スポーツ

甲子園にルッキズム問題浮上! チアガールを巡って物議「気持ち悪い」

8月6日から『第104回全国高校野球選手権大会』が、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕。3年ぶりに一般客を迎え、参加3547チームのトップをかけた49代表の戦いが始まった。そんな中、各高校のチアガールの映像が、ネット上で物議を醸している。 7日には愛工大名電と星稜の試合が行われ、プロ野球『中日ドラゴンズ』で名リリーフと…

つづきを見る

高梨沙羅“魅惑の黒トップス”に大興奮!「こんな沙羅ちゃん見るの初めて」

女子スキージャンプの高梨沙羅選手が8月3日、インスタグラムを更新。背中がざっくりと開いたキャミソール姿の最新ショットを公開し、熱視線を浴びている。 高梨選手は『NIKE』のスニーカーに、お気に入りのデニムパンツを合わせたコーディネートを披露。《お気に入りにお気に入りを重ねた服装を誉めて頂けて嬉しかった昨日でした》と満足…

つづきを見る

羽生結弦のファンは高齢女性だけ?「プロでやっていけるの?」と心配の声

7月19日に開かれた会見にて、プロ転向の考えを表明したフィギュアスケート男子の羽生結弦。この発表を受け、テレビ朝日は彼の選手人生を振り返る緊急特番を放送したのだが、思ったより世間は羽生への関心がないことが発覚してしまった。 19日の会見で羽生は、試合へ出ずにアイスショーを中心に活躍するプロスケーターへの転向を表明した。…

つづきを見る

羽生結弦に嫉妬心が爆発! アンチがお気持ち表明「ドヤ顔が嫌い」

7月19日に行われた会見にて、競技生活に幕を下ろすことを表明したフィギュアスケート界のプリンス・羽生結弦。同日に放送された『報道ステーション』(テレビ朝日系)にも出演した羽生だが、アンチから批判が続出しているようだ。 この日番組では、中継先のホテルから羽生とキャスターの松岡修造が対談を行なった。プロスケーターへの転身に…

つづきを見る

“キングカズ”三浦知良のファンサービスに冷ややかな声…「昭和の感覚」

JFL『鈴鹿ポイントゲッターズ』所属の〝キングカズ〟こと三浦知良が、鈴鹿市の小学校に全校児童分の直筆サインを送っていたことが分かり、話題になっている。 三浦は6月初旬、鈴鹿市内を車で走行中、行き止まりの道に入り込んでしまい、道に迷ってしまった。 そこに下校途中の鈴鹿市立白子小学校の4~6年生の児童15人が通り掛かり、道…

つづきを見る

『世界陸上』ウクライナ選手の“美貌”に驚き!「パーフェクトすぎる」

日本時間7月20日、米・オレゴン州で開催された『世界陸上』の女子走り高跳び決勝で、ウクライナのヤロスラワ・マフチク選手が2大会連続の銀メダルを獲得。マフチク選手の美貌がネット上で大きな注目を集めている。 「ロシアによるウクライナ侵攻から4カ月が経ちましたが、20歳のマフチク選手は母国の平和のため、懸命に戦い続けています…

つづきを見る

グラドルが被害! サッカー日本代表・浅野拓磨の弟が“セクハラオフサイド”

サッカー日本代表・浅野拓磨の弟で、プロサッカー選手の浅野雄也による、グラビアアイドルへのセクハラが発覚。サッカーファン以外からも、大きな注目を集めているようだ。 弟・雄也選手のセクハラを告発したのは、グラビアアイドルの福岡みなみ。彼女は7月13日にインスタグラムのストーリーズを更新した。 そこには、雄也選手のプロフィー…

つづきを見る

キャディー“ブチ切れ騒動”にフェミニスト激怒「男同士や逆ではありえない」

国内女子ゴルフツアー『アース・モンダミンカップ』が6月23日にスタート。プロゴルファー・大西葵選手に帯同する大江順一キャディーがラウンド中、大西選手にブチ切れし、職務を途中放棄するトラブルが発生。ゴルフファンをザワつかせている。 前代未聞の〝内輪揉め〟が発生したのは17番ホール・パー4の第2打地点だった。大西選手の打球…

つづきを見る

大谷翔平“移籍”待ったナシ!? 自己最多の8打点も「エンゼルス弱すぎ」

現地時間6月21日のMLB『ロサンゼルス・エンゼルス』VS『カンザスシティ・ロイヤルズ』で、大谷翔平選手が獅子奮迅の活躍を見せた。しかし「エンゼルス」は勝利を逃し、野球ファンから呆れ声が寄せられている。 同日の試合で大谷選手は3番・DHでスタメン出場。 2本塁打を放ち、日本選手最多記録となる8打点をマークした。ただ肝心…

つづきを見る

天心vs武尊は試合前に勝負がついていた? 決定的だった“足元”の違い

6月19日に東京ドームで開催された格闘技イベント『Yogibo presents THE MATCH 2022』。イベントの目玉であった那須川天心と武尊の試合が大きな話題となっているが、ここにきて彼らの勝敗は〝足元〟で決した、といった声が上がっているようだ。 キックボクシング『RISE』王者・那須川と『K-1』王者・武…

つづきを見る