評判

亀梨和也「ボク、運命の人です。」の棒読み演技に罵声の嵐

ジャニーズ事務所の亀梨和也が主演している連続ドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)がピンチだ。 第6話の終了時点での平均視聴率は9.96%と、ひと桁に落ちこんでいる。初回は12.0%だったものの、以後9.6%、9.2%、9.8%、9.1%、9.5%と、ふた桁を記録していない。ドラマは視聴率10%以上でなければ失…

つづきを見る

子役時代の輝き再来?「女囚セブン」安達祐実に高い評価

現在放送中の連続ドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)に出演している安達祐実が高評価されている。主演の剛力彩芽や共演のトリンドル玲奈、橋本マナミら、華麗なルックスの出演者が多いなか、童顔の安達が“はまり役”だと評判だ。 女性刑務所を舞台にした同ドラマのなかで安達は、無銭飲食を繰り返す情報通の女囚を演じている。かつて、子役…

つづきを見る

藤原竜也主演の低視聴率ドラマ「リバース」が高評価の理由

藤原竜也が主演している連続ドラマ『リバース』(TBS系)が、低視聴率にもかかわらず高い評価を得ている。 視聴率は初回と3話目に10%をかろうじて上回ったものの、2話目が6.3%、4話目が8.6%、5話目が9.0%とひと桁台に落ちこんでいる。しかし、なぜか視聴者から評価が高いのだ。   視聴率低迷でも見逃し配信は「高視聴…

つづきを見る

木村拓哉がカンヌの失態でJKから無慈悲な「キムたたき」浴びる

フランスで開催された『第70回カンヌ国際映画祭』のレッドカーペットで、木村拓哉が着物姿の杉咲花をまったくエスコートせず、批判を浴びた。この“男尊女卑”の行動を巡る炎上は、いまだに収まる気配を見せない。 「これで女性ファンがまた離れるでしょう。今回は特に、10代の女性からの反発が凄まじく《キムタクはKY》、《女性をどう見…

つづきを見る

綾瀬はるか「清純派女優」としてはすでにオワコンか

来年公開予定の綾瀬はるか主演映画『今夜、ロマンス劇場で』の製作が発表された。内容は、映画監督を夢見る青年の前に女性が現れ、その女性は青年が憧れ続けたスクリーンのなかのお姫様だったという恋愛映画だ。 その綾瀬の周辺に、不穏な空気が漂っているという。 「3月に綾瀬が主役を務めるファンタジードラマ『精霊の守り人』(NHK)の…

つづきを見る

Beautiful redhead girl at countryside nead lake.

じわじわ人気の滝沢カレンが育った独特の「家庭環境」

ベッキーの不倫騒動後、情報バラエティー番組内の“ハーフ枠”の変動が注目された。しかし、ひとり勝ちするタレントは現れず、特に大きな変化はなかった。 「ポストベッキーの有力候補だったマギーは先ごろ、音楽バンド『Hi-STANDARD』の横山健との不倫報道でイメージが悪化。ホラン千秋も横ばい状態。ベッキーの枠を食った人物がい…

つづきを見る

島崎遥香すら塩対応を反省「価値暴落」AKB卒業生の悲惨な現実

5月10日に東京都内で行われた『ドリームジャンボ宝くじ』と『ドリームジャンボミニ1億円』発売初日イベントに、元『AKB48』の島崎遥香が出席した。 このときの言動に対して、古参のAKBファンたちが「それ見たことか!」「だから言っただろ!」と、快哉の叫びを上げているらしい。 「西銀座チャンスセンターで行われたイベントには…

つづきを見る

川田裕美がじわじわと人気になってきた理由

元読売テレビのアナウンサーで、現在はフリーの川田裕美が人気だ。現在、ローカル番組も含めるとテレビで7番組、ラジオ2番組のレギュラーを持ち、さらにいくつかオファーが来ているとの話もある。 「局アナ時代は『情報ライブ ミヤネ屋』で宮根誠司のアシスタントを約4年間務め、これをきっかけに全国区の知名度になりました。その後、20…

つづきを見る

剛力彩芽主演ドラマ好発進で「ゴリ押し」返上なるか?

4月21日にスタートした金曜日の23時15分から放送の連続ドラマ『女囚セブン』(テレビ朝日系)が初回の平均視聴率で7.5%を記録した。 「放送時間帯を考えれば好発進です。しかし、ドラマで主演をすると必ずインターネット上で『ゴリ押し』といつも非難される剛力彩芽です。このドラマも放送開始前から《ゴリ押しはなぜ続くのか?》な…

つづきを見る

「視聴率は消費税以下」ワイドナショー秋に打ち切りか

松本人志がレギュラー出演し、コメンテーターを務めている日曜日の情報バラエティー番組『ワイドナショー』(フジテレビ系)が“打ち切り”になると評判だ。打ち切れという意見も多数出ている。 同番組は東野幸治が司会を務めているが、意見をまとめているのはコメンテーターの松本だ。なかでも、松本の感情的な発言は非常に評判が悪い。 「高…

つづきを見る