宇宙

火星にハリネズミ!? 未知の化石発見される

まずは写真をご覧いただこう。これは、アメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査ローバー『キュリオシティ』から送られてきた映像である。なんと、白い矢印の部分をよく見ると“動物のような化石”が写っているというのだ! 発見者でもある、UFOや宇宙人の研究で著名なYouTubeチャンネル『Paranormal Crucible』…

つづきを見る

恐竜の先祖か?火星で「コモドドラゴン似の化石」発見される

アメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査ローバー『キュリオシティ』からまたまた衝撃の写真が送信されてきた。それは火星表面をとらえた画像だが、上記の画像を御覧いただきたい。どう考えてもただの石ではなく、動物の化石のようにみえるではないか! この化石らしき物体には、背骨のような凹凸が無数にあり、上部には大きな頭蓋骨まで見て…

つづきを見る

カナダ軍が必死の隠ぺい工作した「巨大UFO」墜落事故

この衝撃的な映像は、カナダにあるウィニペグ湖周辺に在住のBrent Mancheese氏によって撮影されたものだ。地元のSNSによれば、湖の周囲で轟音と共に「まばゆい光」が多くの住民に目撃されて大騒ぎとなり、カナダ軍が緊急出動して現場周辺を大規模に封鎖する事態となったという。 しかし、Brent Mancheese氏は…

つづきを見る

「無人ロケット大爆発」にUFOが関与?その裏には驚きの陰謀説!?

この画像は、2016年1月にアメリカのフロリダ州にあるケープカナベラル空軍基地から打ち上げ予定だった『スぺースX社』の無人ロケット『ファルコン9』が、燃料試験中に突如大爆発をおこしたときのものだ。よく見るとその背後に“ありえないもの”が写っている。   UFOの攻撃!? この画像は、ロケット発射台を監視する定点カメラの…

つづきを見る

アポロ11号が月面でとらえた「ロケット型UFO」の正体とは!?

「アポロ11号の月面着陸」は日本の教科書にも書いてある歴史的な大偉業だ。なんと、そのアポロ11号から月面を撮影した写真の中にロケットのようなUFOが映り込んでいたというのだ! この写真は月面を初めて歩いた2人の宇宙飛行士ニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン操縦士を乗せた月着陸船『イーグル』の船内から撮られたも…

つづきを見る

2017年10月に地球に衝突するという「惑星X」

2017年10月に地球が消滅するという、恐ろしい情報が浮上した。『惑星X』、またの名を『ニビル』が地球に衝突するというのだ。 ニビルは地球の5倍の大きさがあり、約3600年周期で公転しているのではないかと仮定されている、太陽系の惑星だ。アメリカの学者ロバート・ハリントン博士が木星、海王星、冥王星の軌道が計算とずれている…

つづきを見る

宇宙から見た本当の地球の姿9連発

9月12日は『宇宙の日』。 毛利衛宇宙飛行士がスペースシャトルで初めて宇宙に飛び立った記念すべき日である。 世界で初めて有人宇宙飛行を行ったユーリイ・ガガーリンが残した言葉、「地球は青かった」はあまりに有名である。 一方で毛利も、「宇宙からは、国境は見えなかった」という素晴らしい言葉を残している。 2人のように、実際に…

つづきを見る

NASAが公開した太陽画像に「エイリアン」のスペースシップ出入口

アメリカ航空宇宙局(NASA)は日々、太陽探査機『SOHO』(太陽・太陽圏観測衛星)から送られてくる映像と画像を、ホームページ上で公開している。 その膨大なデータを分析しているUFOハンター『ザ・ウォッチャー252』が「太陽にエイリアンのスペースシップの出入り口がある」と指摘した。 NASAが3月14日に公開した太陽表…

つづきを見る

巨大彗星「ケンタウロス」衝突で地球が消滅するXデー

地球に衝突する可能性がある彗星、小惑星の数は、以前考えられていたよりも多くなっているという。 そして、『ケンタウロス』と呼ばれる巨大彗星が地球に脅威をもたらすというのだ。 ちなみに小惑星とは、火星と木星の間にたくさんある小さな惑星のような天体のこと。彗星とは氷や塵でできた小さな天体で、 太陽の近くに来たときに一時的に尾…

つづきを見る

太陽フレアが「地球の文明を滅ぼす」最悪シナリオ

アメリカ政府は、壊滅的な太陽フレア(太陽で起きている爆発現象)によって、世界中の電力が数カ月間もダウンするのではないかという最悪のシナリオに対し、準備を進めている。 前回、太陽フレアが地球を襲ったのは1859年のことだった。まだ電話の発明前で、通信手段はモールス信号など電信だった。太陽フレアによって電信線がショートし爆…

つづきを見る