トピックス

鬼滅の刃vsジブリ!? 歴代興行収入ランキングを巡って議論が白熱

10月16日の公開以降、躍進を続けている『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』。興行収入が『スタジオジブリ』の『千と千尋の神隠し』に迫っていることもあり、ネット上では、ファン同士が仁義なき戦いを繰り広げているようだ。 11月24日、『鬼滅の刃』の公式ツイッターが、「無限列車編」公開から39日間の観客動員数と興行収入を発表。観…

つづきを見る

映画『STAND BY ME ドラえもん 2』大コケ!? 興行収入が前作から半分に!

老若男女問わず、幅広い世代に愛される国民的作品『ドラえもん』を、〝3DCG化〟した映画『STAND BY ME ドラえもん』。その続編『STAND BY ME ドラえもん 2』が、11月20日に全国公開された。しかし、話題作とは思えないほど不調なようだ。 同映画は、『ALWAYS』シリーズや『ドラゴンクエスト ユア・ス…

つづきを見る

『ONE PIECE』に忖度!?『鬼滅の刃』最終23巻を巡って広がる憶測

人気漫画『鬼滅の刃』のシリーズ累計発行部数が、12月4日発売の最終23巻をもって、1億2000万部(電子版含む)を突破することがわかった。 10月発売の単行本22巻の時点で、1億部突破となっていたが、今回の23巻では通常版の他にフィギュア付きの同梱版も用意され、同巻の初版はシリーズ過去最多となる395万部となっている。…

つづきを見る

爆問・太田もヒヤヒヤ!? 都内“最凶”心霊スポット『将門塚』の改修工事開始

現在、東京・千代田区大手町再開発工事が最終段階にきているが、懸案されていた〝将門塚〟の改修工事が着手され、全国のオカルトマニアをざわつかせている。 将門塚は平安中期、坂東八ヵ国を制覇した平将門の首を祀る塚で、東京都指定の旧跡となっている。一方で、オカルトマニアからは、崇徳天皇、菅原道真と並ぶ〝日本三大怨霊〟と言われ、将…

つづきを見る

Netflix映画『Mank / マンク』は全人類必見!「最高の出来」と話題

12月4日、動画配信サービス『Netflix』でオリジナル映画『Mank / マンク』が全世界独占配信される。それに先駆け、11月20日より全国23館で同作の上映が開始され、ネット上では早くも好評の声が続出している。 同作は、1941年公開の歴史的名作『市民ケーン』誕生の〝舞台裏〟を描いたNetflixオリジナル作品。…

つづきを見る

漫画『BORUTO』原案が岸本斉史に! 迷作『サムライ8』の汚名返上なるか?

かつて『週刊少年ジャンプ』に連載されていた大人気漫画『NARUTO -ナルト-』。その続編にあたる『BORUTO -ボルト- -NARUTO NEXT GENERATIONS-』が現在『Vジャンプ』で連載されているのだが、同作に異例の事態が起こっているようだ。 漫画家・岸本斉史が生み出した『NARUTO』。一方で『BO…

つづきを見る

新作グッズを続々発売…『100日後に死ぬワニ』赤字垂れ流しの悲惨な現状

『鬼滅の刃』に取って代わられたが、今年上半期までは〝2020年を代表する漫画〟かの勢いで大ブームを起こしていた『100日後に死ぬワニ』。もはやすっかり話題にならなくなった同作が、なかなかに悲惨な現状を浮き彫りとさせている。 同作は、きくちゆうき氏がツイッターではじめたWEB4コママンガで、昨年12月12日に「1日目」が…

つづきを見る

「Charaかと思った」インドネシアユーチューバーの日本語カバー曲が話題

インドネシア生まれのユーチューバー・レイニッチによる『Say So』の日本語カバー動画が、1850万回以上の再生回数を記録する大ヒットとなっている。 同曲のオリジナルは、アメリカの歌手でラッパーのドージャ・キャットによるもので、ロサンゼルスを中心にヒット。今では口コミで世界中に広がっている。 「レイニッチはインドネシア…

つづきを見る

『サザエさん』波平の言動にイチャモン!?「花も買えないのはキツいな…」

11月15日放送の『サザエさん』(フジテレビ系)で、波平の発言が一部視聴者の反感を買っているようだ。 問題のシーンは、同日の放送で最後に登場したエピソード『父さん、花を買う』という回でのこと。ある日、波平が同僚と思われる男性と帰宅していると、その男性が突然お花屋さんに立ち寄って花を買った。「これからパーティーでもあるん…

つづきを見る

『ドラえもん』を愚弄!? 映画の“ドラ泣き”推しに批判「感動に名前をつけるな」

今年で50周年を迎える国民的作品『ドラえもん』。それを記念して11月20日より、3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん 2』が公開される。しかし、映画につけられた〝キャッチコピー〟に、批判の声が殺到しているようだ。 同作は、2014年に公開された3DCG映画『STAND BY ME ドラえもん』の続編にあたる…

つづきを見る