スポーツ

えっそれは…怪我多い大谷翔平に「あの名選手にそっくり」の声

4月17日から左大腿二頭筋肉離れで戦線を離脱している北海道日本ハムファイターズの大谷翔平は、二軍施設のある千葉県鎌ケ谷市でリハビリを行っている。故障個所に痛みが生じるか否かを探るように、慎重にエアロバイクをこいでいた姿には、左のひざ裏周辺には内出血による赤紫色のあざがあったという。 球団は練習再開まで6週間と発表してい…

つづきを見る

浅田真央の「引退決意から表明まで」引き伸ばした協会の思惑

引退を表明したフィギュアスケートの浅田真央は、昨年末の全日本選手権で12位だった時点で、すでに考えていたことを明かした。だが、発表は4月10日の夜だった。なぜ、この時期までずれ込んだのであろうか。 「世界選手権はフィンランドのヘルシンキで行われましたが、リンクを囲う広告は日本企業ばかり。いまに始まった話ではないですが、…

つづきを見る

JFA会長巻き込み捲土重来を窺う「なでしこジャパン」の多難

サッカーの女子日本代表『なでしこジャパン』の高倉麻子監督は、4月9日に熊本県のえがお健康スタジアムで行われた、キリンチャレンジカップのコスタリカ代表戦に3-0で快勝した。 「熊本震災から1年が経った同地へのエール、そして世界に“熊本は元気”だとアピールする目的もありました」(専門誌記者) この試合には、日本サッカー協会…

つづきを見る

浅田真央の引退で明らかになった村主章枝「ゲテモノ扱い」

フィギュアスケートの浅田真央が4月12日に東京都内で引退会見を開き、「スケート人生で経験したことを忘れずに、これから新たな目標を見つけて、笑顔で、前に進んでいきたいと思っています。皆さん応援どうもありがとうございました」と、涙を交えつつも晴れやかの表情を見せた。 日本スケート連盟(JSF)の橋本聖子会長は、浅田に対し「…

つづきを見る

中国がサッカーW杯「100周年記念大会」開催権を爆買い?

サッカーの中国代表が、ワールドカップのロシア大会(ロシアW杯)のアジア最終予選で、グループAの6カ国中で5位に位置している。同予選では2位までに出場権が与えられ、3位はプレーオフで出場権を争うことになる。状況はかなり厳しい。 しかし、中国の2002年以来となる本大会出場への意気込みは、サッカー強豪国を揃える欧州や南米に…

つづきを見る

世界ランク7位に後退した錦織圭の抱える「不安」

テニスの世界ランキングが4月3日に発表され、錦織は4位から7位に後退した。トップ5を外れたのは昨年8月29日以来だ。 ランクダウンを喫した錦織圭にとって、自身のテニススタイルを見直す時期が来たようだ。 ランクダウンは避けられなかった。3月末のマイアミオープンでは、準決勝で同ランク40位の選手に敗れ、同じく3月のBNPパ…

つづきを見る

「LINEスタンプ」発表!? 引退した木村沙織の行方

先ごろ引退したバレーボールの木村沙織が、LINE用の新作スタンプを発表した。愛犬をモチーフにしたもので、好評を博しているという。 だが、イラスト業を引退後の第2のステージに選んだわけではないらしい。 木村は、3月22日に大津市内で開いた記者会見でも「スーパーで買い物をするのも新鮮だし、料理を作るのも楽しい」と語っていた…

つづきを見る

スマートフォンの普及で多様化した「野球観戦」のあり方

スマートフォンの普及によって、プロ野球の楽しみ方に変化が起こっている。 野球中継といえば、ビール片手にテレビで試合中継を見る風景が想起される。かつてプロ野球のナイター中継は、テレビの目玉番組だった。1990年台の日本シリーズのナイター中継では、視聴率が40%を超えることも珍しくなかったほど、国民的な娯楽であった。現在は…

つづきを見る

浅田真央引退に高まる「キャスター起用説」驚きのギャラ試算

引退を表明したフィギュアスケートの浅田真央に、早くもスポーツキャスターとしての活躍が期待されている。 「来年の平昌冬季五輪で解説を依頼されるはずです。その準備として、フィギュアスケート中継のつながりがあるフジテレビのスポーツ番組で起用される予定だそうです。視聴率の低下が著しい『スポーツLIFE HERO’S』が、その筆…

つづきを見る

予選落ちだらけの石川遼が米ゴルフツアーに出場できている理由

アメリカ男子プロゴルフツアーのシェルヒューストンオープン(3月31日)で第2ラウンドが行われ、石川遼がトータル145とスコアを乱して予選落ちした。これで2周連続の予選落ちになった。 「クラブを交換したり、フォームをマイナーチェンジするなど試行錯誤の連続です。迷いがあるというか…」(専門誌記者) 石川に好意的な取材記者に…

つづきを見る