボランティア」募集の中身がヒド過ぎる

先ごろ、東京都の小池百合子知事は共同通信のインタビューで、開幕まで2年に迫った2020年東京五輪・パラリンピックで課題になる暑さについて「対策のグレードを上げ、応援団や観客も快適に応援できる環境づくりをしたい」と語った。 小池知事は霧状の水をまくミストシャワーの設置や路面の温度上昇を抑える特殊な舗装などの環境整備を進め…

つづきを見る

山根明会長から「生意気」と言われた村田諒太選手の返しに賛同の嵐

「おもてなしリスト」などの過剰接待、「奈良判定」に代表される不可解なジャッジ、アスリート助成金の不正流用、グローブなど用品の一族による独占販売など、まるで不正の総合商社状態であることが明かされた日本ボクシング連盟の山根明会長が反撃に転じた。 山根会長は民放のテレビ番組に次々と出演。疑惑に反論し、辞任を否定した上で法的措…

つづきを見る

「LGBT大炎上」杉田水脈議員を「猛批判」して上西小百合氏が珍しく人気

LGBTなど性的少数者を「生産性がない」と批判した自民党の杉田水脈衆院議員の炎上問題が、ついに党本部を巻き込む騒動に発展した。 自民党は8月1日にLGBTに関する公式見解を掲載。その内容は、2016年に設置した「性的指向・性自認に関する特命委員会」で党内議論を行い、「性的な多様性を受容する社会の実現」を目指し、「正しい…

つづきを見る