スポーツ

福原愛「産後ダイエット」の日々も台湾『タピオカ』がウマ過ぎて…

昨年10月の第一子誕生後、日本のメディアにあまり姿を現していない卓球の福原愛だが、その私生活が見えてきた。どうやら「産後ダイエット」に苦しんでいるらしい。 「文化の違いもあったようです。日本ではあまり浸透していないようですが、台湾では産後の肥立ちダイエットの教室に通うのが当たり前。義母たちに『まだ通っていないの!?』と…

つづきを見る

貴乃花『政界進出』に備え相撲協会が用意する仰天の「反撃手段」

10月4日、角界に“引退届”を突き付けた元貴乃花親方(花田光司氏)が、元文科大臣・馳浩衆議院議員と面会していたという。ウワサされる政界進出の話は否定していたが、八角理事長以下、相撲協会の幹部連中をビビらせたのは間違いないようだ。 「来年夏の参議院議員選挙に出馬すれば、当選は確実です。文教委員会入りし、政界から角界改革に…

つづきを見る

羽生結弦が不調?「小指」を心配するメドベージェワ

フィギュアスケート『オータムクラシックインターナショナル2018』優勝。18-19年シーズンもVスタートを飾ったが、羽生結弦の表情は冴えない。 「公開練習のときは不安めいた発言もしていました。不安といっても、羽生は新しい技に挑戦しており、それがまだ完璧ではないからでしょう。向上心ゆえの不安と思えば、頼もしい限りなのです…

つづきを見る

石川遼が“低迷”すぎて「ゴルフコースデザイナー」に転職を計画か?

先ごろ行われた国内ゴルフ男子ツアー『トップ杯東海クラシック』最終日、石川遼は“名物ホールの罠”にはまって40位と低迷した。その影響もあってなのか、会見で“副業”への意気込みを語っている。 「東海クラシックの大会中である9月25日に、石川のマネジメント会社が福島県のゴルフ場・棚倉田舎倶楽部の経営権を取得しました。石川の父…

つづきを見る

大坂なおみ「全米オープン優勝」に非常にガッカリした人たちとは

  残念ながら『東レ パン・パシフィックオープン』では準優勝に終わり、凱旋Vは飾れなかったテニスの大坂なおみ。しかし『全米オープン』で日本人初の4大タイトル優勝者となったことで、その報酬や経済効果はハンパないらしい。 「全米オープン優勝賞金は4億2000万円。『アディダス』との年間契約料は1桁増え、9億4730万円にな…

つづきを見る

貴乃花『ヤバい正体』マスコミが報道しない「裏の顔」と真相とは

連日、新聞やワイドショーで話題になっている大相撲、貴乃花親方の退職問題。マスコミの取材に応じた親方は、しきりに「弟子のため」「弟子ではなくなるが意思としては師匠、お父さん」と、弟子を慮った上での決意を強調したが、周囲はそんな親方に呆れ返っているという。 相撲協会を悪者扱いしてきたマスコミの中でも、取材をすればするほど、…

つづきを見る

優秀な球児が『日本プロ野球』をスルーして海外へ「流出」する未来

今年から阪神甲子園球場に高性能弾道測定器「トラックマン」が設置されている。『阪神タイガース』は、打球速度、飛距離、スイングスピード、投球回転数をデータ化できる「トラックマン」を、選手の育成・指導に活用しているという。しかし、今夏の『第100回全国高等学校野球選手権記念大会』では、その数値がテレビ画面に映されることはなか…

つづきを見る

『男子バレー』中垣内監督に「退任危機」女子バレーと差がつく原因

『バレーボール世界選手権』で、一次リーグを突破できなかった中垣内祐一・男子代表監督の退任が囁かれている。一部報道では現コーチのフィリップ・ブラン氏の昇格説も伝えられており、そうなった場合、「中垣内政権は2年も持たなかった」ということになってしまう。 「中垣内氏が代表監督の候補者として名前が出た時点で、猛反対した協会幹部…

つづきを見る

『巨人』消化試合のドーム空席を埋めるため「クビ宣告」した選手を利用?

優勝決定後の消化試合を満員にするのは、並大抵のことではない。『広島東洋カープ』は見事にリーグ3連覇を決めたが、CS(クライマックスシリーズ)進出権を僅差で争っている高橋由伸監督率いる『読売ジャイアンツ』は、成績面でも営業面でも苦しい立場に追い込まれている。 「地方遠征中だった9月4日の『横浜DeNAベイスターズ』戦が、…

つづきを見る

貴乃花親方「腐った相撲協会」を変えるため政界進出か

去る9月25日、日本相撲協会に退職届を提出した貴乃花親方。この稀代の大横綱は記者会見で相撲協会からの圧力を明かし、二度と相撲界に戻るつもりはない心中を露呈した。 しかし、ある方法で貴乃花親方は再び相撲界に接触しようとしているという。 貴乃花親方は退職の理由について、「内閣府に提出した告発状の内容を事実無根と認めるよう、…

つづきを見る