『にじさんじ』にアイマスオタクが激怒! 歌ってみた動画で泥沼の争いに…

『にじさんじ』にアイマスオタクが激怒! 歌ってみた動画で泥沼の争いに…

『にじさんじ』にアイマスオタクが激怒! 歌ってみた動画で泥沼の争いに… (C)PIXTA

『にじさんじ』所属の人気VTuberが、同事務所の4周年を記念した「歌ってみた」動画を公開。しかし、その楽曲がTVアニメ『アイドルマスター シンデレラガールズ』(デレマス)の挿入歌だったことから、一部アイマスファンの逆鱗に触れてしまったようだ。

騒動を呼んでいるのは、森中花咲のYouTubeチャンネルで2月3日に公開された『【15人合唱】M@GIC☆ (cover)【にじさんじ4th Anniversary】』。森中のほか、月ノ美兎や勇気ちひろ、椎名唯華、リゼ・ヘルエスタなど、15人のライバーが参加している。

映像内では、「デレマス」をモチーフとしたライバーのイラストやアニメーションも使用されており、原曲へのリスペクトを感じられる内容と言えるだろう。

しかし「M@GIC☆」は、TVアニメ最終話のライブシーンで“トリ”に配置されていた楽曲。また「アイマス」シリーズでは「@」がついた楽曲が特別視されているのだが、「デレマス」では「M@GIC☆」が初めての「@」楽曲だ。

そうした思い入れの強さから、畑違いのVTuberに歌われたことが我慢ならなかったのだろうか。ネット上では《ガワや人数揃えただけで感動にタダ乗りしようとしてる感を感じてしまってものすごく嫌》《M@GICに対してリスペクトがなさすぎないか?》《シンデレラガールズの中でも特別な扱いになってるM@GIC☆に、タダ乗りして衣装もパクって自分達の周年を祝うにじさんじの連中、プライドないの?》などと、怒りを表明するファンが現れた。

特別な楽曲を“汚された”と感じるファンの気持ちは分からなくもないが、一方で第三者からは《何で怒られるのかわからないんだけど》《どこまで歪んで自己中で独占欲が強いんだよ》といった指摘も。それもそのはず、そもそも「アイマス」というコンテンツ自体、“カバー曲”の力を借りてきた側面があるからだ。